12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

新規事業の起業仲間の仲間集めの方法とは?メンバー募集の仕方も解説

新規事業を立ち上げる際には起業仲間を集めることが必要です。今回は新しいビジネスを始める場合のメンバー募集の方法について解説をしていきます。これから新規事業をスタートさせる方はぜひ、本記事を参考にしてください。
目次
・本業を辞めずに新規事業を起業する方法
・新規事業で起業仲間を集める方法
・新規事業で起業仲間を集めた実例
・新規事業には優秀な起業仲間が必要

本業を辞めずに新規事業を起業する方法

近年では政府の後押しもあり、本業を続けたまま新規事業を立ち上げる人も増えてきました。ここでは、本業を辞めずに新しいビジネスを始める方法について解説をしていきます。

出向起業

出向起業とは新規事業に挑戦できる環境やチャンスが得られにくい大企業などで働いている人が、勤務している会社の通常業務から離れて新規事業を開始させる取り組みのことです。経済産業省が「出向起業等創出支援事業」を創設。令和3年度「大企業人材等新規事業創造支援事業費補助金」に基づき、出向起業を活用して新規事業開発を行う人に対し、事業開発活動費用の一部を補助しています。

週末起業

週末起業とは会社員として勤務しながら、自分のビジネスアイデアを活かして週末だけ起業することです。新型コロナの感染拡大によりテレワークが浸透したことから、副業を始める人も多くなりました。

しかし、自分の能力を発揮してビジネスを始めるのは副業だけではありません。自分でビジネスを構築して起業するという方法があります。しかし、いきなり会社を退職することはかなり勇気がいるものです。週末だけ自分のビジネスをする週末起業ならば、チャレンジしやすくハードルが高くありません

新規事業で起業仲間を集める方法

新規事業を成功させるためには、優れた企業仲間を集めることが重要です。ここでは、新規事業で企業仲間を見つける方法について解説をしていきます。

起業仲間を見つける際の注意点

新規事業を成功させるために必要な起業仲間の集め方の注意点は下記の通りです。

.   現在持っている想いや将来像を共有できるかどうか
.   良い結果を得るために苦労をいとわない覚悟があるのか
.   新規事業で起業仲間を集めた実例
.   自分にはない長所やスキルを持ち合わせているかどうか

起業仲間を探す方法

近年では複業したい人と企業をつなぐプラットフォームがたくさん展開されています。ここでは、特にオススメのサービスについていくつかご紹介をしていきましょう。

複業クラウド

即戦力となる複業人材が豊富。データベースの中から気になるタレントに直接コンタクトできる業界初のサービスです。成功報酬も一切無料なのがメリット。タレントも企業の求人に直接エントリーできるため、多忙な人でも条件に合った人材を見つけられます。

Gaiax スタートアップスタジオ

出資、事業開発、エンジニアリング、バックオフィスの支援も行うサービス。サポート体制がしっかりしており、初めて起業する場合でも心強いのがメリットです。アイデアの構想段階から起業後の資金計画、パートナー探しなども相談することができます。

yenta

yentaでは多種多様な業界の人と出会って刺激的なつながりを増やせるのがメリット。条件にマッチした候補者に出会えて転職や採用を決められます。受注・協業・提携などのパートナー探しに最適のサービスです。

ocosba

ocosba(オコスバ)は、起業や複業仲間を探すユーザー、優秀なメンバーを見つけたいスタートアップチームと、スキルを活かしたいユーザーがつながるマッチングプラットフォームです。マッチングだけでなく、リリースの告知やテスターの募集なども実施できます。

Anycrew

Anycrewは仕事での人脈に基づいたフリーランス・副業・複業のためのマッチングサービスです。FacebookやAnycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、仕事の依頼先を選べます。面接や職務経歴書より、フランクにあなたの実力を伝えられるのがメリットです。

Teamlancer

テーマを持ったメンバーが集まるチームでは、メンバーの募集やチーム活動PR、イベント告知ができます。新規事業などゴールの設定があるプロジェクトでは、職種を指定してメンバーやチームのスポット的な募集もサービスの範囲内です。

Unist

いいね!を押すだけで気軽にマッチングできる画期的なサービスです。アプリ開発、動画投稿、アフィリエイト、店舗運営、コンサルティングなど幅広い分野で起業仲間を探せます。

スタートアップスタジオbyCreww

スタートアップスタジオby Crewwは、様々な事業の「ゼロイチ」に出会えるプラットフォームです。プロジェクトに共感してくれるメンバーを募集することができます。

新規事業で起業仲間を集めた実例

ここでは現在のCEOが、実際に新規事業を行う際に仲間を集めた事例についてご紹介をしていきます。

グッドパッチ

共同創業者に去られた後1人になってしまった状態を助けてくれた人が創業メンバー。大阪の同じWeb制作会社で働いていた仲間でした。まだ給料も払える状態ではなかったがOKしてくれた方です。

ChatWork

最初のメンバーとして誘ったのはCEOの弟。情報工学系の大学に通い技術的な知識を持ち合わせていたからです。兄弟、親戚、友人、同級生など自分の身近にいる人から人材を集めていくのも1つの方法。やりたいことがあれば人は集まるという理念を持っています。

新規事業には優秀な起業仲間が必要

新規事業を軌道に乗せるには優秀な企業仲間が欠かせません。ここでは、優れたメンバーを集めるポイントについて解説をしていきます。

熱意やアイデアを持つことが重要

新規事業に必要なのは、熱意やアイデアを持つことです。チームのメンバーが「新規事業についてどの程度熱意を持っているか」「新規事業を成功させるために具体的なアイデアがあるのか」を持ち合わせていることが重要となります。

共通の意識を持つようにする

新規事業のプロジェクトには熱意やアイデアを持つだけでなく、共通の意識を持つ社員が必要です。そのうえで少人数のチームを組織することと望ましいといえます。さらに新しい人材を積極的に採用して、チームが一丸となって意欲的になれる環境を作るのが理想的です。

本業を辞めなくても新規事業は起業できる

新規事業を行う際に、必ずしも「会社を辞めなくてはならない」ということはありません。近年では様々なビジネスモデルが構築されており、自分が希望するスタイルで新規事業をスタートできます。ぜひ、あなたも最初の1歩を気軽に踏み出してみませんか?

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント