12.8 C
Japan
火曜日, 6月 2, 2020
ホーム Open Innovation

Open Innovation

創薬・医療系ベンチャーに特化した育成支援プログラム”Blockbuster TOKYO” 選抜プログラム エントリー受付開始

Beyond Next Venturesは、東京都からの委託を受け、創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム”Blockbuster TOKYO”を2018年度、2019年度に続き2020年度も実施し、選抜プログラムの参加者を募集する。本プログラムは、研修プログラム(通年実施)と選抜プログラム(2020年9月から2021年3月に実施)の2つのプログラムで構成されており、創薬・医療系シーズを持つチーム(起業前、起業後ともに可)に対して実践的な支援プログラムを提供する。

【松竹×夏目綜合研究所】「瞳孔反応解析技術」とエンターテイメントの協業可能性

演劇や映像をはじめ、様々なエンターテインメントを製作・提供してきた松竹。その松竹が実施したアクセラレータープログラムにおける実証実験の第4弾。「瞳孔反応解析技術」を持つ夏目綜合研究所と、エンターテインメント企業である松竹との協業の可能性をさぐる実証実験の結果とは。

【松竹×DIVE JAPAN】松竹アクセラレータープログラムの実証実験結果が発表!

松竹が新たなる挑戦として2019年にアクセラレータープログラムをCrewwと合同で実施し、スタートアップ企業とのオープイノベーションによる、新規事業創出に挑んだ。そして開催から7ヶ月。84社のエントリースタートアップの中から選出された5社と共に、松竹は実証実験を経て、事業化に向けた最終審議のためのプレゼンを松竹本社で行った。

With/Afterコロナで進化が加速する20分野の未来と、解決が早まる26の社会課題

アスタミューゼは、世界80ヵ国、約2億件に及ぶ新事業、新製品/サービス、新技術/研究、特許情報、投資情報などの自社データベースを元に、現在、経済や生活に大きな影響を及ぼしている新型コロナウィルスに関し、今後どうなっていくのか...

継続して挑戦できる文化を根付かせ、スタートアップの成長機会を最大化する

コロナ禍でもオープンイノベーションを加速させるためには? 2020年4月、オープンイノベーション促進税制が施行されたことで何が変わるのか?ITベンチャーのエコシステムやオープンイノベーションに関わる多くのプロジェクトに参画するCreww(株)の代表取締役で新経済連盟(JANE)ではスタートアップエコシステム全体の発展を射程に入れた政策提言、ベストプラクティスの共有、会員間の交流等をリードする伊地知 天 幹事にお聞きしました。

宇宙と地球上における微細藻類培養技術と食料資源の開発を推進

ユーグレナは、SPACE FOODSPHEREが実施する「SPACE FOODSPHERE」プログラムに参画し、宇宙と地球上における「完全資源循環型かつ超高効率な食料供給システム」に関連した微細藻類培養技術と食料資源の開発を推進する。

ガイアックス、「ロコタビ」のトラベロコ社と提携。新しいYouTube 動画「海外在住日本人に聞く、世界の今」を開始

ガイアックスと、海外日本人在住者と日本人旅行者をマッチングするサービス「ロコタビ」を運営するトラベロコの両社は提携し、YouTubeにて「海外在住日本人に聞く、世界の今」を始める。「海外在住日本人に聞く、世界の今」では…

2018年度『東芝テック「Corporate Accelerator Program」』選抜の『ダブルフロンティア』に東芝テックが資本参加 人にも地球にも快適な未来

事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーター(注1)を運用するゼロワンブースターが、東芝テックと共に2018年度実施した『東芝テック「Corporate Accelerator Program」』に選抜されたダブルフロンティアに東芝テックが資本参加した。

サッポロ不動産開発と01Boosterで4月23日から「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」を開始!

事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーター(注1)を運営するゼロワンブースターは、サッポロ不動産開発と共に、「働く」をテーマに、「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」を2020年4月23日(木)から開始した。

インキュベイトファンド、「COVID-19によって生じる社会課題と市場機会」レポートを公開。Against/With/Postコロナ期に生まれるスタートアップへの資金提供プログラムを開始

創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」は、「次の産業を産み出す」を使命としたベンチャーキャピタルとして、「COVID-19によって生じる社会課題と市場機会」レポートを公開した。同時にAgainst/With/Postコロナ期に生まれるスタートアップの創出・育成を促進するための資金提供プログラムを開始し、この環境の変化から生まれてくる大きな挑戦を志す起業家を募集する。

~UNOPS × 兵庫県 × 神戸市~「Global Innovation Challenge」テーマ決定及びアイデアの募集開始!

国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)と神戸市は令和元年11月にグローバル・イノベーション・センター(GIC)の開設に向けてMOU(基本合意書)を締結した。このたび、GIC Japan(神戸)において、持続可能な開発目標(SDGs)で取り組むべき「Global Innovation Challenge」のテーマが決定され、2020年4月21日よりアイデアの募集が開始された。

JR東日本スタートアッププログラム2020を開催

東日本旅客鉄道株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社は、ベンチャー企業や優れた事業アイデアを有する方々との協業によるビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2020」を開催することを発表した。
- Advertisment -

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

人気のタグ

EDITOR'S PICK

東京大学発ベンチャーのナノティス、迅速検査デバイスの研究開発に向けて大正製薬から資金調達を実施

インフルエンザ等感染症迅速検査デバイスの研究開発を行う東京大学発ベンチャーのナノティスは、大正製薬よりプレシリーズAラウンドの資金調達を実施した。

国分グループがアクセラレータープログラムを6/8より開催!

国分グループ本社株式会社は、オープンイノベーションによる新規ビジネスを、スタートアップ企業と共創する『国分グループ アクセラレーター2020』を6月8日より開始することを発表した。

ビジネスとアカデミズムに相互発展のスパイラルを起こしたい ジーンクエストが他のバイオベンチャーと一線を画している理由

遺伝子解析や、遺伝子治療、遺伝子検査、そしてそれを取り扱う企業は新しい分野として、ずっと着目されていたものの、今、ジーンクエストが話題になる理由はどこにあるのだろうか。 ※この記事は、2016年10月24日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

PLAYLIFE|調達金額累計3億円超。With/Afterコロナ時代の新たなHR関連サービスを提供開始!

アソビのスタートアップであるプレイライフは、この度、環境エネルギー投資、みずほキャピタル、静岡キャピタル、HRテック投資事業有限責任組合、ドーガンベータ、オプティマ・ベンチャーズ、他個人投資家から約1.15億円の資金調達を行い、本調達を持って、累計調達金額は3億円を超えた。