12.8 C
Japan
火曜日, 9月 28, 2021

新規事業の立ち上げはメンバー募集時の項目が重要!必要な役割も解説

新規事業の立ち上げにおいて重要なのは、メンバー募集時の「項目」です。事業成功にも関わるためには、慎重に人材を選抜しなければならず、どのような方法で進行していくかも重要です。
当記事では新規事業を立ち上げる際のメンバー募集の重要性などを解説します。
目次
・事業会社内の新規事業立ち上げ時のチーム組成とは
・社内新規事業立ち上げにおける方法論とメリット・デメリット
・立ち上げ時はオープンイノベーションも検討しよう

事業会社内の新規事業立ち上げ時のチーム組成とは

社内で新規事業の立ち上げ時のチームを編成するポイントは「スキル度外視、熱量を持ったプロジェクトリーダーの存在」「プロジェクトリーダーのバイアスに物言えるメンバー」「最も不要な人材は専門知を持った動かない人」の3つです。

新規事業を成功させるうえで、メンバー選びは重要な要素となります。ここではそれぞれのポイントを詳しく解説します。

スキル度外視、熱量を持ったプロジェクトリーダーの存在

プロジェクトリーダーに抜擢する人材は、スキルを度外視して熱量を持った人でなければなりません。プロジェクトリーダーとはメンバーをまとめあげ、新規事業を成功させるために欠かせないポジションです。

いくらスキルがあっても会社からお願いされて無理やりやらされているような状態では、プロジェクトを成功に導けません。メンバーのモチベーションにも大きく影響するため、新規事業に魅力を感じて熱量のある人材をリーダーに選出するようにしましょう。

プロジェクトリーダーのバイアスに物言えるメンバー

新規事業の成功には、プロジェクトリーダーのバイアスに物言えるメンバーの参画も大切です。例えばプロジェクトリーダーにメンバー選びを任せてしまうと、本人と相性のよいメンバーでチームを構成しがちです。

イエスマンばかり集めてしまうとチームとして正しく機能しません。プロジェクトリーダーとぶつかってでも物言えるメンバーでチームを編成するようにしましょう。

最も不要な人材は専門知識を持った動かない人

新規事業のチームにおいて最も不要な人材は、専門知識を持った動かない人です。新規事業で参入しようとしている企業は自社だけではありません。

競合他社も参入しようとしている中で、自社が市場で優位に立つにはスピード感を持って取り組むことが大切です。どれだけ専門知識を持っていても、仮説ばかりで実践を伴わない人は新規事業においては最も不要な人材といえるでしょう。

社内新規事業立ち上げにおける方法論とメリット・デメリット

社内新規事業の立ち上げにおける方法論には「自力で社内で頑張る」「社外を上手く使う」「買っちゃう」があります。社内で新規事業を立ち上げる場合は多大な時間と労力を消費します。

これまでは自社ですべてを開発するのが一般的でしたが、最近では社外と連携して共同開発する会社も増えています。ここでは新規事業における立ち上げ方法について詳しくみていきましょう。

自力で社内で頑張る

自力で新規事業を立ち上げる場合は、社内でベンチャー企業を立ち上げる「社内ベンチャー制度」が有効です。他にもコンサルタントに依頼をしたり、外注したりするなどしながら自社のリソースを活かすことで新規事業の立ち上げに伴う経験やノウハウを社内に蓄積できる点がメリットといえます。ただし0から1を作るのに時間と労力がかかる点はデメリットとなるでしょう。

近年では後述する「社外を上手く使う」や「買っちゃう」など効率的に新規事業を立ち上げる方法が主流となっており、競合他社に先を越されないよう最新の情報を収集注意しましょう。

社外を上手く使う

社外の資源を上手く使って新規事業を行うのも1つの手です。社外を上手く使う代表的な方法に起業家や新規事業担当者、ユーザーが情報交換などを交流が行える場所への参加があります。

新規事業の助けとなる企業と出会うことも可能で、オープンイノベーションにもつなげやすいでしょう。オープンイノベーションとは別企業や社外機関・組織と連携して外部の技術やノウハウ、アイデアを取り入れ、新しい商品やサービスを生み出すビジネス手法です。

自社でイチから技術開発やノウハウ蓄積をする必要がなく、効率的な新規事業開発が行える点はメリットといえます。またスタートアップスタジオの利用も効果的です。

スタートアップスタジオとはマーケティングやファイナンスなど、専門分野を持った人材の揃った組織が新規事業開発を行ってくれます。アイデアを持ち込めば適任なメンバーを揃えてくれ、人材集めの手間を省いてスピーディーな新規事業立ち上げが可能となる点はメリットです。

ただし「アイデアや技術などの情報漏洩」「自社開発力の低下や衰退」といったリスクを抱える可能性がある点はデメリットといえます。

買っちゃう

事業を買うというのも1つの選択肢といえるでしょう。代表的な方法としては「M&A」と「EIR」が挙げられます。

M&Aとは企業の買収・合併をすることで自社に足りない技術や立ち上げを計画している事業をそのまま自社に取り込むことが可能です。EIRとは客員起業家制度とも呼ばれ社員または業務委託という形で起業家に入社してもらい新規事業の準備を行ってもらう方法となります。

いずれも「経営資源の強化」「生産の効率化」「ノウハウと技術の獲得」「シナジー効果の創出」といった点がメリットです。一方で「従業員間で摩擦が生じる」「組織文化の統合に時間とコストが必要」といった点はデメリットとなる場合があるため、注意しましょう。

立ち上げ時はオープンイノベーションも検討しよう

新規事業の立ち上げは時間と労力がかかります。自社メンバーや技術・ノウハウだけでは進行が困難と感じた場合は、外部の技術やノウハウ、人材を活用するオープンイノベーションを検討するとよいでしょう。

ただしアイデアはあるものの人材や技術がないという場合には、それらを持った人材を募集して参画させられるスタートアップスタジオやクラウドソーシングを活用するのも1つの手です。自社の状況と新規事業の内容を慎重に見極めながら効率的な方法を選択しましょう。

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント