12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

フードテック「食べチョク」が、音声SNS「Clubhouse」で農家漁師の井戸端会議を毎日配信

国内産直ECサイトNo.1の「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは音声SNS「Clubhouse」にて食べチョク代表の秋元里奈、または食べチョクスタッフによる『農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス』を毎日配信します。生産現場の実情や各地域の特性、旬の食材や美味しい食べ方などを生産者とともに配信していく予定です。話者(スピーカー)は食べチョクへの登録・出品の有無に関わらず、生産者であればどなたでも参加できます。

※ECサイトNo.1について
12社の産直ECサイト(生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト)の中で、「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得

「農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス」 とは

配信の概要

音声SNS「Clubhouse」で食べチョク代表の秋元里奈、または食べチョクスタッフが農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス」を毎日配信。生産現場の実情や各地域の特性、旬の食材や美味しい食べ方などを生産者とともに配信していく予定です。話者(スピーカー)は食べチョクへの登録・出品の有無に関わらず、生産者であればどなたでも参加できます。

気楽に生産者や消費者が集まり、お互いを身近に感じながらカジュアルに話す場を作りたいという想いを込めて『農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス』と名付けました。

直近の配信日程

2月1日(月) 20:30〜
2月2日(火) 20:00〜
2月3日(水) 21:30〜
2月4日(木) 20:00〜
2月5日(金) 20:00〜

※毎日30分〜2時間ほどライブ配信する予定です。
※2月6日(土)以降のスケジュールは随時設定します。
※時間は急遽変更する可能性があります。

参加方法

食べチョク代表秋元里奈のアカウント(@akirinaをフォローした方に、配信の通知が届きます。
(音声SNS「Clubhouse」のアカウント保有者のみ参加可能。)

Clubhouseによる配信の目的

生産現場の声を発信し、一次産業への理解促進と生産者のファン作りに貢献

1月28日(木)から3日間にわたり、食べチョクは音声SNS「Clubhouse」で「生産者さんと話す部屋」を運営してきました。
そこでは生産者の自己紹介や、生産現場の実情や悩み、各地域の特性、生産のこだわりなどを発信し、毎度100人以上の方に聴いていただいています。
食は誰にとっても身近なものにも関わらず、今まで生産者の声を生で聞く機会がなかなかありませんでした。『農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス』を通して、生産者の声を日常的に配信することが、一次産業への理解促進や生産者のファン作りに繋がると考えています。

全国の生産者同士のオンラインでの繋がり作りを促進

これまで食べチョクは、食べチョクに登録している生産者限定でオンラインの学び合いの場「食べチョク学校」を運営してきました。「Clubhouse」を活用することで食べチョクへの登録・出品の有無に関わらず、生産者の繋がり作りを促進できると考えています。

参加者の声

生産者/話者(スピーカー)

・ハナウタカジツ 片山さん(熊本県、柑橘農家)
https://www.tabechoku.com/producers/22287

農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス』 は、講演を聞くというよりも、参加者同士のやりとりの臨場感があり楽しいです。
全国各地の生産者さんとも繋がることができるため、これまで黙々と行なっていた果物の箱詰めも「Clubhouse」で話しながらやると、あっという間に進むようになりました。 音声のみのアプリなので、顔を出すプレッシャーもなく参加しやすいです。
それから「Clubhouse」はPR下手な生産者さんのプレゼンスキルの向上にも繋がると考えています。自分たちのことを知らない人に対してわかりやすく短く話をまとめる練習になるのではないでしょう。

・YOZEFARM 後藤さん(栃木県、アスパラ農家)
https://www.tabechoku.com/producers/20262

もともと交流があったとしても「Clubhouse」だとより身近に、そしてフランクに話ができ、いっそう親近感がわくように感じます。
また、農業や漁業に関心があるけど、なかなか生産者と交流のきっかけがないような方にとっても気軽に交流するきっかけになるような場としても期待できそうです。

聴者

『農家漁師の井戸端会議 #食べチョクハウス』 参加者の方のTwitter投稿

食べチョクが行っている「生産と消費の距離を近づける取り組み」の実施事例

全国の生産者同士をつなぐ取り組み 

・食べチョク学校
食べチョクに登録している生産者のみが参加できるオンライン学校です。
食べチョクでの直販につながるノウハウ勉強会や、ゲストをお呼びしたオンライン交流会などを定期的に実施しています。 過去20回以上の勉強会や交流会を実施し、多いときには1回につき100人以上の全国の生産者が参加しています。

全国の生産者と消費者をつなぐ取り組み

オンラインイベント
生産者が農場から中継し、葉っぱや房がついたみかんやトマトを使った「オンライン農業体験」や、味噌づくりや納豆づくりがキットから簡単にできる「オンライン手作り体験」。そして、生産者と直接つなぎながら直伝レシピを学ぶ「オンライン料理教室」を運営しています。

食べチョク代表 秋元里奈について 

■略歴
神奈川県相模原市の野菜農家に生まれる。 慶應義塾大学理工学部を卒業した後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリのマーケティング責任者に就任し合計4部署を経験。
2016年11月に農業分野の課題に直面し株式会社ビビッドガーデンを創業。
2017年5月にこだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」を立ち上げる。リリース3年で認知度/利用率No.1の生産者特化ECに成長。
2019年9月と2020年4月にフジテレビ系列「セブンルール」に出演。2020年4月にアジアを代表する30歳未満の30人「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出。
2020年9月よりTBSのニュース番組「Nスタ」の水曜レギュラーコメンテーター。オンオフ問わず365日24時間着ている「食べチョクTシャツ」がトレードマーク。

■受賞歴
2019年8月:Forbes JAPANの「30 UNDER 30 JAPAN 2019(日本を代表し世界を変えていく30歳未満の30人)」
2019年10月:「EY Winning Women 2019」ファイナリスト
2020年4月:Forbesの「Forbes 30 Under 30 Asia 2020(アジアを代表する30歳未満の30人)」
2020年12月:「第8回Webグランプリ Web人部門」Web人賞​

■SNSリンク
Twitter:https://twitter.com/aki_rina
Instagram:https://www.instagram.com/akirina.v_v

食べチョクについて

⾷べチョクは、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できるオンライン直売所です。
12社の産直ECサイト(※)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1を獲得しています。
野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っています。

また好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。

友達と分けあえる「共同購⼊の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い⽅を提供しています。2020年11⽉には登録⽣産者数3,000軒を突破し、17,000品を超えるこだわりの逸品が出品されています。

・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/

(※)産直ECサイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト

ビビッドガーデン

代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、法人向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント