12.8 C
Japan
土曜日, 10月 24, 2020
ホーム Startup

Startup

テクノロジーで水産業界に変革!未利用魚を使用したミールキット「Fishlle!」をローンチ

魚のミールキット提供サービス「うみのうち」は、未利用魚を使用した環境にやさしいミールキット「Fishlle!(フィシュル)」の提供を開始した。

東京大学発技術系スタートアップであるSapeeの姿勢分析システム「シセイカルテ」、姿勢分析の累計件数が10,000件を突破!

PKSHA Technologyの子会社で、3D関連のアルゴリズムに強みを持つ東京大学発技術系スタートアップであるSapeetが開発及び運営するAI姿勢分析システム「シセイカルテ」による姿勢分析の累計件数が、10,000件を突破した。さらに、この10,000件を超える姿勢分析データを元に身体に関する様々な統計情報を公開するメールマガジンの配信もスタートした。今後も身体の年代別のデータや、解剖学的な観点からの分析など、ヘルスケア・フィットネス業界に役立つ情報を紹介する。

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―ファッション編―

Crewwは、2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった。本記事は、そのファッション編である。 ※この記事は、2019年1月31日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

「エゴバッグ」にならない「エコバッグ」を目指すスタートアップ。新事業「Loopach」ローンチ

レジ袋の有料化に伴うエコバッグの無駄(消費者の短サイクル消費・廃棄在庫)が懸念される中、「Loopach」は、ICチップ搭載のバッグとアプリを利用したエコバッグシステムであり、レジ袋を利用しない日々の小さな積み重ねを可視化する新たなプラットフォームとなる。MILKBOTTLE SHAKERSは、2021年春のローンチに向け賛同企業を募り、営利非営利両軸のパートナーシップモデルでチャレンジしていくとした。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

CAMPFIRE Angelsが2号案件の事前情報開示スタート、募集開始は9月25日20:00!

DANベンチャーキャピタルの運営する、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の2号案件として、研究開発スタートアップである「株式会社インターメディア研究所」の事前情報開示を開始した。

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―コミュニケーションツール編―

2018年12月20日~2019年1月9日において「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」が実施された。本記事は、そのコミュニケーションツール編である。 ※この記事は、2019年1月31日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

チャーター船予約プラットフォーム「Portl(ポートル)」が日本の海上にDXを起こす

Portlは、船遊び希望者がオーナーに直接相談/予約のできるサービス「Portl(ポートル)」を9月20日に正式リリースした。また、VCを引受先とした資金調達を実施した。

不動産テックの日本情報クリエイトとクレデンスが提携

不動産テックの日本情報クリエイト株式会社(宮崎県)がクラウドで提供する「電子入居申込サービス」と、家賃保証サービスの株式会社クレデンス(東京都)は、電子入居申込サービスのデータを活用した家賃保証サービス申込に関する提携を開始したことを発表!

コロナ時代のイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」今冬リリース!

「オンラインでも、参加者のエンゲージメントを高めたい。」 「参加者とのシームレスなコミュニケーションを継続したい。」 「自社ウェビナーで、これまで以上に高い価値を提供したい。」 これら全ての声に応える新しいイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」は、今冬リリース予定です! ※ コネルバは、Creww株式会社のインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO BY Creww」の採択プロジェクトです。 #ウェビナー #オンラインセミナー #マッチング #ビジネスマッチング #ネットワーキング

キャリア構築のヒントが集まるQ&AプラットフォームCareer to Startup Studio by Crewwよりβ版リリース

Startup Studio by Crewwの採択プロジェクトであるCareer toは2020年8月24日より、キャリアシェアプラットフォーム「Career to」のβ版をリリースした。

コンテナ式植物工場(水耕栽培)をグローバル展開するアレスカライフ・テクノロジーズ

「Anyone, Anywhere」という言葉を社内で共有し、誰でもどこでも野菜を作れるシステム・データ・ノウハウの展開を図る株式会社アレスカジャパン。北京・ドバイにもサービスを展開している他、2019年からはコンテナ式植物工場と『Alesca Fresh』が南アフリカでも展開される。「未来の農業」を担い、世界の食料問題を解決するべく奮闘する代表取締役の片桐 規次氏にお話を伺う。 ※この記事は、2019年1月30日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。
- Advertisment -

Featured

人気のタグ

EDITOR'S PICK

ゼロイチのプロダクト実現率25%|STARTUP STUDIO

2020年4月から開始したインキュベーションプログラムスタートSTARTUP STUDIO by Crewwですが、半年が経過しました。改めて「一体スタートアップスタジオは何をやっているのか?」「各プロジェクトはうまく進んでいるのだろうか?」など、現在までの軌跡をまとめて振り返ってみます。

武蔵野大学に日本初の「アントレプレナーシップ学部」が2021年4月開設|伊藤 羊一が学部長に就任!

武蔵野大学は令和3年4月、12番目となる新たな学部「アントレプレナーシップ学部」を武蔵野キャンパスに開設する。日本初となる新学部開設を記念し、11月9日(月)に記者発表会が行われる。学部長には伊藤 羊一が就任し、現役実務家中心の教員により、自ら「ことを成す」人を育てるとしている。

オープンイノベーション促進税制の概要は?スタートアップにもたらすメリットを解説

令和2年度の税制改正で、スタートアップへの出資が一定割合で所得控除される「オープンイノベーション税制」が創設されました。この制度はスタートアップにとってどのようなメリットがあるのでしょうか? 制度の目的や出資するスタートアップの要件とともに、オープンイノベーション促進税制がスタートアップにもたらすメリットについて紹介します。

薬局業界のDXを支援するカケハシが18億円の資金調達を完了

カケハシは、ジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合とSony Innovation Fund by IGV、および既存投資家であるCoral CapitalのCoral Growth、千葉道場2号投資事業有限責任組合、DNX Ventures、Salesforce Venturesを引受先とする第三社割当増資により、総額約18億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、累計調達額は約55億円となる。