12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

スタートアップ(Startup)企業って、どんな企業?

スタートアップ(startup)という言葉は、直訳でいう「始まったばかりの会社」のことではありません。会社の設立年数や規模は関係なく、その定義は様々ですが「イノベーション」に賭けている会社だと考えていいでしょう。イノベーションは、創造的活動による新製品開発、新生産方法、新しいマーケットの開拓など、それが成し遂げられた時の影響は大きく、人々の生活を大きく変えるものです。

スタートアップには、イノベーションのきっかけとなるプロダクトがつきもので、それをつくることができるエンジニアや、然るべき投資を行うベンチャーキャピタルがついてまわります。このことから、スタートアップ=テクノロジーを扱う会社だったり、ベンチャーキャピタルなどから投資を受けている会社だと思う人が多いのですが、必ずしもそうであるとは限りません。

また、ベンチャー企業とも、少し異なります。

今さら聞けないスタートアップとベンチャーの違い

2020年8月26日

スタートアップの成長段階とベンチャーキャピタル


スタートアップには創業からイグジットまで、ステージがあります。シード、アーリー、ミドル、レイターと分けたり、資金調達のラウンドでシリーズA、B、C、と分けたりする場合もあります。

そしてスタートアップに投資を行う会社は、ベンチャーキャピタルと呼ばれます。ベンチャーキャピタルは自分以外の投資家や、事業会社からお金を集め、そのお金を「ファンド」にしてスタートアップ企業に投資していきます。

ベンチャーキャピタルのなかには、起業を支援する「インキュベーター(incubator)」と呼ばれるベンチャーキャピタルもあります。「シードアクセラレーター(seed accelerator)」とも呼ばれる彼らはスタートアップを積極的にサポートすることで、成功の確率を上げようとします。

ここで「イグジット」について説明しましょう。イグジットとは、出口という意味ですが、スタートアップの創業者やベンチャーキャピタルが投資した資金を回収する方法、のことを指します。イグジットの方法として代表的なものは、株式公開(IPO)と、企業買収 (M&A)が挙げられます。

会社の設立者であるファウンダー(founder)、投資家共に、最終的にIPOやM&Aなどを通じた大きなリターンを狙うため、それまでの利益が0であるケースも少なくありません。立ち上げ時に外部の投資家から当座の資金を調達し、ビジネスモデルを模索します。方向性が定まった時点で2度目、3度目の資金調達を繰り返し、最終的なイグジットを目指します。

アメリカではここ10年間のイグジット事例のうち9割がM&Aによるエグジットと言われているため、これまでIPOが主流だった国内のスタートアップのイグジットも企業買収 (M&A)が増えていくのではないかと言われています。

スタートアップが終わるとき

スタートアップがスタートアップでなくなるのは、下記の3つのうちのいずれかであると言えます。

  1. 買収やIPO等の株式公開を経て、投資家は資金を回収する。
  2. スタートアップとしての爆発的な成長が見られなくなり、株式公開の目処もなく、事実上の中小企業に落ち着く。
  3. 撤退する。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント