12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

【2020年保存版】アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて解説

開業して間もない事業者やこれから起業しようと考えている方にとって、アクセラレーターという言葉はなじみ深いと思います。しかし、インキュベーターとの違いはあまり良く知らないかもしれません。「どちらも同じようなもの」と思っている方もいるのではないでしょうか?

この2つはスタートアップを支援するプログラムという共通点がありますが、明確な違いがあります。この記事では、アクセラレーターとインキュベーターの定義や違いについて詳しく紹介しましょう。

アクセラレーターの定義とは?

アクセラレーター(Accelerator)とは、直訳すると「加速するもの」という意味で、シード段階を過ぎたスタートアップ企業を支援する組織のことです。すでに設立した企業を成長させる目的を持ち、大企業や地方自治体がスタートアップに対し出資金やノウハウ、事業スペースなどを提供します。

短期でビジネスを成長させる支援プログラム

アクセラレーターは、数週間から数ヶ月の短期でビジネスを成長させるプログラムを実施。このプログラムでは毎年企業が募集をかけてスタートアップに出資、あるいは協業を行います。

プログラムの内容は出資やメンターなどの人脈紹介、助言、施設の提供のほか、協業のみを行う場合も少なくありません。

支援の目的や対象

アクセラレーターが支援をする目的は立ち上げた事業を短期間で成長させること。対象はシード段階が過ぎたスタートアップです。

ある程度軌道に乗ってきたビジネスを拡大させることが目的のため、投資によって利益を得るベンチャーキャピタルとは異なり、事業運営の自由度が高いのが特徴といえます。

アクセラレーターのメリット

アクセラレーターから支援を受けることは、スタートアップにとって事業を飛躍的に拡大させるチャンスです。それが大きなメリットであることはもちろんですが、スタートアップだけでなく支援する企業や自治体にもメリットがあります。

アクセラレーターは新しい技術や革新的なアイデアを持つ新進気鋭のスタートアップと協業することで、既存事業とは異なる新規事業が展開できます。事業開発のスピードアップを図ることもできるでしょう。旧態依然の社内からはなかなか起こせないイノベーションも、スタートアップとの共創なら可能です。

このようにアクセラレーターは、支援を受けるスタートアップだけでなく、支援する企業・自治体にもメリットがあるものといえるでしょう。

アクセラレータープログラム実施の流れ 

アクセラレータープログラムを実施するにあたってはまず、プログラムの概要が発表され、説明会が開催されます。ビジネスプランの募集が行われますが、大企業などの人気プログラムは応募が殺到し、倍率が100倍を超える場合も少なくありません。

応募には書類選考と面接が行われ、参加できるスタートアップを決定。選考の後は実証試験が行われ、協業へと進めていきます。

アクセラレーターによる支援期間が終了した後にはプレゼンテーションで成果発表を実施。その内容によっては、さらに支援や協業が続けられる可能性もあるでしょう。

アクセラレーターとインキュベーターの定義の違い

アクセラレーターについて理解したあとは、インキュベーターとの違いについて紹介します。

インキュベーターは起業まもないスタートアップを支援

インキュベーター(Incubator)とは、起業まもないスタートアップを支援するものです。アクセラレーターがシード段階を過ぎたスタートアップを数週間〜数ヶ月の短期間で支援するのに対し、インキュベーターにはこのような期間の定めはありません。Incubatorとは「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」という意味があり、まさしく生まれたての会社を長期的に育てることを目的にした支援だからです。

資金を援助するだけでなく、オフィスの提供や税務会計の指導、経営アドバイスの実施など、幅広いサポートが行われます。

支援目的や支援期間も異なる

アクセラレーターの支援目的はビジネスの成長です。しかし、インキュベーターでは「より良いサービスを作り出すためのイノベーション」を目的にしており、そのため支援期間も長期にわたって特に期限がない場合もあります。

支援企業の選定方法の違い

アクセラレーターは先ほども説明したように公募によって選考されるものです。しかし、インキュベーターの場合は交流のある企業などから選ばれることが多く、投資会社であるベンチャーキャピタルや大企業などが運営をしている場合もあります。

スタートアップに適した支援プログラムを活用しよう

アクセラレーターとインキュベーターの定義の違いについて見てきました。目的や支援期間、対象とするスタートアップが異なるなど、両者は異なるものです。

アクセラレーターによる支援はスタートアップだけでなく企業や自治体にも大きなメリットがあり、今後はその数も増えると予想されています。

起業から時間が経ち自社プロダクトや独自のアイデア、サービスを持つ会社の経営者にとってはアクセラレータープログラムを活用することが大きな飛躍のチャンスに。ビジネスプランの募集があれば、ぜひ応募してみてください。大企業と協業し、ビジネスを大きく成長させましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント