12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

大手企業とスタートアップの協業メリットデメリットとは?協業についても解説

近年、大手企業を中心にスタートアップ企業などと協業するオープンイノベーション事例が増えてきました。そこで、スタートアップを立ち上げたばかりの方は自分たちも大手と協業するべきか悩んでいるかもしれません。
そこで、この記事ではスタートアップが協業という道を選ぶことのメリットやデメリットを解説します。そもそも、協業とは一体どういうことなのかについても説明しているので、ぜひ参考にしてください。

そもそも協業とは

まず、「協業」という用語にあまり馴染みのない方もいるかもしれません。ここでは協業の意味や目的について解説します。

協業は企業同士の協力関係

労働者が協力して作業するという意味の他に、協業には企業同士が連携してビジネスを進めるという意味もあります。この記事で取り上げるのは後者の意味です。

なお、競業という用語もありますが、こちらは企業同士が営業において競い合うことを示すので正反対の意味になることに注意してください。

提携も協業のひとつといえる

協業のことをビジネスアライアンス(business alliance)と呼ぶこともあります。しかし、アライアンスというと「提携」という言葉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、「提携」も協業の一種といえます。そのため、A社とB社が業務提携を結んだというニュースを目にしたら、2社が協業していると考えて良いでしょう。

大企業がスタートアップと協業する目的

一般的に、大企業は新規事業立ち上げや既存事業をデジタルを活用して改善する(DX)ことを目的にスタートアップと協業します。そして新規事業立ち上げに主な方法がオープンイノベーションです。

経済産業省は令和2年度税制改正でオープンイノベーション促進税制を創設しました。これにより、2020年4月1日から2022年3月31日まで、スタートアップ企業とのオープンイノベーションに向けてスタートアップ企業の新規発行株式を一定額以上取得すると、株式取得価額の25%分を所得から控除することが可能です。

今後ますますスタートアップとの協業を模索する大企業が増えていくでしょう。一方、スタートアップ側にはどのようなメリットデメリットがあるのか、次から解説していきます。

スタートアップ側のメリット

スタートアップ側のメリットは主に以下2点です。

ビジネス基盤を強化できる

スタートアップを立ち上げたばかりの時は、どうしてもヒト・モノ・カネといった経営資源が不足しがちです。その点、大企業はいずれも豊富に有しています。

つまり、スタートアップは大企業と協業することで、資金集めなどの心配をせずに商品開発などに集中することができるということです。

大企業とのシナジー効果が期待できる

シナジー効果とは、複数の企業が協力して得られる相乗効果のことです。例えば、スタートアップは大企業と協業することで大手の知名度を活用することができ、大企業側もスタートアップが持つ専門技術を活用することができます。このシナジー効果は大きなメリットです。

スタートアップ側のデメリット

協業にはメリットだけでなく、次のようなデメリットもあるので注意しましょう。

相手企業と対等になれない可能性

スタートアップと大企業の協業の場合、スタートアップ側が大企業から出資してもらうケースも多いです。そのため、形式上は対等な提携であっても、スタートアップ側の意見が優先されず、大企業から言われるがままに業務を進めることにもなりかねません。

協業を決める前に、大企業側がスタートアップのことを単なる「下請け」と扱おうとしていないか、事前に探りを入れておくことが大切です。

斬新なアイディアが生まれなくなる

スタートアップはできたばかりで組織の慣習に縛られていないため、斬新なアイディアが生まれやすい点がメリットのひとつです。しかし、上記のように相手側と対等な立場になれないと萎縮してしまい大企業が求めるものだけを開発しようとしてしまいます。

たとえ相手側企業の担当者がスタートアップ側に前向きだったとしても、大企業の場合に至るプロセスが長いことも多く、その間に案が否決されてしまう可能性も高いです。

ゴールを意識して協業を検討する

スタートアップは大企業と協業することで、大きな経営資源を得ることができます。しかしその一方で、相手の大きさに萎縮し対等な立場を築き上げることができなければ、大企業から求められたことを淡々とこなす下請け企業にもなりかねません。

大企業との協業を検討し始めているスタートアップの経営者の方は、あらためて自分たちが目指すゴールがどこなのかを考えてみてはいかがでしょうか。そこで、自社が開発したい商品や提供したいサービスには、大企業が持つヒト・モノ・カネが必要不可欠というのであれば、協業は目的達成への大きな足掛かりとなるはずです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント