12.8 C
Japan
土曜日, 10月 24, 2020
ホーム Open Innovation

Open Innovation

東急百貨店がリテールテックである店舗管理クラウドサービス「Canly」を国内主要店舗に導入

コロナ禍においてユーザー行動がインターネット中心へ急速にシフトした背景を受け、東急百貨店はリテールテックである店舗管理クラウドサービス「Canly」の導入を決めた。

サッポロ不動産開発による「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」の最終審査会に6社のスタートアップが進出!

事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースターは、サッポロ不動産開発株式会社と共に「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」の最終審査会ピッチコンテストを2020年9月24日にオンラインにて開催した。最終審査の結果、1チームのグランプリが確定したことを発表した。コロナ禍にも関わらず、100件近いエントリーが集まり、その中から6社のスタートアップが最終審査に進んだ。

サッポロ不動産開発が開催する「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」|「書籍の要約動画サービス「WISQ」がグランプリに決定!

サッポロ不動産開発株式会社は、株式会社ゼロワンブースターと共同で運営する「EBISU BUSINESS CONTEST 2020(恵比寿ビジネスコンテスト2020))」の最終審査会/ピッチコンテストを2020年9月24日にオンラインで開催し、株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」がグランプリに決定しましたことを発表した。

大分県の起業家成長加速化事業「湯けむりアクセラレーションプログラム」始動

大分県と公益財団法人大分県産業創造機構(おおいたスタートアップセンター)では、成長志向起業家の育成を進めるため、起業家のニーズに沿った成長を加速する総合的な集中支援「湯けむりアクセラレーションプログラム(通称YAP (ヤップ)」を実施する。

大同メタル工業とスペースリーが 新サービス提供にかかる業務提携契約を締結!|東海オープンアクセラレーター

日本政策投資銀行は、DBJが運営したプログラム『東海オープンアクセラレーター』を通じて協業を開始した、大同メタル工業とスタートアップ企業のスペースリーが、業務提携契約を締結し事業を開始したことを発表した。

電通とベクトルがスタートアップ支援「Rapid Socializing」プログラムを提供開始

ベクトルは、電通と共同で、スタートアップ企業の事業成長の加速化を支援するプログラム「Rapid Socializing」の提供を9月23日より開始した。第一段階としてベクトルが出資するスタートアップ企業に対して、ファイナンスや営業支援等だけでなく、サービスや製品の価値、企業が伝えたい思いを言語化・ブランティングする支援を行い、順次プログラムの提供先を拡大させる予定である。

Charichariとmobbyが福岡を中心に共同でシェアモビリティ事業を推進

シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」を提供するneuetと電動キックボードのシェアリングサービス「mobby(モビー)」を提供するmobby rideは事業提携を行い、 福岡市を中心に共同でシェアリングモビリティ事業を推進する運びとなった。 チャリチャリは福岡市の「福岡スマートシェアサイクル」事業者に採択され、 福岡を中心に事業を展開している。 また、 mobbyは「福岡市実証実験フルサポート事業」に採択され、 福岡市と連携し、 制度改正に向けた取り組みを推進してきた。 両社は、 これまでも福岡市を中心にサービス展開及び、 実証実験を実施しており、 今回の業務提携により、 更なるサービス拡大を進める。

一般路線バスひたちBRTで自動運転バスの実証実験|2022年以降の本格実装を目指す

茨城交通、みちのりホールディングスなど8社および日立市、茨城県は、2020年10月上旬から21年3月上旬の間に自動運転走行実証実験を予定している。本事業は、経済産業省・国土交通省の事業を受託した国立研究開発法人産業技術総合研究所より2019年度に「中型自動運転バスによる実証実験」を実施するバス運行事業者に選定され、実施するものである。今回は、二回目の走行実証実験であり、自動運転車両と通信を行う路側センサーと遠隔監視装置の検証を行う。

オープンイノベーションプラットフォームの概要やおすすめ比較3選

近年は、オープンイノベーションがビジネスにおけるキーワードとして定着しています。オープンイノベーションを起こすためには組織外で協業先を見つけることが不可欠ですが、新たな協業先を探してマッチングできるのがオープンイノベーションプラットフォームです。 今回は、オープンイノベーションプラットフォームの活用方法やおすすめのオープンイノベーションプラットフォームについて紹介します。

不動産テックの日本情報クリエイトとクレデンスが提携

不動産テックの日本情報クリエイト株式会社(宮崎県)がクラウドで提供する「電子入居申込サービス」と、家賃保証サービスの株式会社クレデンス(東京都)は、電子入居申込サービスのデータを活用した家賃保証サービス申込に関する提携を開始したことを発表!

三重から起業家・イノベーターを生み出すプログラム「TOKOWAKA-MIE STARTUP PROGRAM 2020」がスタート

オープンイノベーション プラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、2020年9月17日(木)より、三重県にて実施される、県内外事業者の交流促進・イノベーション創出および成長を目的としたプログラム「TOKOWAKA-MIE STARTUP PROGRAM 2020」のスタートと、併せて、「ビジネスデベロップメントセミナー」の受講者募集を同日より開始することを発表した。

菱機工業、ビーイングホールディングス、DBJによるスタートアップとのオープンイノベーション「北陸 Startup Program」が開催!

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)は、スタートアップ企業との共創プログラム「北陸 Startup Program」の運営を、2020年9月23日に開始した。北陸地域に拠点を置く、菱機工業株式会社、株式会社ビーイングホールディングスの2社が、スタートアップ企業との協業による新規事業創出を目指す。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

人気のタグ

EDITOR'S PICK

ゼロイチのプロダクト実現率25%|STARTUP STUDIO

2020年4月から開始したインキュベーションプログラムスタートSTARTUP STUDIO by Crewwですが、半年が経過しました。改めて「一体スタートアップスタジオは何をやっているのか?」「各プロジェクトはうまく進んでいるのだろうか?」など、現在までの軌跡をまとめて振り返ってみます。

武蔵野大学に日本初の「アントレプレナーシップ学部」が2021年4月開設|伊藤 羊一が学部長に就任!

武蔵野大学は令和3年4月、12番目となる新たな学部「アントレプレナーシップ学部」を武蔵野キャンパスに開設する。日本初となる新学部開設を記念し、11月9日(月)に記者発表会が行われる。学部長には伊藤 羊一が就任し、現役実務家中心の教員により、自ら「ことを成す」人を育てるとしている。

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか? 制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

薬局業界のDXを支援するカケハシが18億円の資金調達を完了

カケハシは、ジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合とSony Innovation Fund by IGV、および既存投資家であるCoral CapitalのCoral Growth、千葉道場2号投資事業有限責任組合、DNX Ventures、Salesforce Venturesを引受先とする第三社割当増資により、総額約18億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、累計調達額は約55億円となる。