12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021
ホーム ノウハウ・コラム

ノウハウ・コラム

新しいスタートアップの在り方は出向起業!イノベーション事例を紹介

【スタートアップコラム】 経済産業省が勧める「出向起業」が注目されています。これまで日本では当たり前としてきた働き方やスタートアップの方法を刷新する「出向起業」。 しかし、まだまだ出向起業が浸透するまでに至っていないのが事実です。2021年2月現在、公募は一旦終了となっているものの、相談やサポートは続いており、再度募集が開始する可能性は高いといえるでしょう。 本記事で紹介する出向起業の概要やメリット、イノベーション事例などを参考に、出向起業について理解を深めていきましょう。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム #出向起業 #経済産業省 #大挑戦時代をつくる #Creww

ポストコロナのワークスタイルは複業!スタートアップスタジオも解説

【スタートアップコラム】 新型コロナウイルスの流行に伴い我々の働き方が大きく変わりましたが、ポストコロナにはさらに劇的にワークスタイルが変化するといわれています。その中で、注目を集めているのが副業ではなく「複業」という働き方です。 この記事では、複業という働き方を詳しく解説した後、複業をさらに前に進めるスタートアップスタジオの活用方法を紹介します。ポストコロナにワークスタイルの見直しを考えている方はぜひ参考にしてください。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム #withコロナ #ポストコロナ #復業 #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

スタートアップ必見!アクセラレータープログラムの活用例を紹介

【スタートアップコラム】 スタートアップ企業の成功に欠かせないアクセラレータープログラム。聞いたことはあっても、具体的な内容や、どのように活用すれば良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか。 今回はアクセラレータープログラムの具体的な活用例と、実際にあった成功事例をご紹介します。 #スタートアップ #アクセラレータープログラム #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

スタートアップとは?起業することのメリットやデメリットを解説

【スタートアップコラム】 最近、ニュースやドラマなどでスタートアップという言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。若くして起業して成功する事例も多いことから、スタートアップに強い関心を寄せている方もいるかもしれません。 では、そもそもどういうものがスタートアップに該当するのでしょうか。この記事では、スタートアップの定義を説明した上で、そのメリットやデメリットについても解説していきます。 #スタートアップ #コラム #ノウハウ #大挑戦時代をつくる #Creww

スタートアップの協業メリットデメリットとは?協業についても解説

【スタートアップコラム】 近年、大手企業を中心にスタートアップ企業などと協業するオープンイノベーション事例が増えてきました。そこで、スタートアップを立ち上げたばかりの方は自分たちも大手と協業するべきか悩んでいるかもしれません。 そこで、この記事ではスタートアップが協業という道を選ぶことのメリットやデメリットを解説します。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム オープンイノベーション #協業 #大挑戦時代をつくる #Creww

コロナの影響で事業成長したスタートアップとは?国内の動向を考察

新型コロナウイルスの拡大は経済にも大きな影響を与え、社会構造を変えるまでになっています。多大な打撃を受けて倒産に追い込まれた企業も数多く、売上や資金調達の減少などスタートアップへの影響も少なくありません。その一方で、大きく成長したスタートアップも存在します。 この記事では、コロナの影響で事業成長したスタートアップに焦点をあてました。その国内の動向について紹介します。 #スタートアップ #withコロナ #コロナ禍

アクセラレータープログラムで選ばれるスタートアップとは?

ここ数年、国内で行われているアクセラレータープログラムは増加傾向にあり、応募するスタートアップの数も増えつつあります。採択されるスタートアップの条件やプログラムのプロセスについて解説します。 #スタートアップ #アクセラレータープログラム #ノウハウ #コラム

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか? 制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

スタートアップエコシステムの在り方とは?事例や課題を検証

ベンチャー企業の成長をサポートするネットワークとして広がりを見せるスタートアップエコシステム。国や地方自治体をはじめ、さまざまな取り組みが行われています。今回は、スタートアップエコシステムの在り方や現在の取り組み、課題について紹介しましょう。

【2020年保存版】アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて解説

開業して間もない事業者やこれから起業しようと考えている方にとって、アクセラレーターという言葉はなじみ深いと思います。しかし、インキュベーターとの違いはあまり良く知らないかもしれません。「どちらも同じようなもの」と思っている方もいるのではないでしょうか? この2つはスタートアップを支援するプログラムという共通点がありますが、明確な違いがあります。この記事では、アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて詳しく紹介しましょう。

スタートアップ(Startup)企業って、どんな企業?

スタートアップ(startup)という言葉は、直訳でいう「始まったばかりの会社」のことではありません。会社の設立年数や規模は関係なく、その定義は様々ですが「イノベーション」に賭けている会社だと考えていいでしょう...

今さら聞けないスタートアップとベンチャーの違い

日本では、新しくできた、小さくて威勢のいい会社をベンチャー企業と呼んでいます。Venture Capital やVenture-backed companyという表現はありますが、そもそも「ベンチャー企業」という単語は日本人が作った和製英語。日本でのいわゆるベンチャー企業は...
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

AI学習データ作成の手伝いでポイントゲット!APTOがポイ活アプリ「harBest」をリリース

【スタートアップニュース】 クラウド上でAI開発、データ作成・登録、運用・評価ができるプラットフォーム「harBest」シリーズを提供する株式会社APTOは、AI学習データ(アノテーションデータ)の作成をクラウドワーカーが利用することができ、作業の内容に応じてポイントが貰えるポイ活アプリ「harBest(ハーベスト)」の提供を開始しました。 #スタートアップ #AI #harBest #ハーベスト #ポイ活 #アプリ #クラウドワーカー #APTO #大挑戦時代をつくる #Creww

【オンライン開催】5/24「アクセラレーション one day session」〜3回シリーズ(第2回)/神戸・大阪・京都〜

【アクセラレーターイベント】 2025年に万博開催が予定されている関西の各会場を発信拠点とした、起業家、スタートアップ企業、新規事業企画担当者の皆様を支援するアクセラレーションプログラム「アクセラレーション one day session」の第2回(全3回シリーズ)が、5月24日(月)にオンライン開催されます。 #スタートアップ #アクセラレーション #三井住友銀行 #BDOアドバイザリー #クロスポート #三優監査法人 #大挑戦時代をつくる #Creww

「富士通アクセラレーター アジアプログラム」 採択企業5社を発表

【オープンイノベーションニュース】 日本国内の事業部や顧客を主なターゲットとして活動してきた富士通アクセラレータープログラムは、2020年度その範囲を拡大し、富士通アクセラレーター アジアプログラムをスタートさせました。今回の『スマートファクトリーとスマートリテール』というテーマでの募集に対しては、43カ国、200以上のスタートアップが応募し、書類審査およびオンライン面談での選考・個別面談を実施した結果、スタートアップ5社が採択されました。 #富士通アクセラレーター アジアプログラム #5社が採択 #Creww# 大挑戦時代をつくる

佐川急便がアクセラレータープログラム第2期を実施!

【アクセラレータープログラム】 佐川急便のアライアンス活動の要となる新たな基地「HIKYAKU LABO」が、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、2回目となるアクセラレータープログラムを開催しました。全国のスタートアップから、未来の物流をつくる新規事業アイデアの提案を募集しています。 応募締切は5月26日です。 #佐川急便 #HIKYAKULABO #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント