12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

スポーツビジネスにチャレンジするスタートアップ企業等を応援する「埼玉 Sports Start-up(SSS)」伴走支援対象者が決定

埼玉県と公益財団法人埼玉県産業振興公社では、スポーツやその周辺領域でビジネスアイデアの事業化やその事業の拡大を目指すスタートアップ企業等を支援する『埼玉 Sports Start-up(SSS)』を実施し、今年で3年目になります。

2020年8月17日からプロスポーツクラブ・球団が提示する課題の解決に資するビジネスアイデア・プランの募集を開始し、審査により選抜されたスタートアップ企業等への各種支援(協業案のブラッシュアップや・先輩起業家等によるメンタリング・テストマーケティング等)を実施してきました。

2020年11月12日に複数回の審査により選抜された方々によるプレゼンテーション審査を実施し、浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズとの協業に向けた伴走支援対象者4社が決定しました。
ここでは、伴走支援対象者に採択されたスタートアップ企業4社を紹介していきます。

また、越谷アルファーズとの協業に向けて10社が伴走支援中であり、うち3社が実証実験をスタートしました。
ここでは、実証実験をスタートしたスタートアップ企業3社を紹介していきます。

『埼玉 Sports Start-up(SSS)』とは

『埼玉 Sports Start-up(SSS)』は、県内に本拠地を構えるプロスポーツクラブ・球団(浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズ、越谷アルファーズ)から提供いただいた課題を募集テーマとし、公募により選抜された有望なプランやアイデアを有するスタートアップ企業等が、先輩起業家や専門家による助言や伴走支援などを受け、プロスポーツクラブ・球団が提示する課題の解決に取り組んでいきます。

プロスポーツクラブ・球団との協業に向けた伴走支援を受けるスタートアップ企業4社

2020年11月12日に浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズとの協業に向けた伴走支援対象者を決定するためのプレゼンテーション審査を実施しました。プレゼンテーション審査には10社のスタートアップ企業が進出し、以下4社を伴走支援対象者として決定しました。

株式会社オクリー 代表取締役 山口諒真 氏【東京都】
あこがれの選手からのビデオメッセージを届けるサービスを活用し、コアファンのエンゲージメントを高め、スタジアムへの動員数増加につなげる。

株式会社ギフティ 北本優葉 氏【東京都】
地域とスポーツチームを結ぶ電子ギフト・電子スタンプを用いた新たな地域通貨により、新規顧客を送客。

株式会社バカン 山口笙 氏【東京都】
AI・IoT を活用し、スタジアム内の全ての施設の混雑状況を可視化することで、コロナ禍でも安全で快適な試合観戦を実現。

ゲームテクター株式会社(旧:RIM株式会社) 代表取締役 新井晶也 氏【埼玉県】
オンライン上でのゲーム大会を通じた新規ファンの獲得と、ファンミーティング開催を通じたファン満足度のさらなる向上。

プロスポーツクラブとの実証実験をスタートしたスタートアップ企業3社

越谷アルファーズとの協業に向けて10社が伴走支援中であり、うち3社が実証実験をスタートしました。

株式会社コミュニティネット 代表取締役 今井 房子氏 【埼玉県】
自社開発の【e-Grow】を活用し、越谷市内の幼稚園に通う園児と保護者が越谷アルファーズさんと繋がる仕組みを作ります。
コミュニケーションツール【e-Grow】は、子ども達の「豊かな育ち」を支えるプラットフォームです。

株式会社フーモア 漫画事業部 部長 井本 洋平氏 【東京都】
 「スポーツ×エンタメで新規ファンと価値の創出」を目指して今回は、越谷アルファーズの選手を使ったLINEスタンプを作成・販売。今後は越谷アルファーズを舞台にしたショートストーリー漫画の展開、拡散し新規ファンの獲得を目指します。

リアルワールドゲームス株式会社 代表取締役社長 清古 貴史氏【東京都】
歩いて運動不足解消を解消できるアプリ「アルファーズウォーク」の実証実験を開始しました。歩いてスポットに行き、チェックインすると、選手の写真がコレクションできます。コレクションした選手の写真を集めてスタジアムに観戦に行くと非売品のプレゼントがもらえる実証実験を実施しました。

伴走支援対象者とのビジネスマッチングの機会として

▶︎「埼玉 Sports Start-up 成果発表会」について

「埼玉 Sports Start-up」はスタートアップ企業等とプロスポーツチーム等の連携・協業により、新しいスポーツビジネスを創出することを目的とした伴走支援プログラムです。本プログラムは2018年から3か年で実施し、最終年である今年は伴走支援を受けたスタートアップ企業等がこれまでの成果を発表する場として、「埼玉 Sports Start-up 成果発表会」を開催します。

【日時】2021年2月3日(水)14:00~17:00
【会場】オンラインで配信します。
【参加費】無料
【参加対象者】
スポーツチーム、スポーツ関連企業、創業・ベンチャー支援機関、金融機関、ベンチャーキャピタル、マスコミ、スポーツビジネスに興味のある方等

【参加申込方法】
参加ご希望の方は前日までに下記URLからお申し込みください。
https://eventregist.com/e/saitama-sports-start-up200203

また、2021年2月24日から26日までの期間に開催が予定されている第4回 Japan Sports Week(スポーツビジネス産業展)において、伴走支援対象者(過年度含む)がブース出展します。詳細につきましては、埼玉県ホームページに随時、公開していく予定ですので、ぜひご覧ください。
埼玉県産業支援課ホームページ http://www.pref.saitama.lg.jp/a0803/iltp.html

プロスポーツチームと連携する埼玉県のオープンイノベーション

プロスポーツチームと連携する埼玉県のオープンイノベーション

2020年8月28日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント