12.8 C
Japan
火曜日, 12月 1, 2020
ホーム Startup

Startup

EC物流効率化SaaSを提供するスタートアップ「ロジレス」、シリーズAで5億円の資金調達を実施

ロジレスは、ALL STAR SAAS FUND、既存投資家であるCoral CapitalのCoral Growthを引受先とした第三者割当増資により、5億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、累計調達総額は5.5億円となる。

平成生まれ。“イマドキ”の起業家に学ぶ「ゆとり」

「ゆとり世代」と呼ばれる世代の起業家が新しい時代を確かに切り開いている。“傘のシェアリングというありそうでなかった発想を具体化したサービス、『アイカサ』を運営するNature Innovation Group代表の丸川氏もその一人である。 ※この記事は、2019年4月16日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

フードテックのスタートアップ3社が語る!急成長のストーリーとは?

「フードテックの急成長企業が語る!成功事例と今後の展望」をテーマに、現在注目されているフードテックの市場で、勢いのある3社のスタートアップにご登壇いただき、急成長を遂げた要因と成長のストーリー、協業における成功と失敗、今後の展望についてお話しいただきました。 #フードテック #スタートアップ #ポットラック #POTLUCK #スナックミー #snaq.me #食べチョク #協業

プロジェクトOlive、高精度かつ高速でストレス度合いや感情を推定する「心拍ピーク検出アルゴリズム」を開発

日本発のオープンイノベーションにより世界経済の維持・成長への寄与を目指すAZAPAが進める「プロジェクトOlive」は、人間の感情と体調を推定するために用いる心拍変動解析のスピードと精度を、これまで以上に高い次元で可能にする「心拍ピーク検出アルゴリズム」を開発した。

使い手発信の理想的な商品を製作するモノづくり『モノラボ』 CAMPFIREにて2020年11月20日より先行販売開始!!

使い手発信の理想的な商品を製作するモノづくり『モノラボ』 は、使い手からの支援だけではなく、使い手自身のアイディアやストーリーを作り手が取りまとめ、アイディアだけではなく、ストーリーにも共感して形にする。新しい、モノづくりのサービスもあっていいのではないかという想いから産まれたインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」発のサービスです。

物流業界に変革を!スマホで開閉できるIoT搭載の次世代ロッカー『SPACER』

『スペースアール』は、IoT技術を搭載した次世代のロッカーで、スマホを用いて鍵を制御できることが最大の特徴であり、当事者同士が会わずに物の受け渡しができる「近接匿名取引」を可能としている。テクノロジーを駆使したサービスで物流業界の変革に挑む株式会社SPACER代表の田中 章仁氏にお話しを伺った。 ※この記事は、2019年3月15日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

シリコンバレーで今や常識!?リーンスタートアップ式ワイヤレス給電開発

携帯電話の充電からアシスト自転車の充電などのワイヤレス給電は、今後ロボットなどのオートメーションが広がる中で、更なる中心となっていく技術である。これらの技術を、リーンスタートアップという手法を用いて進めるメーカーが埼玉県のビー・アンド・プラスである。ワイヤレス給電のプロトタイプの開発依頼がここ数年で急激に伸び、ここ数年で300件以上の試作開発を実施している。

ロボットスタートアップ「GROOVE X」の『LOVOT(らぼっと)』が大賞を受賞!

ロボットベンチャーのGROOVE X が手掛ける家族型ロボット『LOVOT』は、人を癒し、リラックス効果を与えるためだけでなく、子どもの情動・社会性の育成につながる可能性があるという将来性が評価され、「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷(以下 BTAJ2020)」の「学びと遊び」部門において大賞を受賞されました!

必要な時に、必要なだけ倉庫を借りられる物流網のマーケットプレイス『souco』

souco代表の中原 久根人氏は企業に際し、「短期間」や「小規模」でスペースを提供するという新たな視点がペースの有効活用を促し、倉庫業界に限らず物流業界全体にと確信を持ったと語る。倉庫の空きスペースを提供したい事業者と、倉庫を利用したい事業者をウェブサイト上でマッチングする倉庫のシェアリングサービス『souco』とは ※この記事は、2019年7月2日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。 株式会社souco 代表取締役 中原 久根人氏 代表取締役 中原 久根人氏 インターネットをはじめとするテクノロジーの発達により、モノ、場所、資産を「所有する」という考え方が変わりつつあり、急速に発展した分野の一つに「シェアリングエコノミー」があげらる。また、近年のECの普及に伴う課題山積の物流業界にも「シェアリングエコノミー」の波は到来しており、倉庫やトラックをはじめとする設備や資産などの莫大な投資費用や維持費を背景に、いかに資産を活用して売り上げを生み出し非稼働時間を減らすかが重要視されている。 小規模・短期間の倉庫契約を独自のマッチングシステムで効率化

AIスタートアップ「HACARUS」が累計13億円となるシリーズB資金調達を実施

医療分野・産業分野でのAIソリューション開発を手がけるHACARUSは、第三者割当増資により資金調達を実施した。今回の資金調達は、2020年4月に実施したシリーズBと同じラウンドで、これによりHACARUSの累積資金調達額は約13億円となる。

URLを共有するだけで、日程調整の全プロセスが完了!日程調整カレンダープラットフォーム『Spir』

スタートアップのSpirは、Web会議の日程調整を簡単にするカレンダープラットフォーム『Spir(スピア)』のβ版を提供開始した。

【AR×運動】シニア向けARアプリ開発プロジェクト|クラウドファンディング開始!

MediTechのスタートアップ「Nurse and Craft 合同会社」がクラウドファンディングプラットフォーム「GoodMorning」にて、シニア世代の日常生活における運動やリハビリで活用するためのARアプリ開発を目的としたクラウドファンディングを開始。募集期間は、2020年11月3日(火)〜12月28日(月)で、目標金額は200万円です。 #クラウドファンディング #ARアプリ開発 #シニア向けARアプリ
- Advertisment -

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

J-Startupプログラム地域版の「J-Startup CENTRAL」&内閣府アクセラレーションプログラムの参加推薦企業を公募!

浜松市が参画する「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」では、中部経済産業局との連携の下、経済産業省が実施するJ-Startupプログラムの地域版である「J-Startup CENTRAL」を開始し、当地域からグローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を支援する。この度「J-Startup CENTRAL」の支援対象企業の選定と、内閣府の実施するアクセラレーションプログラムへの参加推薦企業の選定を合わせて実施することになり、11月24日(火)から選定に向けた公募を開始している。

三井住友銀行アクセラレーションプログラム『未来2021』|二次審査会を開催

三井住友銀行とみらいワークスが共同運営するアクセラレーションプログラム『未来2021』の二次審査会・商談会が、12月9日(水)・12月10日(木)の2日間に渡って行われる。

EC物流効率化SaaSを提供するスタートアップ「ロジレス」、シリーズAで5億円の資金調達を実施

ロジレスは、ALL STAR SAAS FUND、既存投資家であるCoral CapitalのCoral Growthを引受先とした第三者割当増資により、5億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、累計調達総額は5.5億円となる。

平成生まれ。“イマドキ”の起業家に学ぶ「ゆとり」

「ゆとり世代」と呼ばれる世代の起業家が新しい時代を確かに切り開いている。“傘のシェアリングというありそうでなかった発想を具体化したサービス、『アイカサ』を運営するNature Innovation Group代表の丸川氏もその一人である。 ※この記事は、2019年4月16日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。