12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020
Tags アクセラレータープログラム

Tag: アクセラレータープログラム

コスメOEM市場業界1位、トキワの挑戦|情熱とアイデアがあるスタートアップを「縁の下の力持ち」として支援したい

世界9カ所に工場を所有し、国内外のラグジュアリーブランドや大手メーカーの化粧品をOEM製造している株式会社トキワが、スタートアップとのオープンイノベーションに挑戦する。1948年に創業した同社は、国内のカラーコスメのOEM市場では業界1位を誇っており、地球環境に配慮した素材と最新技術でモノづくりを展開している。そんな国内外のブランドを支えているトキワがスタートさせたのが、「縁の下の力持ち」に徹するアクセラレータープログラムだ。どんな思いでどのようなスタートアップをサポートしたいと考えているのか、国際事業部及び新規事業部担当副社長の金井博之氏に話を伺った。

起業家支援プログラムCode Republic第8期募集開始‼️

ヤフーのCVCであるYJキャピタルと、日本および東南アジアで最大級のシードVCであるEast Venturesが共同運営するアクセラレーターCode Republicが、第8期参加企業の募集を開始した。

採択スタートアップ企業決定!『伊藤超短波アクセラレーター2020』

伊藤超短波の経営資源を活用し、スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより新しい発想を生み出し新規事業を共創することを目的に始まった『伊藤超短波アクセラレーター2020』。この度、実証実験に進むスタートアップ2社が決定した。

AI×IoTを活用した空き情報配信サービスの株式会社バカン、中国の政府系アクセラレーションプログラム「原力加速营」で日系企業初の採択

AI×IoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、バカンは、中国・上海の政府系企業「漕河泾科技创业中心」傘下の「InnoClub」が主催し、中国全土のスタートアップの中から今後の成長が期待される企業を支援するアクセラレーションプログラム「原力加速营」で、日系企業として初めて採択されたことを発表した。

ヨクト、東芝と協業検討開始|次世代のIoTヨガマットを使ったリモートヨガレッスンの実現へ

ヨクト株式会社は、東芝が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」で協業検討企業として選定された。当社は、在宅勤務の合間にヨガでリフレッシュする企業向け各種サービスの実現を、東芝のIoT機器やWebサービスとモジュール化することで目指していく。在宅勤務が加速する中、従業員が企業内でも自宅でも健康的なライフスタイルを実践できるサービスの開発を進めている。

スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOが共同で「INNOVATION LEAGUE」を開催

スポーツ庁は、SPORTS TECH TOKYO(※1)と共同で、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(※2)構築の推進を目的としたプログラム「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)」を開催する。プログラム全体についての説明会は、2020年8月6日(木)にオンラインにて開催される。

SENDAI X-TECH Accelerator「藤崎オープンビアテラス」オープン!

eiicon companyが運営するオープンイノベーションプラットフォームeiiconは、仙台の都市をアップデートするオープンイノベーションプログラム『SENDAI X-TECH Accelerator』による共創企画による「藤崎オープンビアテラス」が2020年7月6日にオープンしたことを発表した。eiiconは、本プログラムに関する専用Webサイト・応募の管理からPRまで、共同にて運営を行っている。

富士古河E&CとCrewwによるオープンイノベーションプログラム『富士古河E&Cアクセラレーター2020』|共創スタートアップ企業を大募集!

富士古河E&C株式会社と国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営するCreww株式会社は、オープンイノベーションにより新規ビジネスを創出する『富士古河E&Cアクセラレーター2020』を2020年7月27日より開始することを発表した。

目先の成果ではなく、5年10年先の未来のタネをオープンイノベーションで創り出す!|富士古河E&C

「信頼し合い、共に成長し、未来を創る」をブランドステートメントに掲げ、電気・計装、空調、建築、送電、情報通信など幅広い技術力で、社会インフラを支えている総合設備企業の富士古河E&C株式会社。同社は今回、全社をあげてアクセラレータプログラムに取り組むことを決定...

DMM.make AKIBA、「Tokyo Startup BEAMプロジェクト」のプログラムパートナーに就任

合同会社 DMM.comは、秋葉原に構えるモノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」を通じ、「東京都ものづくりベンチャー育成事業 Tokyo Startup BEAMプロジェクト」のプログラムパートナーとして参画することが決定した。

PICKUP

ENEOSホールディングスとLuup、電動マイクロモビリティの社会普及に向け協業開始

ENEOSホールディングスおよびLuupは、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティの社会普及に向けて、協業を開始する。また、協業開始に先立ち、ENEOSホールディングスはENEOSイノベーションパートナーズ合同会社を通じて、Luupへ資本参画した。