12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?

制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

オープンイノベーション促進税制の概要について

オープンイノベーション促進税制とは、スタートアップ企業の新規発行株式を一定額以上取得した場合に、その株式の取得価額の25%が所得控除されるという制度です。まずは制度の概要を見ていきましょう。

経済産業省が創設した時限立法

オープンイノベーション促進税制は経済産業省が創設した時限立法で、令和2年4月1日から令和4年3月31日までの2年間に行われる出資が対象です。

この期間内には大企業などのスタートアップへの出資が加速される可能性があるため、スタートアップにとって資金調達のチャンスであり、企業にもイノベーションを実現するまたとない機会になります。

参照:経済産業省「オープンイノベーション促進税制」https://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/open_innovation/open_innovation_zei.html

制度の目的

制度の目的はその名の通り、オープンイノベーションの促進です。オープンイノベーションとは、社内の資源や技術だけでなく異分野、異業種の技術やアイデアを取り入れて革新的な製品やサービスを生み出すこと。

日本の企業は従来自前主義にあります。経済産業省によるデータでは、オープンイノベーションを実施している欧米企業は78%と多いのに対し、日本企業は47%という数字にとどまっている状況です。スタートアップへの投資は不十分な状況にあり、今日のビジネスモデルの変化に合わせて企業の競争力を強化することが求められています。自前主義から脱却してオープンイノベーションを促すため、促進税制の制度が創設されました。

このような制度の目的から、ただ株式を取得するのではなく、スタートアップと企業がオープンイノベーションを行うことが必須事項です。

スタートアップの要件

オープンイノベーション促進税制の適用を受けるためにスタートアップはいくつかの要件を満たす必要があります。
設立10年未満の株式会社
会社登記上の設立日を起算日として、現金を払い込む出資日までの年数が10年未満の株式会社であることが必要です。また、未上場、未登録の会社でなければなりません。
事業を開始していること
新規設立の会社は含まれず、事業を始めている必要があります。また、出資する企業とのオープンイノベーションをすでに行っているか、これから行う予定であることが必要です。
すでに多くの出資を受けている場合は対象外
株式構成では次の要件が必要になります。

  • 1つの法人グループが株式の過半数を有していないこと
  • 民法上の組合や個人など法人以外の者が1/3以上の株式を有していること

これらの要件が設けられたのは、制度の趣旨が出資をあまり受けていないスタートアップの支援にあるからです。すでに多くの出資を受けている会社への投資は趣旨から外れ、対象になりません。
海外スタートアップも対象になる
風俗営業または性風俗関連特殊営業を営む会社や、暴力団員等が役員または事業を支配する会社は対象外です。

すべての要件を満たせば、国内だけでなく海外のスタートアップも対象になります。

促進税制でスタートアップに期待できるメリット

オープンイノベーション促進税制のスタートアップにとってのメリットは、次の3つです。

資金調達の機会が増える

企業が自社の新規発行株式を購入することで、資金調達の機会が増えます。大企業であれば1件あたり1億円以上の出資になるため、スタートアップにとって大きなサポートになるでしょう。

大企業のブランドネームを活用し、市場を拡大できる

大企業とのオープンイノベーションでは、ブランドネームを活用できるのが大きなメリットです。そのPR効果は非常に高く、自社の技術やアイデアを広く世間にアピールすることができます。

市場を一気に拡大するチャンスになるでしょう。

中小企業のベンチャー投資が増え、企業成長の可能性が高まる

オープンイノベーション促進税制は大企業だけでなく、中小企業が利用できるのが特徴です。出資額が1,000万円以上と低く設定されているため、多くの中小企業が新しい技術や革新的アイデアを求めて出資する可能性があります。

オープンイノベーションのチャンスが広がり、企業成長の可能性が高まるでしょう。

促進税制で活性化するオープンイノベーションを自社の発展につなげよう 

オープンイノベーション促進税制の創設によるオープンイノベーションの活性化は、事業拡大のチャンスです。大企業とのオープンイノベーションであれば、急速な成長も期待できるでしょう。2年間と限られた期間ですが、この機会をぜひ自社の発展につなげてみてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント