12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

ボディメイクフードのサブスク「マッスルデリ」が約2.5億円の資金調達!経営体制も刷新

ダイエットやボディメイクを食でサポートする株式会社Muscle Deli(マッスルデリ)は、三菱UFJキャピタル株式会社を中心に、個人投資家である竹内真氏なども引受先とする第三者割当増資や間接金融を含め、約2.5億円の資金調達をしました。また、新たにCOOおよびCXOを迎え、経営体制も刷新しました。

Muscle Deli(マッスルデリ)とは

食が生み出す最高の自分、最高の世界」をビジョンに、2017年5月末よりスタートした、ダイエットやボディメイクを最適な栄養バランスの食事でサポートする日本初の宅食ボディメイクフードブランド。

管理栄養士監修の高タンパク低カロリーな食事を冷凍で宅配するサービスとなっており、買い出し・調理・片付け不要のため、誰でも時短で手軽に最適な栄養バランスの食生活を実現することができます。

資金調達の背景・目的

マッスルデリは、近年の健康意識や宅食需要の高まりも踏まえ、最適な栄養バランスを手軽に利用できる「宅食スタートアップ」としてのさらなる成長を目指しています。そのため、経営体制、サービス開発、採用強化など様々な領域の強化を模索し、今回の資金調達・経営体制強化を実現しました。特に、今回の調達で中核となった三菱UFJキャピタル株式会社にファイナンス面でのアドバイスを受けるのはもちろん、今後はMUFG各社とも連携をしていく予定です。

なお、このたび調達した資金は、新サービスの開発、プロモーションおよび組織体制の強化にあてる予定です。これにより、健康・栄養を考えた食事領域における新たなビジネス展開に向けた人材採用、商品およびサービスの開発や外部連携を順次開始していきます。

【引受先からのコメント(抜粋)】

三菱UFJキャピタル株式会社 投資第三部 茂木 友貴氏

日々の暮らし方や働き方といった生活様式が変わる中、その土台となる食事に対する意識も変わりつつあります。何気なく摂るのではなく、自らのライフスタイルを実現するための食事、意思のある「食」というのが求められていると感じます。
当社サービスは、ボディメイクを始めとして、ユーザーのライフスタイルや目的に合わせた、新しい「日常食」を提案するソリューションとして、今後の拡大が期待されます。
弊社でも、MUFGの一員としての強みを生かし、当社の飛躍に向けたご支援をして参りたいと考えております。

ビジョナル株式会社 取締役CTO 竹内 真氏

世界的に活躍しているアスリートにも愛用されるマッスルデリは、食事としてのクオリティがとても高く、魅力を感じました。一方、その品質を維持しながらシェアを拡大していくためには、多種多様なニーズを満たしていく必要があります。

今までの仮説ベースでの商品開発だけではなく、予測モデルを使った最適解を見つけていく技術的なアプローチが不可欠になるでしょう。これからの成長ステージを、個人的な技術的な経験も含めて、日本を代表するフードテック企業になるであろう当社を、全力で支援して参りたいと思います。

新たな経営メンバーによる体制強化

さらなる事業の展開と、組織拡大に向けた経営体制強化のため、新たにCOO(最高執行責任者)およびCXO(最高体験責任者)が就任しました。

両名の加入により、ビジネス拡大のための組織づくり、PR・マーケティングの強化、顧客体験価値の向上を促進していきます。

取締役副社長 COO 須藤 大輔氏

【略歴】
新卒で人材系企業を経た後、楽天株式会社にてグループマネージャーとして事業会社向けにリサーチを軸とし商品開発/事業戦略構築の支援を実施。
2017年株式会社アカツキ入社。2018年株式会社アカツキライブエンターテインメントに出向。同年執行役員、翌年に取締役COOとなり、アソビルの立ち上げ、経営に携わる。2021年より現職。

【コメント】
​​コロナ禍をきっかけに、自分自身の健康を見直す機会になりました。人が人らしく充実した最高の人生を送るためには「健康であること」が基礎になると考え、健康維持を志す中で、食事の重要性に気づき、当社に出会いました。
これまでに私が経営を通して学んだ、組織・事業開発、渉外、マネジメントなどで、当社の成長を加速し急拡大に備えて尽力していきたいと考えています。

執行役員 CXO 山岡 大介氏

【略歴】
ソフトバンクグループ入社後、IT系ニュースサイトにて複数のサービスを立ち上げ。
2013年に株式会社ASOBIBAを創業。2018年に株式会社アカツキライブエンターテインメントへ入社し、マーケティング本部長として横浜駅直通のエンタメ施設「アソビル」のPR・マーケティング・WEBサービスを統括。2021年より現職。

【コメント】
代表の西川らとASOBIBAという会社を一緒に創業してから8年。それぞれそのあと別の道で研鑽を積み、今回彼女が立ち上げたマッスルデリの第2創業期ともいえるこのタイミングで、また再び会社を成長させるメンバーとして一緒に働けることを嬉しく思います。
これまで私がWEBメディアで培ってきたコンテンツ企画やサービス開発、商業施設のPRマーケで学んだエンタメの重要性や体験価値の提供方法について、マッスルデリのD2Cサービスに最大限に有効活用して尽力していきたいと考えています。

【株式会社Muscle Deliについて】

マッスルデリは「食が生み出す最高の自分、最高の世界」というビジョンのもと、ボディメイクやダイエットに取り組む人に最適な栄養素の食事をお届けするボディメイクフードサブスクリプション事業「Muscle Deli」を展開しています。

社 名: 株式会社Muscle Deli
所在地: 〒150-0042東京都渋谷区宇田川町36-22 ノア渋谷パートII1201
設 立: 2016年11月29日
代表者: 代表取締役社長CEO 西川真梨子

公式サイト:https://muscledeli.co.jp/
Twitter   : @MuscleDeli
Instagram:@muscledelijapan
LINE    :http://nav.cx/hk35fl8

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント