12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

商標ノウハウ|売り上げを上げるネーミングの付け方とは

なぜ、商品・サービスにネーミングが必要なのでしょうか?必要である理由は大きく2つあります。「見込み客が他社のサービス・商品と見分けるため」「事業者が見込み客へサービス・商品の内容を伝えるため」。つまり、ネーミングは伝達手段であり、商標となるのです。見込み客から選ばれることは、売り上げに繋がります。なので、ネーミングというものは非常に大切なものになってきます。

今更聞けない「商標」とはどういうものか?

商品やサービスにつけたネーミング(名前)、ロゴマークをさします。他社の商品やサービスと自社の商品・サービスを見分けることができるものです。
・例1 商品「お茶」 商標「伊藤園」→○
・例2 商品「お茶」 商標「お茶」→×
・例3 商品「お茶」 商標「お〜いお茶」→○
商標権は、ネーミングやロゴマークと商品やサービスとを組み合わせたものです。

見込み客から見て、魅力的な「商標」とは

1つ目は「見込み客が得られる体験を表しているもの」です。商標が商品やサービスの内容や特徴を暗に表しているものが魅力のある商標と言えます。例えば、「価格.com」や「ウイルスバスター」など、一捻りした文字ったものや語呂に変化を加えたものが当てはまります。逆に、商品やサービスの内容をそのまま示すもの、「お茶」などの商品名だと「識別力なし」となります。

2つ目は「商品やサービスの効能がわかるもの」。覚えやすく、得られるものが明確だからです。
商標は自社のポジショニング。商標は時として、キャッチコピーよりも協力でSEO対策としても有効です。自社のポジショニングを確立するために以下のポイントおさえることをオススメします。

・見込み客(ターゲット)が誰なのか?
・見込み客がどんな体験を得られるのか
・他社の商品やサービスと比較してどんな特徴があるのか
・何が売り込み(強み)なのか

自社の商標はこれらを表す有効な手段です。ここをおさえておくことで、ピッチの質もあげることができますので、ぜひやってみてください。

【講師プロフィール】
弁理士 加藤 来 
加藤来特許事務所 https://syouhyousienn.jimdofree.com/
1974年9月25日愛知県生まれ、千葉県浦安市在住。1998年 電気通信大学 電気通信学部 電子工学科 卒業。IT企業専門弁理士。
特許業界14年の経験と特許申請(出願)件数1000件以上(代理人記載は330件以上)の実績。商標は約98%の登録率。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント