12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

コロナの影響で事業成長したスタートアップとは?国内の動向を考察

新型コロナウイルスの拡大は経済にも大きな影響を与え、社会構造を変えるまでになっています。多大な打撃を受けて倒産に追い込まれた企業も数多く、売上や資金調達の減少などスタートアップへの影響も少なくありません。その一方で、大きく成長したスタートアップも存在します。
この記事では、コロナの影響で事業成長したスタートアップに焦点をあてました。その国内の動向について紹介しましょう。

コロナによる国内のスタートアップへの影響

コロナによるスタートアップへの影響は、一般企業と同様に深刻です。世界全体で売上が減少したスタートアップは70%以上にもなり、2020年1月から3月までのベンチャーキャピタルからの資金調達もマイナス20%にまで減少しています。
参照:新型コロナウイルス感染症拡大に伴うスタートアップへの影響調査

国内でのスタートアップは、売上や資金調達でどのような影響を受けているのでしょうか?動向を見ていきましょう。

2020年上半期の動向

国内のスタートアップを対象にした調査では、85%が事業上の影響を受けていると回答。売上が減少したスタートアップは半数以上で、45%が一部も含め事業活動を停止していると回答しています。
参照:新型コロナウイルス感染症拡大に伴うスタートアップへの影響調査

資金調達を実施する企業は減少

2020年の1月から4月までの資金調達に関する調査では、スタートアップに対し資金調達をした企業は前年の同じ時期に比べて全体的に減少しています。

コロナの影響が大きくなる前の1月、2月でも、前年に比べると資金調達する企業は減少。早くから影響が出始めています。

コロナが追い風になって成長したスタートアップ

多くのスタートアップが売上減少などの影響を受ける一方、コロナを追い風として成長したスタートアップも存在します。

三密の状態が生じる対面型のサービスや顧客の外出を伴うサービスなどは軒並み売上が減少。反対に、リモートワーク関連ツールなどオンラインで提供するサービスやヘルスケアの分野などは飛躍的に売上を伸ばしています。

コロナの影響は今後も長引くことが予想され、社会のオンライン化はより加速される傾向です。オンライン社会の流れに乗れるスタートアップは、今後さらに成長していくと考えられるでしょう。

オンライン化の加速で地方の起業家にも好機

社会のオンライン化によって、東京都など都市部と地方の差もなくなってきます。オンラインの交流が主流になることで、地方の起業家が投資先にアピールできる機会も増えるでしょう。

地方からスタートアッププログラムへの参加もできるようになるなど、地方の起業家にとっては大きな好機です。

大都市にいるメリットは少なくなり、どの地域でビジネスを始めても成長するチャンスがあるように社会は変わりつつあります。

コロナの時代に生き抜くスタートアップのあり方

コロナの時代には、変化した社会構造に合わせた事業展開が求められます。withコロナ、afterコロナを生き抜くスタートアップのあり方について見ていきましょう。

社会の変化を見据えて新たな事業を模索

スタートアップを支援する大企業側でも、WEB会議システムを導入してテレワーク化が進むなど、社会の変化を見据えて新たな事業を模索し始めています。

このような企業にとって、イノベーションを生み出せるスタートアップは重要な存在です。成長が期待できるスタートアップへの投資や協業は、今後も続いていくと予想されるでしょう。

新しい価値を生みだすスタートアップは生き残る

コロナの影響は経済だけでなく社会の構造も変えようとしています。withコロナ、afterコロナは、社会の変化に対応し、新しい価値を生み出せる会社が生き残れる時代です。

その先陣を切るのがスタートアップで、活躍の場はたくさんあります。オンライン化が進む社会でこれからのスタートアップに求められるのは、デジタル経済を加速させるサービスです。

デジタルトランスフォーメーションを推進できるスタートアップが、今後成長しやすくなるといえるでしょう。

コロナに対応したサービスの事例

多くの企業がコロナの影響で打撃を受けるなかで、コロナに対応したサービスを提供し、新たな価値を生み出しているスタートアップも少なくありません。多くのスタートアップがテレワークや医療、教育などの分野で活躍しています。一部の事例を見てみましょう。

Hmcomm株式会社によるAI音声自動応答システム

AI(人工知能)を扱うHmcomm株式会社は、在宅勤務を支援するAIオペレーター「Terry」による電話代行サービスを提供しています。
音声処理技術を施したAIが顧客の電話に​自然な会話で受け答え、要件を聞いたり商品の販売を行ったりするなどの対応が可能です。在宅勤務中でも、会社にかかってきた電話の要件をAIが教えてくれます。

FLENS株式会社

FLENS株式会社はネットワークを使った新しい学習スタイルを提供するスタートアップです。コロナウイルス拡大による休校への対応策として、タブレットやスマートフォンを使った「FLENSの在宅学習支援ワンストップパッケージ」を提供。
学習塾に通う生徒たちが、遠隔でも先生から授業や指導を受けられるシステムです。

変化の波に乗って事業を成長させよう

コロナウイルスの拡大は多くのスタートアップにも影響を与えましたが、追い風に乗って成長しているスタートアップもあります。これからは社会の変化に合わせて新しい価値を生み出せるスタートアップが生き残り、成長していくに違いありません。そのようなスタートアップへの投資の動きは弱まることなく、逆に高まっているともいえるでしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント