12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

大手企業とスタートアップの協業メリットデメリットとは?協業についても解説

近年、大手企業を中心にスタートアップ企業などと協業するオープンイノベーション事例が増えてきました。そこで、スタートアップを立ち上げたばかりの方は自分たちも大手と協業するべきか悩んでいるかもしれません。
そこで、この記事ではスタートアップが協業という道を選ぶことのメリットやデメリットを解説します。そもそも、協業とは一体どういうことなのかについても説明しているので、ぜひ参考にしてください。

そもそも協業とは

まず、「協業」という用語にあまり馴染みのない方もいるかもしれません。ここでは協業の意味や目的について解説します。

協業は企業同士の協力関係

労働者が協力して作業するという意味の他に、協業には企業同士が連携してビジネスを進めるという意味もあります。この記事で取り上げるのは後者の意味です。

なお、競業という用語もありますが、こちらは企業同士が営業において競い合うことを示すので正反対の意味になることに注意してください。

提携も協業のひとつといえる

協業のことをビジネスアライアンス(business alliance)と呼ぶこともあります。しかし、アライアンスというと「提携」という言葉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、「提携」も協業の一種といえます。そのため、A社とB社が業務提携を結んだというニュースを目にしたら、2社が協業していると考えて良いでしょう。

大企業がスタートアップと協業する目的

一般的に、大企業は新規事業立ち上げや既存事業をデジタルを活用して改善する(DX)ことを目的にスタートアップと協業します。そして新規事業立ち上げに主な方法がオープンイノベーションです。

経済産業省は令和2年度税制改正でオープンイノベーション促進税制を創設しました。これにより、2020年4月1日から2022年3月31日まで、スタートアップ企業とのオープンイノベーションに向けてスタートアップ企業の新規発行株式を一定額以上取得すると、株式取得価額の25%分を所得から控除することが可能です。

今後ますますスタートアップとの協業を模索する大企業が増えていくでしょう。一方、スタートアップ側にはどのようなメリットデメリットがあるのか、次から解説していきます。

スタートアップ側のメリット

スタートアップ側のメリットは主に以下2点です。

ビジネス基盤を強化できる

スタートアップを立ち上げたばかりの時は、どうしてもヒト・モノ・カネといった経営資源が不足しがちです。その点、大企業はいずれも豊富に有しています。

つまり、スタートアップは大企業と協業することで、資金集めなどの心配をせずに商品開発などに集中することができるということです。

大企業とのシナジー効果が期待できる

シナジー効果とは、複数の企業が協力して得られる相乗効果のことです。例えば、スタートアップは大企業と協業することで大手の知名度を活用することができ、大企業側もスタートアップが持つ専門技術を活用することができます。このシナジー効果は大きなメリットです。

スタートアップ側のデメリット

協業にはメリットだけでなく、次のようなデメリットもあるので注意しましょう。

相手企業と対等になれない可能性

スタートアップと大企業の協業の場合、スタートアップ側が大企業から出資してもらうケースも多いです。そのため、形式上は対等な提携であっても、スタートアップ側の意見が優先されず、大企業から言われるがままに業務を進めることにもなりかねません。

協業を決める前に、大企業側がスタートアップのことを単なる「下請け」と扱おうとしていないか、事前に探りを入れておくことが大切です。

斬新なアイディアが生まれなくなる

スタートアップはできたばかりで組織の慣習に縛られていないため、斬新なアイディアが生まれやすい点がメリットのひとつです。しかし、上記のように相手側と対等な立場になれないと萎縮してしまい大企業が求めるものだけを開発しようとしてしまいます。

たとえ相手側企業の担当者がスタートアップ側に前向きだったとしても、大企業の場合に至るプロセスが長いことも多く、その間に案が否決されてしまう可能性も高いです。

ゴールを意識して協業を検討する

スタートアップは大企業と協業することで、大きな経営資源を得ることができます。しかしその一方で、相手の大きさに萎縮し対等な立場を築き上げることができなければ、大企業から求められたことを淡々とこなす下請け企業にもなりかねません。

大企業との協業を検討し始めているスタートアップの経営者の方は、あらためて自分たちが目指すゴールがどこなのかを考えてみてはいかがでしょうか。そこで、自社が開発したい商品や提供したいサービスには、大企業が持つヒト・モノ・カネが必要不可欠というのであれば、協業は目的達成への大きな足掛かりとなるはずです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント