12.8 C
Japan
火曜日, 8月 3, 2021

DMM.make AKIBA、スタートアップやクリエイターの支援を目的に「note」と連携

合同会社DMM.comは、モノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」がnoteと連携を開始したことを発表した。

この度の連携により、モノづくりやビジネスに挑戦するDMM.make AKIBAの会員※は1年間無料で「noteプレミアム」を利用することが可能である。また、note株式会社が主催する勉強会等にも参加することが出来る。 ※Drop-in会員を除く。
 
さらに、本連携を記念し、来たる9月11日(金)にnote株式会社と共催でスタートアップ向けオンラインセミナーが開催される。noteを活用して継続的に情報発信をするスタートアップ2社をゲストに招き、その活用術を紐解いていく。

DMM.make AKIBAと「note」の連携について

DMM.make AKIBAは、2014年11月に開設したハードウェア開発用に約5億円を投資した機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ、24時間利用可能なコワーキング施設を備えた、新たなモノづくりに挑戦するイノベーターをトータルで支援する事業課題解決型プラットフォームである。

これまでも会員に対し、施設という役割だけでなく、事業提携・オープンイノベーションに向けたマッチング支援や、設計・開発、事業計画、知的財産など各領域におけるプロフェッショナルに相談できる「メイカーズ相談会」の無料提供、PR活動支援などを行っている。

この度は、DMM.make AKIBAでモノづくりやビジネスに挑むスタートアップやクリエイターが各々の活動を発信できる環境を整えるため、“クリエイターを支援する”という同じ想いを持ったnote株式会社の協力の元、無料で「noteプレミアム」を利用できる取り組みを開始した。

既にDMM.make AKIBA公式note(https://note.dmm-make.com/)内のマガジン「STARTUPS」及び「MAKERS」にて会員による投稿が開始されている。今後も会員に向けた包括的なサポート体制を強化する。また、この度DMMの会長兼CEO亀山敬司が代表理事を務める一般社団法人42Tokyoでも同様の取り組みを開始する。

note × DMM.make AKIBAオンラインセミナー 開催概要

【イベント名】 「1から始めるスタートアップのnote発信術 produced by DMM.make AKIBA」

【日時】       2020年9月11日(金) 16:00〜17:20 (予定)

【参加費】    無料

【共催】       合同会社DMM.com(DMM.make AKIBA)/note株式会社

【申込URL】 https://note-akiba-event.peatix.com

【申込期限】 9月11日(金)12:00迄

【形式】       オンラインセミナー ※Peatixより申込をした方に視聴URLを当日までに送信

【内容】
・noteの活用方法
・トークセッション&質疑応答
テーマ① なぜnoteなの?
テーマ② 情報発信を続けるコツは?

【登壇者】
note株式会社 事業開発 高越 温子 氏
ユカイ工学株式会社 デザイナー/ユカイnote大臣 原田 詩織 氏
株式会社 Zaim 執行役員 CCO 綿島 琴美 氏
合同会社DMM.com DMM.make AKIBA コミュニティマネージャー 浅田 七星(モデレーター)
 
※プログラムやスケジュールは変更となる場合がある。

「note」について

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームである。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性が大切にされている。

社名note株式会社
設立2011/12
所在地東京都港区北青山三丁目1番2号 青山セント・シオンビル 4階
代表者加藤 貞顕
URLhttps://note.jp メディアプラットフォーム「note」:https://note.com

DMM.make AKIBAについて

DMM.make AKIBAは2014年に秋葉原に誕生した日本最大級のモノづくり施設を基盤とした事業課題解決型プラットフォームである。

施設は約5億円を投じて揃えたハードウェア開発用機材を備えたモノづくりの拠点「Studio」と、フリーアドレスで使用できるコワーキングスペース、会議室、貸しオフィスを備えたビジネスの拠点「Base」で構成されている。150社以上のスタートアップを含む600社/4,000名以上の会員の他、地方自治体、教育機関、海外機関などと連携しており、国内外に広がるネットワーク・コミュニティを形成している。

施設利用の他に、IoT人材育成研修、モノづくりに特化したコワーキングスペース開設のコンサルティングや各種イベント開催、オープンイノベーションに向けたマッチング支援など、企業・自治体向けのプランも用意されている。施設見学ツアーは無料で参加が可能である。

・ホームページ:https://akiba.dmm-make.com
・note:https://note.dmm-make.com/
・Facebook:https://www.facebook.com/dmm.make.akiba/
・Twitter:https://twitter.com/DMM_make_AKIBA

※「note プレミアム」利用申請はDMM.make AKIBAメールマガジン(https://hs-akiba.dmm-make.com/mailmagazine_reg)より申請可能である。

社名合同会社DMM.com
設立平成11年11月17日
所在地東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー24階資本金
代表者最高経営責任者 亀山 敬司
事業概要デジタルコンテンツ配信事業、通信販売事業、オンラインレンタル事業、インターネット接続事業、オンライン英会話事業、モノづくり支援事業、太陽光発電事業、
URLhttps://www.dmm.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント