12.8 C
Japan
水曜日, 12月 7, 2022
ホーム ノウハウ・コラム

ノウハウ・コラム

大手企業とスタートアップの協業メリットデメリットとは?協業についても解説

【スタートアップコラム】 近年、大手企業を中心にスタートアップ企業などと協業するオープンイノベーション事例が増えてきました。そこで、スタートアップを立ち上げたばかりの方は自分たちも大手と協業するべきか悩んでいるかもしれません。 そこで、この記事ではスタートアップが協業という道を選ぶことのメリットやデメリットを解説します。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム オープンイノベーション #協業 #大挑戦時代をつくる #Creww

コロナの影響で事業成長したスタートアップとは?国内の動向を考察

新型コロナウイルスの拡大は経済にも大きな影響を与え、社会構造を変えるまでになっています。多大な打撃を受けて倒産に追い込まれた企業も数多く、売上や資金調達の減少などスタートアップへの影響も少なくありません。その一方で、大きく成長したスタートアップも存在します。 この記事では、コロナの影響で事業成長したスタートアップに焦点をあてました。その国内の動向について紹介します。 #スタートアップ #withコロナ #コロナ禍

アクセラレータープログラムで選ばれるスタートアップとは?

ここ数年、国内で行われているアクセラレータープログラムは増加傾向にあり、応募するスタートアップの数も増えつつあります。採択されるスタートアップの条件やプログラムのプロセスについて解説します。 #スタートアップ #アクセラレータープログラム #ノウハウ #コラム

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか? 制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

スタートアップエコシステムの在り方とは?事例や課題を検証

ベンチャー企業の成長をサポートするネットワークとして広がりを見せるスタートアップエコシステム。国や地方自治体をはじめ、さまざまな取り組みが行われています。今回は、スタートアップエコシステムの在り方や現在の取り組み、課題について紹介しましょう。

【2020年保存版】アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて解説

開業して間もない事業者やこれから起業しようと考えている方にとって、アクセラレーターという言葉はなじみ深いと思います。しかし、インキュベーターとの違いはあまり良く知らないかもしれません。「どちらも同じようなもの」と思っている方もいるのではないでしょうか? この2つはスタートアップを支援するプログラムという共通点がありますが、明確な違いがあります。この記事では、アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて詳しく紹介しましょう。

スタートアップ(Startup)企業って、どんな企業?

スタートアップ(startup)という言葉は、直訳でいう「始まったばかりの会社」のことではありません。会社の設立年数や規模は関係なく、その定義は様々ですが「イノベーション」に賭けている会社だと考えていいでしょう...

今さら聞けないスタートアップとベンチャーの違い

日本では、新しくできた、小さくて威勢のいい会社をベンチャー企業と呼んでいます。Venture Capital やVenture-backed companyという表現はありますが、そもそも「ベンチャー企業」という単語は日本人が作った和製英語。日本でのいわゆるベンチャー企業は...

スタートアップのための「商標ではやってはいけないこと」

ビジネスで商標を実際に使用する際に注意すべき3つのポイントをベースに、安心してビジネスを不戦勝で勝ち抜くアドバイスをお伝えします。

商標ノウハウ|売り上げを上げるネーミングの付け方とは

なぜ、商品・サービスにネーミングが必要なのでしょうか?必要である理由は大きく2つあります。「見込み客が他社のサービス・商品と見分けるため」「事業者が見込み客へサービス・商品の内容を伝えるため」。つまり、ネーミングは伝達手段であり、商標となるのです。見込み客から選ばれることは、売り上げに繋がります。なので、ネーミングというものは非常に大切なものになってきます。

スタートアップ企業の新型コロナに対する人事対策とは|Crewwの場合

日本最大級オープンイノベーションのプラットフォームを運営するCrewwで人事を担当する佐藤 美穂によるコラム第1弾は「新型コロナウイルス感染拡大に備えた社員の安全を守るための対策」について。全社員リモートワークに切り替えてから1ヶ月半が経過していますが、通常通りのパフォーマンスを発揮しているその裏側を公開します。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

人気のタグ

EDITOR'S PICK

常陽スタートアップ協創プログラム2022|地域の未来を一緒につくる協創パートナーを募集

【地域の未来を一緒につくる協創パートナーを募集】「地域とともにあゆむ価値創造グループ」を長期ビジョンに掲げる常陽銀行が、アクセラレータープログラムを開催。地域の未来を一緒につくる協創パートナーを募集します。応募締切は、12/18です。 #常陽銀行 #アクセラレータープログラム #協創 #Creww #大挑戦時代をつくる

三菱地所・LIXIL・mui Lab、スマートホーム事業で提携!エネルギーマネジメントによる脱炭素にも貢献

【オープンイノベーションニュース】三菱地所、LIXIL、mui Labの3社は、この度、スマートホーム事業領域での提携に向けた基本合意書を締結しました。 #三菱地所 #LIXIL #mui_Lab #スマートホーム #Creww #大挑戦時代をつくる

三井物産スタートアップ共創プログラム 2023 Ver1|挑戦と創造を通じた未来創り!

【スタートアップ募集!】伝統的な鉄鋼製品のトレーディングを起点に、鉄に限らない製造業、メンテナンス業、デジタルプラットフォーム業へと展開を進める三井物産株式会社がアクセラレータープログラムを開催。産業課題・顧客の潜在的ニーズを先取りした新たな事業を共創するスタートアップを募集します。応募締切は、12/18です。 #三井物産株式会社 #アクセラレータープログラム #新規事業 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【世界に7社しかない】FIFA推奨メーカー、空気中の有害物質の70%を浄化する人工芝の日本販売を開始!

【オープンイノベーションニュース】sports designはDomo Sports Grass(ベルギー・シント=ニクラース)社と提携し、2022年12月1日(木)より日本国内への人工芝の販売を開始! #sports_design #DomoSportsGrass #人工芝 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント