12.8 C
Japan
火曜日, 12月 1, 2020
ホーム マッチングプログラム

マッチングプログラム

「Aichi Matching2019 Batch02」県内モノづくり企業とスタートアップのKick Off Eventの参加者を募集!

愛知県では「Aichi-Startup戦略」を策定し、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めている。本取組の一環である「Aichi Matching 2019」は、過去120社を超える大手企業とスタートアップの事業共創をサポートしてきたCreww(クルー)株式会社と愛知県がタッグを組み開催している「県内企業とスタートアップとのビジネスマッチングプログラム」だ。この度、第2回目のマッチングに向けて、Kick Off Eventが、11月25日(月曜日)になごのキャンパスで開催される。

【9/20開催】愛知県内の企業に協業提案のチャンス!

Aichi Matching 2019 by Creww。スタートアップと事業会社が直接会って話せる、マッチングイベント新しいシナジーを生み出し、サービスを大きくするチャンス!無料で簡単にエントリー可能です。

愛知県企業と全国のスタートアップをつなぐ「AICHI MATCHING 2019」始動

愛知県はcrewwとタッグを組み、県内の優れたモノづくり企業と全国のスタートアップとのコラボレーションを推進するビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2019」の実施を決定...

実ビジネスにつながる「Business Matching」と、会員制サービス「creww corporate membership」リリースのお知らせ

Crewwは、日本最大級のオープンイノベーションのプラットフォームとして、これまで圧倒的な協業実績を築いてきました。そこで今回、よりオープンイノベーションによる新規事業創出をサポートするべく、会員制サービス「creww corporate membership」をスタート...

「Aichi Matching2019 Batch02」県内モノづくり企業とスタートアップのKick Off Eventの参加者を募集!

愛知県では「Aichi-Startup戦略」を策定し、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めている。本取組の一環である「Aichi Matching 2019」は、過去120社を超える大手企業とスタートアップの事業共創をサポートしてきたCreww(クルー)株式会社と愛知県がタッグを組み開催している「県内企業とスタートアップとのビジネスマッチングプログラム」だ。この度、第2回目のマッチングに向けて、Kick Off Eventが、11月25日(月曜日)になごのキャンパスで開催される。

【9/20開催】愛知県内の企業に協業提案のチャンス!

Aichi Matching 2019 by Creww。スタートアップと事業会社が直接会って話せる、マッチングイベント新しいシナジーを生み出し、サービスを大きくするチャンス!無料で簡単にエントリー可能です。

愛知県企業と全国のスタートアップをつなぐ「AICHI MATCHING 2019」始動

愛知県はcrewwとタッグを組み、県内の優れたモノづくり企業と全国のスタートアップとのコラボレーションを推進するビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2019」の実施を決定...

実ビジネスにつながる「Business Matching」と、会員制サービス「creww corporate membership」リリースのお知らせ

Crewwは、日本最大級のオープンイノベーションのプラットフォームとして、これまで圧倒的な協業実績を築いてきました。そこで今回、よりオープンイノベーションによる新規事業創出をサポートするべく、会員制サービス「creww corporate membership」をスタート...
- Advertisment -

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

J-Startupプログラム地域版の「J-Startup CENTRAL」&内閣府アクセラレーションプログラムの参加推薦企業を公募!

浜松市が参画する「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」では、中部経済産業局との連携の下、経済産業省が実施するJ-Startupプログラムの地域版である「J-Startup CENTRAL」を開始し、当地域からグローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を支援する。この度「J-Startup CENTRAL」の支援対象企業の選定と、内閣府の実施するアクセラレーションプログラムへの参加推薦企業の選定を合わせて実施することになり、11月24日(火)から選定に向けた公募を開始している。

三井住友銀行アクセラレーションプログラム『未来2021』|二次審査会を開催

三井住友銀行とみらいワークスが共同運営するアクセラレーションプログラム『未来2021』の二次審査会・商談会が、12月9日(水)・12月10日(木)の2日間に渡って行われる。

EC物流効率化SaaSを提供するスタートアップ「ロジレス」、シリーズAで5億円の資金調達を実施

ロジレスは、ALL STAR SAAS FUND、既存投資家であるCoral CapitalのCoral Growthを引受先とした第三者割当増資により、5億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、累計調達総額は5.5億円となる。

平成生まれ。“イマドキ”の起業家に学ぶ「ゆとり」

「ゆとり世代」と呼ばれる世代の起業家が新しい時代を確かに切り開いている。“傘のシェアリングというありそうでなかった発想を具体化したサービス、『アイカサ』を運営するNature Innovation Group代表の丸川氏もその一人である。 ※この記事は、2019年4月16日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。