12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021
Tags 資金調達

Tag: 資金調達

FSX、総額17.5億の長期融資契約を締結|抗ウイルス・抗菌の衛生技術『VB』で新たな「おしぼり」の価値を創造

【スタートアップニュース】「おしぼり」のレンタル・企画開発を手がけるFSXは、商工組合中央金庫(八王子支店)をアレンジャーに、地域金融機関4行との協調融資によるシンジケートローン、及び日本政策金融公庫からの融資により、総額13億円の長期融資契約を締結しました。 #FSX #VB #Creww #大挑戦時代をつくる

モバイルバッテリーシェアリングのスタートアップ「INFORICH」が地銀系VC等から23億円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】INFORICHは、南都銀行の投資専門子会社である南都キャピタルパートナーズとベンチャーラボインベストメントが運営するナントCVC2号投資事業有限責任組合ひろぎんホールディングスの投資専門子会社であるひろぎんキャピタルパートナーズが運営するHiCAP3号投資事業有限責任組合、一般社団法人 日本国際経済開発機構、ピー・アンド・イー・ディレクションズ等より、23億円の資金調達を完了しました。これにより、現在既に国内26,000台の設置となったモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を更に強化します。 #INFORICH#23億円の資金調達#Creww#大挑戦時代をつくる

クラウドクレジット、総額約11億円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】 クラウドクレジットは、三井住友海上キャピタル・GMO VenturePartners等が運営するそれぞれのファンドから資金調達を実施しました。本ラウンドは、2020年5月15日発表分と2020年12月16日発表分と同条件での実施となり、これらと併せると調達資金総額は約11億円となります。 #クラウドクレジット #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

Creww がSuMi TRUST イノベーションファンドからの資金調達を完了|三井住友信託銀行とオープンイノベーションの推進にむけた業務提携

【ニュースリリース】 Creww (クルー)は、「SuMi TRUST イノベーションファンド」 を通じて資金調達が完了したことをお知らせします。 また、Creww と三井住友信託銀行株式会社は社会課題の解決を目的としたオープンイノベーションの推進における業務提携契約を締結しており、今回の資金調達及び本提携により、スタートアップ支援を通じた社会課題の解決に資する活動に取り組んでまいります。 #Creww #資金調達 #三井住友信託銀行 #オープンイノベーション #スタートアップ支援

アイジェックス・ファーマインターナショナル、2時間19分で上限応募額8,226万円の資金調達|針なしジェット注射システム「Injex50」を開発

【スタートアップニュース】 針なしジェット注射システム「Injex50」を開発するアイジェックス・ファーマインターナショナルは、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、2021年3月31日資金調達を開始し、8,226万円の上限金額に達しました。 なお、上限応募額8,226万円を2時間19分で達成しています。 #アイジェックス・ファーマインターナショナル#針なしジェット注射システム「Injex50」#資金調達#Creww#大挑戦時代をつ

パン業界のDXを推進する「パンフォーユー」、KDDIより資金調達を実施

【スタートアップニュース】 地域のパン屋さんが抱えるあらゆる課題を独自の冷凍技術とITで解決し、パン業界のDXを推進するパンフォーユーは、KDDI Regional Initiatives Fund 1号を引受先とし、第三者割当増資によるシリーズAラウンド第2回の資金調達を実施しました。なお、パンフォーユーのシリーズAラウンドは継続中で、2021年5月に本ラウンド完了予定です #パンフォーユー#KDDIより資金調達#Creww#大挑戦時代をつくる

IoT向け無線通信規格「UNISONet」展開のソナス、総額約4.5億円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】 独自開発のIoT向け無線通信規格「UNISONet」を提供する東大発ベンチャー・ソナスは、東京大学協創プラットフォーム開発、JR東日本スタートアップ株式会社、ANRIを引受先とする第三者割当増資及び金融機関による融資により、総額約4.5億円の資金調達を実施しました。今回の資金は、製品・事業開発やマーケティングの強化に充てる計画です。 #ソナス#IoT向け無線通信規格「UNISONet」#総額約4.5億円の資金調達#Creww#大挑戦時代をつくる

「まごチャンネル」のチカク、5億円の新規資金調達を実施|累計調達額は約15億円

【スタートアップニュース】 チカクは、ABCドリームベンチャーズ、山口キャピタル、Aflac Ventures LLC 、既存株主であるGMO VenturePartners、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資、および金融機関からの融資を受け、5億円を新規調達しました。これにより、累計の調達額は約15億円となりました。 #チカク#資金調達#Creww#大挑戦時代をつくる

READYFOR、シリーズBラウンドで総額10億円の資金調達

【スタートアップニュース】READYFORは、グロービス・キャピタル・パートナーズ、セールスフォースベンチャーズ、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、三菱UFJイノベーション・パートナーズ、南都キャピタルパートナーズ、ベンチャーラボインベストメント、あおぞら企業投資を引受先とした第三者割当増資によりシリーズBラウンド約10億円の資金調達を実施しました。 #READYFOR#10億円の資金調達#Creww#大挑戦時代をつくる

スマートライフプラットフォーム「SpaceCore」提供のアクセルラボ、第三者割当増資により15億円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】 アクセルラボは、フューチャーデザインキャピタル合同会社を引受先とする第三者割当増資により、15億円の資金調達を実施しました。 #アクセルラボ#フューチャーデザインキャピタル合同会社#Creww#大挑戦時代をつくる

PICKUP

「富士通アクセラレーター アジアプログラム」 採択企業5社を発表

【オープンイノベーションニュース】 日本国内の事業部や顧客を主なターゲットとして活動してきた富士通アクセラレータープログラムは、2020年度その範囲を拡大し、富士通アクセラレーター アジアプログラムをスタートさせました。今回の『スマートファクトリーとスマートリテール』というテーマでの募集に対しては、43カ国、200以上のスタートアップが応募し、書類審査およびオンライン面談での選考・個別面談を実施した結果、スタートアップ5社が採択されました。 #富士通アクセラレーター アジアプログラム #5社が採択 #Creww# 大挑戦時代をつくる
Facebook コメント