12.8 C
Japan
日曜日, 11月 29, 2020

武蔵野大学に日本初の「アントレプレナーシップ学部」が2021年4月開設|伊藤 羊一が学部長に就任!

武蔵野大学は令和3年4月、12番目となる新たな学部「アントレプレナーシップ学部」を武蔵野キャンパスに開設する。日本初となる新学部開設を記念し、11月9日(月)に記者発表会が行われる。学部長には伊藤 羊一が就任し、現役実務家中心の教員により、自ら「ことを成す」人を育てるとしている。

●「アントレプレナーシップ」を冠した学部の開設は日本初
● 起業の方法ではなく起業家精神(アントレプレナーシップ)を現役実務家から学ぶ
● 同学部開設に関する記者発表会では、学部長に就任予定の伊藤 羊一が登壇

「アントレプレナーシップ学部」開設に関する記者発表会

タイトル: 「アントレプレナーシップ学部」開設に関する記者発表会

開催日時: 令和2年11月9日(月)15:00~16:30
会場: 武蔵野大学武蔵野キャンパス 雪頂講堂
登壇: (学長)西本 照真、(学部長就任予定)伊藤 羊一、(就任予定教員)柏谷 泰行、篠田 真貴子
内容: 学長挨拶、学部紹介、トークセッション、フォトセッション、質疑応答等
申込み先https://forms.gle/KiR8tc33nCxTo9UCA [定員制 10/23(金)17:00申込締切]

※来場はメディア関係者のみ
※同日にライブ配信(一部内容のみ)の予定

アントレプレナーシップ学部の概要

名称:アントレプレナーシップ学部
定員:60名
授与する学位:学士(ビジネス)
専任教員:19名
開設時期:令和3年(2021年)4月1日
開設場所:武蔵野大学武蔵野キャンパス(東京都西東京市新町一丁目1番20号)

アントレプレナーシップ学部の特長

アントレプレナーシップ(起業家精神)とは「高い志と倫理観に基づき、失敗を恐れずに踏み出し、新たな価値を見出し、創造していくマインド」である。本学部ではプロジェクト型の「実践科目」を中心にしたアクティブラーニングを通して、起業家精神を学ぶ。

特長①カリキュラムは実践中心、授業の中で起業を目指す
プロジェクト型の「実践科目」を中心に、社会に対する好奇心や挑戦する情熱を育む「マインド科目」、アイデアを実行しカタチにするための「事業推進スキル科目」の3本柱とし、3年次には実際に起業を経験し、自身の意思で「ことを成す」ことを学ぶ。

特長②教員は、社会のさまざまな分野で活躍する現役実務家が就任予定
教員はベンチャー企業経営者、NPO創業者など、実務家を中心としている。バラエティに富む専門性や実務経験をフルに活かしながら、学生の成長に伴走し、学生の才能と情熱を解き放つ学部を創造する。

特長③1年次は全員が学生寮で共に学ぶ
1年次は全員が学生寮に入寮し、仲間とともに内省と対話を通して基礎スキルや好奇心を育む土台作りをする。寮には社会で活躍している起業家やビジネスパーソンなどのゲストを呼び、学生に学びと刺激を与える。

特長④全員が海外短期研修を経験、世界を知る
全員が1週間の海外短期研修を経験する。海外で活躍するアーリーステージのスタートアップ企業を訪問し、グローバル市場におけるスタートアップの現状および海外市場の重要性を体感、自身の持つスタートアッププランを磨き上げる。

アントレプレナーシップ学部長(就任予定)

氏  名:伊藤 羊一

経  歴:日本興業銀行、プラスを経て2015年4月ヤフーに転じ、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授。他、外部企業に対する講演、講師多数。2021年4月武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長就任予定。

著  書:「1分で話せ」「0秒で動け」「やりたいことなんて、なくていい。」
     「未来を創るプレゼン(共著)」

関連動画

・武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 2021年春開設予告動画 「譲れない想い」篇



​・武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 2021年春開設予告動画 「アントレプレナーシップ篇」

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。