12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022
ホーム Featured

Featured

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる

【南日本新聞社 × キッズフリマ】スタートアップ共創で鹿児島の子どもたちに、体験型の教育イベントを!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】鹿児島県で140年の歴史を持つ南日本新聞社は「鹿児島アクセラレーター2021 南日本新聞社」を開催した。採択されたのは、“キッズフリマ”を運営するHONEYTHING。物の売り買いを通して子どもたちがお金や物の価値を学び、お金のリテラシー向上に寄与している。具体的にどのような取り組みをしているのか、南日本新聞社 企画経理部副部長 伊藤 広志氏と企画経理部員 山下 直樹氏、HONEYTHING代表の赤池 慶彦氏と清野 圭亮氏に話を伺った。 #南日本新聞社 #HONEYTHING #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww

収穫後に食品に薬剤は使わない! 世界のフードロス問題と、途上国の環境問題を解決したい

2020年に佐賀県が実施した「SAGAN BEAUTY & HEALTHCARE OPEN ACCELERATOR 2020」。その参加企業の1社であるサガテレビにエントリーしたスタートアップが躍進を続けています。プラズマ殺菌装置で世界のフードロス問題の解決に取り組む、九州大学発ベンチャーの株式会社タベテク。 具体的にタベテクはどのようなスタートアップで、どんな未来を描いているのか。代表取締役の田苗眞代氏に話を伺って来ました。 #タベテク #地域オープンイノベーション #大挑戦時代をつくる #Creww

外国人観光客が来たくなる街を創る!免税手続き代行サービスで小売企業の魅力をUP!|オープンイノベーション事例

「鹿児島アクセラレーター2021」に採択されたTomobizは、鹿児島県の地域活性化という互いのゴールへ向け、南日本放送との協業を進めています。南日本放送の信頼たるネットワークを活用し、小売店の免税店化を支援するサービス「REMOTAX」で鹿児島県の地域活性に挑戦するTomobiz 代表の崔 彰桓 (チェチャンファン)氏にお話を伺いました。 #TomoBiz #鹿児島アクセラレーター #南日本放送 #免税 #REMOTAX #Creww #大挑戦時代をつくる

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは|2022年度の挑戦!

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
- Advertisment -

News

「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」採択企業決定! 3社の協業案が協業検討フェーズへ

【Crewwニュース】安藤ハザマは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービスCreww Growthを通じて2022年6月より募集を開始した「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」について採択企業3社を決定しました。 #安藤ハザマ #CrewwGrowth #協業 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる

人気のタグ

EDITOR'S PICK

大手ゲーム会社参画|日本発ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、新作ブロックチェーンカードゲームに採択!

【オープンイノベーションニュース】日本発のゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、セガがライセンスを許諾し、double jump. tokyoが開発・運営を行う「三国志」の世界観をテーマとしたブロックチェーンカードゲームにて、Oasysがチェーンとして採択されることが決定したことを発表しました。本ゲームはOasysのLayer2ブロックチェーン「HOME verse」にて展開されます。 #ブロックチェーン #Oasys #セガ #double_jump_tokyo #三国志 #ブロックチェーンカードゲーム #Creww #大挑戦時代をつくる

「Japan Challenge for Society 5.0」海外スタートアップとの商談アレンジを開始

【オープンイノベーションニュース】日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本が抱える社会課題の解決策をテーマとした海外スタートアップコンテスト「Japan Challenge for Society 5.0 – Accelerate Innovation with Japan-」を2021年に開催し、日本企業との協業連携が実現する可能性が特に高いスタートアップ15社をアワードウィナーとして選定しました。 #ジェトロ #日本 #社会課題 #海外スタートアップ #協業 #Creww #大挑戦時代をつくる

ビジコンThe JSSA Online Startup Pitch Award VOL.40 入賞者決定!

【イベントニュース】一般社団法人日本スタートアップ支援協会は、ビジネスの革新や新市場の創造、次世代技術の開発に挑んでいる6社のスタートアップのビジネスコンテスト「The JSSA MeetUp&Award Vol.40」を開催しました。 #日本スタートアップ支援協会 #スタートアップ #The_JSSA_MeetUp&Award #Creww #大挑戦時代をつくる

「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」採択企業決定! 3社の協業案が協業検討フェーズへ

【Crewwニュース】安藤ハザマは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービスCreww Growthを通じて2022年6月より募集を開始した「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」について採択企業3社を決定しました。 #安藤ハザマ #CrewwGrowth #協業 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント