12.8 C
Japan
火曜日, 10月 27, 2020
Tags オープンイノベーション

Tag: オープンイノベーション

\オンラインイベント/事業会社内で成功させる『新規事業の進め方』|Intrapreneur’s Hub Vol.8

「事業会社内で成功させる『新規事業の進め方』」をテーマに、事業会社内で新規事業創出に挑んでいるイントレプレナーとして、LIFULLでオンラインインタビューサイト「#unii」事業を進めている浜岡さん、デンソーの有志活動で家族の思い出サービス「#ふれAI」事業を推進されている加納さん、東京ガスで空き家管理サービス「#実家のお守り」を立ち上げた現リクルート所属の大塩さんをゲストにお招きし、本業で新規事業に挑む際のホンネや困難な点など、企業内の新規事業の進め方に活用できるノウハウなどについて、聞いていきたいと思います。

ポストコロナにおけるオープンイノベーションの変化と展望

COVID-19(新型コロナウィルス)の流行は社会情勢や経済状況に大きな影響を及ぼしています。社会の構造だけでなく、個人の意識にも大きな変化が起こっており、ニューノーマル(新しい常識)が定着しつつあるのです。 こうした急激な変化が起こっているポストコロナの時代にオープンイノベーションはどうあるべきなのか?オープンイノベーションの現状の分析とともに、将来的な展望を考察していきます。 #ニューノーマル #ポストコロナ #オープンイノベーション

浜松市とCrewwによるオープンイノベーションプログラム 『浜松アクセラレーター2020』が10月26日より開始

Creww株式会社(クルー)は浜松市とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした『浜松アクセラレーター2020』を2020年10月26日より開始します。 #アクセラレータープログラム #モノづくり #浜松

スマートドライブ×ナイトレイがデータ連携&協業ソリューション|出光興産 超小型EVのカーシェアリングの実証実験で利用開始

モビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブと、位置情報ビッグデータと解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供するナイトレイがデータ連携と協業ソリューションの開発・提供を開始した。今回の連携ソリューションのファーストユーザーとして、出光興産が千葉県館山市・南房総市において超小型EVのカーシェアリングの実用化に向けた実証実験において利用しているスマートドライブ提供の「Mobility Data Platform」とデータ連携を行い、カーシェアリングサービスの稼働率向上や観光地開拓に活用を開始した。

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか? 制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

国内初!”お洒落で憧れの食卓”を自宅で実現できる食器のシェアリングサービス「EPOCH TABLE」|石塚硝子とカスタメディアによるオープンイノベーション

石塚硝子は、カスタメディアが提供する「カスタメディアMASE」をベースに、有名ホテルやいつか見た映画のようなお洒落で憧れの食卓を自宅で実現できる、国内食器メーカー初の食器(テーブルウェア)のシェアリングサービス「EPOCH TABLE」を構築しました。 #シェアリングサービス #オープンイノベーション #EPOCH TABLE #石塚硝子

デジタルガレージとFDC、Fukuoka Growth Nextがオープンイノベーションプログラム「Onlab FUKUOKA」第2期の募集を開始

デジタルガレージと、福岡地域戦略推進協議会、福岡市スタートアップ支援施設運営委員会の3者は、福岡地域のNew Normal時代における、スマートシティやスマートライフなどの事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラム「Open Network Lab FUKUOKA の第2期参加企業の募集を2020年10月13日より開始しました! #デジタルガレージ #福岡 #オープンイノベーション

丸井グループが将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート

丸井グループは、将来世代である大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループの社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラム「Future Accelerator Gateway」を開催する。資本業務提携先である、中高生向けのIT教育プログラム運営のライフイズテックと連携し、将来世代との取り組みを加速していく。

現金ではなくポイントでお試し資産運用。投資資産運用を身近な存在に変えるオープンイノベーション

アジア最大級の資産運用会社・三井住友トラスト・アセットマネジメントが「人生100年時代に備える!資産運用をより身近な存在にしたい」をテーマに、2019年よりアクセラレータープログラムを実施。資産運用をより身近にし、新たな投資アプローチの発掘を目指した同プログラムに採択されたのは、世界で初めての「株価連動型ポイント運用システム」を開発したSTOCK POINT株式会社だ。具体的にどのような取り組みを行ったのか。三井住友トラスト・アセットマネジメントの経営企画部・中村 卓雄氏と、STOCK POINTの代表取締役・土屋清美氏に本オープンイノベーションに関する取組みについてお話を伺った。

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。

PICKUP

ポストコロナにおけるオープンイノベーションの変化と展望

COVID-19(新型コロナウィルス)の流行は社会情勢や経済状況に大きな影響を及ぼしています。社会の構造だけでなく、個人の意識にも大きな変化が起こっており、ニューノーマル(新しい常識)が定着しつつあるのです。 こうした急激な変化が起こっているポストコロナの時代にオープンイノベーションはどうあるべきなのか?オープンイノベーションの現状の分析とともに、将来的な展望を考察していきます。 #ニューノーマル #ポストコロナ #オープンイノベーション