12.8 C
Japan
土曜日, 9月 18, 2021
Tags オープンイノベーション

Tag: オープンイノベーション

「NewMake」×「MISSONI」一流ブランドを若手クリエイターがアップサイクル。オープンイノベーションで在庫処分問題解決に挑む

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】 ヨーロッパやアメリカの一流ブランドを日本に紹介・提案している三喜商事と、体験のシェアリングサービスを提供するストーリーアンドカンパニー。2社が取り組んでいるのは、ファッション業界が抱える深刻な在庫処分問題の解決だ。ストーリーアンドカンパニーが表参道・原宿に立ち上げた「NewMake Labo」に、三喜商事がイタリアの一流ブランド「MISSONI」の在庫を提供し、若手クリエイターたちがアップサイクルに挑んでいる。三喜商事 事業部長の田尾慶一朗氏とストーリーアンドカンパニー代表の細川拓氏に話を伺った。 #三喜商事 #ストーリーアンドカンパニー #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

協業で新規事業をスタートするプロセスとは?オープンイノベーションのステージのステップアップ方法も解説

【オープンイノベーションコラム】 「オープンイノベーションで新規事業を進めたいが、どのようなプロセスで進めれば自社にとってメリットが大きくなるだろうか」。初めての外部との協業ではこのような悩みはよくある話です。違う文化を持つ者同士の協業なので当然の悩みかもしれません。 この記事では、初めてのオープンイノベーションを検討されている方にも分かるよう、協業で新規事業をスタートさせるプロセスと手法、自社におけるオープンイノベーションのステージをステップアップさせる方法について紹介していきます。 #オープンイノベーション #コラム #ノウハウ #大挑戦時代をつくる #Creww

日本と欧州のスタートアップエコシステムをつなぐアクセラレーター「CROSSBIE UG」が横浜市に日本法人を設立!

【オープンイノベーションニュース】 ドイツ・ベルリンに本社を置き、日本と欧州のスタートアップエコシステムをつなぐアクセラレーター「CROSSBIE UG」は、2021年9月2日付けで横浜市に「CROSSBIE JAPAN 株式会社」を設立しました。今後は日独2つの拠点が緊密に連携し、グローバルなオープンイノベーションの実現を目指して、日欧双方のビジネス支援のさらなる充実・強化を推進します。 #オープンイノベーション #スタートアップ #スタートアップエコシステム #アクセラレーター #CROSSBIEUG_CROSSBIEJAPAN #Creww

【CIC Tokyo×U3イノベーションズ】「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」Core Member7社との協業に向け、スタートアップを募集

【オープンイノベーションニュース】 CIC TokyoとU3イノベーションズは環境エネルギーイノベーションコミュニティを立ち上げ、8月24日に開催したキックオフイベントで7社のCore Memeberとの協業を発表し、”実践型”イノベーションプログラム第1期に参加するスタートアップの募集を9月1日に開始しました。 #環境エネルギーイノベーションコミュニティ #協業 #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【シード期のスタートアップ募集中】『アクセラレーションプログラム未来X(mirai cross)2022』

【アクセラレーターニュース】 株式会社三井住友銀行、SMBC日興証券株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社と、株式会社みらいワークスは、2015年度より開催しているアクセラレーションプログラムを今年度より『アクセラレーションプログラム未来X(mirai cross)2022』としてリニューアルし、シード期の企業や個人の参加募集を開始しました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #未来X #miraicross #三井住友銀行 #SMBC日興証券 #SMBCベンチャーキャピタル #みらいワークス #アクセラレーションプログラム未来X2022 #大挑戦時代をつくる #Creww

【そごう×西武×ROUTE06】OMOストア開発で協業|オープンイノベーションによる百貨店の新業態開発を推進

【オープンイノベーションニュース】 そごう・西武と、ROUTE06は、そごう・西武の新事業「CHOOSEBASE SHIBUYA」のストア開発において協業しました。最先端のテクノロジーを活用したRaaS業態で展開し、デジタルネイティブ世代と新興ブランドの出会いを創出。百貨店とスタートアップ企業とのオープンイノベーションにより、新たな価値提供を目指します。 #そごう #西武 #ROUTE06 #オープンイノベーション #RaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

コムテック&ペルシード アクセラレーター| 新たな挑戦

【アクセラレータープログラムニュース】 新たなカーライフの実現に向け、また、カー用品や自動車業界の枠を超えた新しい領域を目指し、コムテックとペルシードが共同でアクセラレータプログラムを開催します。スタートアップ企業と互いにリソースを掛け合わせ、 消費者に安全・安心・快適を提供できる協業案を募集します。応募締切は、10月1日。 #アクセラレータプログラム #コムテック #ペルシード #Creww #大挑戦時代をつくる

PICKUP

「NewMake」×「MISSONI」一流ブランドを若手クリエイターがアップサイクル。オープンイノベーションで在庫処分問題解決に挑む

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】 ヨーロッパやアメリカの一流ブランドを日本に紹介・提案している三喜商事と、体験のシェアリングサービスを提供するストーリーアンドカンパニー。2社が取り組んでいるのは、ファッション業界が抱える深刻な在庫処分問題の解決だ。ストーリーアンドカンパニーが表参道・原宿に立ち上げた「NewMake Labo」に、三喜商事がイタリアの一流ブランド「MISSONI」の在庫を提供し、若手クリエイターたちがアップサイクルに挑んでいる。三喜商事 事業部長の田尾慶一朗氏とストーリーアンドカンパニー代表の細川拓氏に話を伺った。 #三喜商事 #ストーリーアンドカンパニー #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント