12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

スタートアップ必見!アクセラレータープログラムの活用例を紹介

スタートアップ企業の成功に欠かせないアクセラレータープログラム。聞いたことはあっても、具体的な内容や、どのように活用すれば良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか。
今回はアクセラレータープログラムの具体的な活用例と、実際にあった成功事例をご紹介します。
目次
・アクセラレータープログラムとは?
・アクセラレータープログラムの活用例3つ
・アクセラレータープログラムの活用事例を紹介
・アクセラレータープログラムは事業成功の鍵

アクセラレータープログラムとは?

アクセラレーターとは、スタートアップ企業に対して投資やリソース支援、経営ノウハウの指導などのサポートを行い、事業成長を促進させる組織のこと。スタートアップ企業の事業を促進させることで、自社のビジネスを拡大させることが目的です。

そして、それらの支援プログラムをアクセラレータ―プログラムと呼びます。

アクセラレータープログラムの活用例3つ

アクセラレータ―プログラムの具体的な活用例には「オープンイノベーションの成功」「地域の活性化」「事業の活性化」の3つがあります。それぞれ詳しく見てみましょう。

オープンイノベーションの成功

オープンイノベーションとは、自社や他社、地方自治体、大学など、それぞれの業種や分野が持つ技術やアイデア、ノウハウなどを出し合い、協力し合うことで新たな製品やサービスを開発することです。

近年、これまでの日本の経営の基本であったヒエラルキー型は機能しなくなってきました。さらに、海外のテクノロジー企業も強さを発揮してきています。日本も大手企業とスタートアップ企業がそれぞれの強みを出し合い、手を組むことで共に成長するスタイルに変わってきているのです。

そこで、大手企業とスタートアップ企業がそれぞれ対等な関係を結ぶことができる「オープンイノベーション」が注目されています。そして、オープンイノベーションを成功させるには、まず大手企業とスタートアップ企業が出会うためのアクセラレータ―プログラムが欠かせません。

地域の活性化

地方自治体や地方の企業が、地域の課題解決を目的として、アクセラレータ―プログラムを利用することが近年増えています。

とくに、2020年の新型コロナウィルスの流行によって、その傾向は強くなってきました。例としては、緊急事態宣言の発表により、外出が難しくなった人々に対して「リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験」をテーマに、京急電鉄がアクセラレータ―プログラムを開催しています。

事業の活性化

アクセラレータ―プログラムは、事業の活性化を図る際にも活用可能です。スタートアップ企業は、軌道に乗るまで資金が足りなくなりがち。また、経営のノウハウもまだあまりない状態なので、その点を大企業が支援することで活性化を図ることができるのです。

主催企業の活性化にも効果的

アクセラレータ―プログラムは、主催側と支援を受ける側、お互いに新しいアイデアや技術が入ってくるので、支援を受けるスタートアップ企業だけではなく、主催側の企業にも活性化の効果があります。

アクセラレータープログラムの活用事例を紹介

実際のアクセラレータ―プログラムの活用事例を紹介します。アクセラレータ―プログラムへの参加する際の参考にしてみてください。

Creww×関東経済産業局のオープンイノベーション事例

2020年に、関東経済産業局Creww(クルー)株式会社が「REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020」を開催。このアクセラレータ―プログラムでは、三友プラントサービス株式会社、シナノケンシ株式会社、大塚産業マテリアル株式会社の3つの企業が、自社のリソースの見直しを目標に、協業可能なスタートアップ企業を募りました。

各企業とも、50年以上の長い歴史の中で培った豊富なノウハウがあり、スタートアップ企業をしっかりとサポートしてくれるので、お互い大きく成長できるでしょう。

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

2020年11月26日

Creww×浜松市のオープンイノベーション事例

静岡県浜松市のものづくり企業が、地域産業の活性化を目的として、Creww株式会社と合同で開催した「浜松アクセラレータ―2020」。

二輪車用クラッチでは世界トップシェアを誇る株式会社エフ・シー・シーなど、浜松は元より日本を代表する企業が参加しています。

三菱地所アクセラレータープログラムの事例

三菱地所は、まちづくりに新たな「可能性」と「革新」を起こすことを目標に、アクセラレータープログラムを開催しています。

世界的な大企業である三菱がアクセラレータ―になることで、スタートアップ企業は大きなスタートダッシュを切ることができるでしょう。

実際に2020年に参加したAIカメラに特化した企業であるAWLは、三菱地所の支援を受けて開発を加速させています。

物流テックスタートアップ「PacPort」が採択!|三菱地所アクセラレータープログラム 2020

2021年2月4日

アクセラレータープログラムは事業成功の鍵

スタートアップ企業が大企業や地方自治体などの支援を受けて、企業成長を加速させることができるアクセラレータープログラム。

資金やノウハウが少ないスタートアップ企業が、成長するためには欠かせないプログラムです。また、主催側も新しいアイデアを得ることで、革新を図ることができます。そのため、アクセラレータープログラムは、主催側も支援を受ける側も、企業を成長させられる大きな鍵なのです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント