12.8 C
Japan
金曜日, 8月 14, 2020
ホーム アクセラレーターイベント

アクセラレーターイベント

愛知県の企業と全国のスタートアップが今年も集結!|Aichi Matching2020 プログラム説明会、8/26(水)オンライン開催

産業競争力を維持・強化していくために、絶え間ないイノベーション創出のエコシステム形成が喫緊の課題と考えてる愛知県では、スタートアップが重要な担い手となるとの認識の下、「Aichi-Startup戦略」(2019年12月改定)に基づく事業を推進しています。本取組の一環として、昨年度に引き続き、Creww(クルー)株式会社と連携し、愛知県内の企業とスタートアップとのビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2020」を実施するに先立ち、オンラインにてプログラム説明会を実施します。

起業家支援プログラムCode Republic第8期募集開始‼️

ヤフーのCVCであるYJキャピタルと、日本および東南アジアで最大級のシードVCであるEast Venturesが共同運営するアクセラレーターCode Republicが、第8期参加企業の募集を開始した。

スタートアップ支援プロジェクト「さかいアクセラ(SaCLa)」キックオフイベントを開催!

事業成長のための本格的な連続講座「さかいアクセラレーションプログラム」が始まります。堺・なかもずに拠点を置くS-Cube(さかい新事業創造センター)と大阪府立大学を核としたスタートアップ支援プロジェクトの総称で、堺市で実施する「さかいアクセラレーションプログラム」のキックオフイベントが2020年8月22日(土)に開催されます。

「埼玉 Sports Start-up(SSS)」 8月7日(金)にキックオフイベントをオンライン開催 8月17日(月)からエントリーを開始

埼玉県では、スポーツやその周辺領域で、ビジネスアイデアの事業化やその事業の 拡大を目指すスタートアップ企業等を支援するため、県内に本拠地を構えるプロスポ ーツクラブ・球団(浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオ ンズ、越谷アルファーズ)の協力を受け、「埼玉 Sports Start-up(SSS)」を実施 します。

【TOKIWA Lab主催】ビューティー関連起業家が語るアクセラレーターの意義

【カラーコスメ受託製造国内シェアNO.1トキワのアクセラレータープログラム『TOKIWA Lab』主催】7月27日(月)20時から、ファーメンステーション代表取締役であり、TOKIWA Lab審査員である酒井里奈 氏とTOKIWA Lab代表である金井 氏によるウェビナーが開催されます。

「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」レポート

デザイナー向けの説明会「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」が都内(docks)で開かれた。今回は熱気こもったdocksでの説明会の模様をお届けします

「ビックカメラアクセラレーター2018」ミートアップ

2018年9月4日(火)に「docks」で行われた「ビックカメラアクセラレーター2018・ミートアップ DAY2」の様子を、ダイジェストでお届けします。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

人気のタグ

EDITOR'S PICK

現役スタートアップ・ベンチャーの人事・労務担当の社労士が語る、「在宅勤務時の働き方」勤怠・評価・助成金活用のコツ

新型コロナウィルス感染拡大に伴い在宅勤務を開始した企業も多い中、8月26日 19:00〜20:30オンラインにて、ラクローとCrewwの共催イベントが開催されます。本イベントでは、「スタートアップ・ベンチャー企業の人事労務のプロフェッショナル」を講師としてお招きし、貴重で生々しいノウハウ・事例をお話しいただきます。

プロスポーツチームと連携する埼玉県のオープンイノベーション

国をあげて活発化してきている「オープンイノベーション」施策。中でもスポーツと連携したオープンイノベーション施策は、オリンピック・パラリンピック等が2020年に開催されることが決定したこともあり、2018年より東京や埼玉を中心に進められるようになった。今回は埼玉県の象徴的なオープンイノベーション事例「スポーツと連携したオープンイノベーション」について埼玉県を代表して埼玉県産業労働部産業支援課 創業支援担当 主幹 渡邊 隆弘氏にお話を伺った。

「働く」本質に向き合い、未来に貢献できる人材を育成。

ワークライフバランスという言葉を聞くようになって久しく、「働き方改革」を社会全体で取り組む動きが活発になっている。SPACERの田中代表は、「働き方」について「多様な個性に合わせて全ての人がチャレンジできる環境の構築」と捉えた。スタートアップだからこそできる挑戦魂で、社員それぞれが個性と創造性を発揮できる人間関係の構築を目指す。

REIONE、DX/新規事業を支援・共創するプログラム「konekone」のクラウドファンディングを開始

多様で強い「個」が集う場作りと共創を通した日本企業の風土変革を目指す、REIONEは2020年8月3日より、DX/新規事業を支援・共創するプログラム「konekone(コネコネ)」をクラウドファンディングサイト「READYFOR」で開始した...