12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

スタートアップ必見!アクセラレータープログラムの活用例を紹介

スタートアップ企業の成功に欠かせないアクセラレータープログラム。聞いたことはあっても、具体的な内容や、どのように活用すれば良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか。
今回はアクセラレータープログラムの具体的な活用例と、実際にあった成功事例をご紹介します。
目次
・アクセラレータープログラムとは?
・アクセラレータープログラムの活用例3つ
・アクセラレータープログラムの活用事例を紹介
・アクセラレータープログラムは事業成功の鍵

アクセラレータープログラムとは?

アクセラレーターとは、スタートアップ企業に対して投資やリソース支援、経営ノウハウの指導などのサポートを行い、事業成長を促進させる組織のこと。スタートアップ企業の事業を促進させることで、自社のビジネスを拡大させることが目的です。

そして、それらの支援プログラムをアクセラレータ―プログラムと呼びます。

アクセラレータープログラムの活用例3つ

アクセラレータ―プログラムの具体的な活用例には「オープンイノベーションの成功」「地域の活性化」「事業の活性化」の3つがあります。それぞれ詳しく見てみましょう。

オープンイノベーションの成功

オープンイノベーションとは、自社や他社、地方自治体、大学など、それぞれの業種や分野が持つ技術やアイデア、ノウハウなどを出し合い、協力し合うことで新たな製品やサービスを開発することです。

近年、これまでの日本の経営の基本であったヒエラルキー型は機能しなくなってきました。さらに、海外のテクノロジー企業も強さを発揮してきています。日本も大手企業とスタートアップ企業がそれぞれの強みを出し合い、手を組むことで共に成長するスタイルに変わってきているのです。

そこで、大手企業とスタートアップ企業がそれぞれ対等な関係を結ぶことができる「オープンイノベーション」が注目されています。そして、オープンイノベーションを成功させるには、まず大手企業とスタートアップ企業が出会うためのアクセラレータ―プログラムが欠かせません。

地域の活性化

地方自治体や地方の企業が、地域の課題解決を目的として、アクセラレータ―プログラムを利用することが近年増えています。

とくに、2020年の新型コロナウィルスの流行によって、その傾向は強くなってきました。例としては、緊急事態宣言の発表により、外出が難しくなった人々に対して「リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験」をテーマに、京急電鉄がアクセラレータ―プログラムを開催しています。

事業の活性化

アクセラレータ―プログラムは、事業の活性化を図る際にも活用可能です。スタートアップ企業は、軌道に乗るまで資金が足りなくなりがち。また、経営のノウハウもまだあまりない状態なので、その点を大企業が支援することで活性化を図ることができるのです。

主催企業の活性化にも効果的

アクセラレータ―プログラムは、主催側と支援を受ける側、お互いに新しいアイデアや技術が入ってくるので、支援を受けるスタートアップ企業だけではなく、主催側の企業にも活性化の効果があります。

アクセラレータープログラムの活用事例を紹介

実際のアクセラレータ―プログラムの活用事例を紹介します。アクセラレータ―プログラムへの参加する際の参考にしてみてください。

Creww×関東経済産業局のオープンイノベーション事例

2020年に、関東経済産業局Creww(クルー)株式会社が「REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020」を開催。このアクセラレータ―プログラムでは、三友プラントサービス株式会社、シナノケンシ株式会社、大塚産業マテリアル株式会社の3つの企業が、自社のリソースの見直しを目標に、協業可能なスタートアップ企業を募りました。

各企業とも、50年以上の長い歴史の中で培った豊富なノウハウがあり、スタートアップ企業をしっかりとサポートしてくれるので、お互い大きく成長できるでしょう。

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

2020年11月26日

Creww×浜松市のオープンイノベーション事例

静岡県浜松市のものづくり企業が、地域産業の活性化を目的として、Creww株式会社と合同で開催した「浜松アクセラレータ―2020」。

二輪車用クラッチでは世界トップシェアを誇る株式会社エフ・シー・シーなど、浜松は元より日本を代表する企業が参加しています。

三菱地所アクセラレータープログラムの事例

三菱地所は、まちづくりに新たな「可能性」と「革新」を起こすことを目標に、アクセラレータープログラムを開催しています。

世界的な大企業である三菱がアクセラレータ―になることで、スタートアップ企業は大きなスタートダッシュを切ることができるでしょう。

実際に2020年に参加したAIカメラに特化した企業であるAWLは、三菱地所の支援を受けて開発を加速させています。

物流テックスタートアップ「PacPort」が採択!|三菱地所アクセラレータープログラム 2020

2021年2月4日

アクセラレータープログラムは事業成功の鍵

スタートアップ企業が大企業や地方自治体などの支援を受けて、企業成長を加速させることができるアクセラレータープログラム。

資金やノウハウが少ないスタートアップ企業が、成長するためには欠かせないプログラムです。また、主催側も新しいアイデアを得ることで、革新を図ることができます。そのため、アクセラレータープログラムは、主催側も支援を受ける側も、企業を成長させられる大きな鍵なのです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント