12.8 C
Japan
日曜日, 11月 29, 2020

スタートアップエコシステムの在り方とは?事例や課題を検証

ベンチャー企業の成長をサポートするネットワークとして広がりを見せるスタートアップエコシステム。国や地方自治体をはじめ、さまざまな取り組みが行われています。今回は、スタートアップエコシステムの在り方や現在の取り組み、課題について紹介しましょう。

スタートアップエコシステムの概要と在り方について

ここでは、スタートアップエコシステムの概要を説明します。さらに、スタートアップエコシステム発祥の地であるアメリカ・シリコンバレーの事例や我が国の現状を通し、その在り方について考えていきましょう。

スタートアップとは

まず、スタートアップとは何かについて確認します。スタートアップとは、イノベーションや新たなビジネスモデルの構築し、短期間で急成長を目指す起業家やその動きを表す言葉。イノベーションと拡張性で成長を続け、課題解決のプロダクトを作り出す存在です。ベンチャーキャピタルや個人投資家が投資する対象であり、新規サービスやビジネスモデルを確立していきます。

スタートアップエコシステムとは

スタートアップエコシステムは大企業や大学の研究機関、公的機関などがネットワークを作り、スタートアップを生み出しながら発展していくシステムです。自然が循環していく生態系に似ていることから、「スタートアップエコシステム」と呼ばれています。

シリコンバレーの事例

スタートアップエコシステムはアメリカのシリコンバレーで生まれた言葉です。シリコンバレーはGoogleやApple、Facebookといった世界的な企業が集まるサンフランシスコのベイエリア一帯を指します。「シリコンバレー」という言葉はベイエリア内のハイテクビジネスを表すものとしても有名です。

シリコンバレーでは自然発生的にエコシステムが形成され、シリコンバレー自体が1つのスタートアップエコシステムになっています。シリアルアントレプレナーと呼ばれる、連続して何度も新しい事業を立ち上げる起業家が多く存在。メンターとなって継続的にスタートアップを生み出す仕組みが確立されています。

スタンフォード大学など世界トップクラスの大学が優れた人材を供給しているのも、シリコンバレーのスタートアップエコシステムが強力なネットワークを築いている理由といえるでしょう。

日本の現状 

日本でもスタートアップエコシステムへの取り組みは本格化しています。政府もスタートアップエコシステム拠点都市の形成に向けた支援を開始。2019年には具体戦略を提示しています。

大企業もオープンイノベーションの取り組みを検討しはじめ、スタートアップへの投資などを積極的に行う企業も少なくありません。これらは、スタートアップエコシステムの環境変化に大きな影響を与えるものといえるでしょう。

スタートアップエコシステムの事例

2019年6月に閣議決定した「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」では、エコシステム拠点都市を形成するため「グローバル拠点都市」と「推進拠点都市」の設置を掲げています。

地方自治体や大学、民間組織によるコンソーシアムの形成を目指すもので、現在行われている主な取り組みを紹介しましょう。

グローバル拠点都市

グローバル拠点都市はシリコンバレーのようなスタートアップエコシステムを整備することを目的に設置。海外からの投資や人材の誘致などを促進するスタートアップエコシステムとして、東京、愛知、大阪、福岡を中心とする4つの都市圏が指定されています。

ここでは、これら4つのグローバル拠点都市で行われている取り組みについて2つの事例を紹介しましょう。

▶︎スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム

国際競争力の強化やスタートアップの創出と成長促進、東京の経済を持続的に発展させることを目的にしたコンソーシアムです。2020年7月現在、大企業や東京大学をはじめ、181の組織が参画しています。

東京都が「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」の設立を発表

2020年1月23日

▶︎大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム

京阪神が連携したコンソーシアムです。京阪神の強みであるバイオ・ヘルスケア・ライフサイエンス・ものづくりや情報通信の分野を中心に、都市の枠を超えてそれぞれの共通点と強みを活かしたエコシステムの構築をめざしています。

推進拠点都市

グローバル拠点都市に準ずる支援を受けられる「推進拠点都市」。札幌、仙台、広島、北九州市という4つの都市が認定を受けています。
ここでは、札幌と仙台が行っている取り組みを見てみましょう。

▶︎札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会 

行政、大学、民間組織などの関係機関が一体となり、それぞれの強みを活かしたエコシステムの形成を目的とする協議会です。札幌・北海道からグローバルで活躍するスタートアップの創出・育成をめざしています。

▶︎仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会

国内外のさまざまな課題解決に貢献するスタートアップを、連続的に生み出すエコシステムを目標にした協議会です。産学官金連携によるスタートアップへの支援を行うほか、スタートアップと支援者が幅広い意見交換を行うプラットフォームを設けて支援を強化していきます。

スタートアップエコシステムの構築は日本の大きな課題

急速な技術の発展や市場の変化により、世界各国で広がりを見せているスタートアップエコシステム。日本でも本格的な取り組みが開始され、自治体や大企業、大学、投資家が結束したスタートアップ支援の動きも活性化しています。まだ始まったばかりであるスタートアップエコシステムのさらなる構築が、これからの日本における大きな課題です。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。