12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

働き方はそのままで新規事業を経験!起業や複業にはスタートアップスタジオがおすすめ!

昨今、増えつつあるのが複業という働き方です。収入アップはもちろんのこと副業とは異なり、新規事業の立ち上げや起業のきっかけになると近年注目を浴びるようになりました。
当記事では複業の概要、スタートアップの機能と人的資本提供などの役割、複業で利用できるスタートアップスタジオなどを紹介します。
目次
・複業とはどんな働き方?
・スタートアップスタジオとは?
・複業で利用できるスタートアップスタジオ
・複業から新規事業を立ち上げよう

複業とはどんな働き方?

複業とはメイン・サブといった優劣をつけず、さまざまな仕事を本業同様にこなす自由な働き方のことです。厚生労働省が2020年9月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を改定し、普及を促したことでも注目を集めました。

複業で働くメリットは収入アップはもちろんのこと、複数の仕事の経験を積み、さらにその経験を別の仕事でも活かせられる点です。本業以外の空き時間で行われる副業に対し、複業は本業さながらに行う必要があるため、より高い専門性やスキルが求められます。

そのため副業と複業は異なる働き方である点はまず理解しておきましょう。また複業によって得られた経験は起業にも活かせます。

スタートアップスタジオとは?

複業を行うなら各分野のプロが事業立ち上げステージのサポートするスタートアップスタジオの活用をおすすめします。ここではスタートアップスタジオの機能と3つの役割について紹介します。

新規事業や起業をサポートする機能

スタートアップスタジオとは新規事業や起業をサポートする機能を持った集団です。企業が新規事業を立ち上げるには、人材集めなどのさまざまな工程があり、既存事業と並行して行う場合には大きな労力がかかります。

また個人の場合、アイデアがあっても人脈やスキル、ノウハウがないといった理由から、挫折するケースも少なくありません。しかしスタートアップスタジオを活用すれば、企業の新規事業開発や個人の起業のいずれもサポートしてくれるため、効率的な事業創出が可能となるのです。

スタートアップスタジオの3つの役割

スタートアップスタジオの役割は大きく分けて「人的資本の提供」「経営構造の構築」「資金調達のサポート」の3つです。それぞれの役割について紹介します。

人的資本の提供

最初の役割が人的資本の提供です。商品やサービスのデザインを制作するデザイナーや商品やサービスを宣伝するマーケッターなど、専門的な知識や経験を持ったプロ人材を提供してくれます。

経営構造の構築

経営構造の構築支援も行ってくれます。経営構造とは人材管理やリスク対策、アイデア収集といった経営の根幹となる部分です。

経営構造を正しく構築できるかどうかは事業の成功に大きく影響します。スタートアップスタジオでは経営構造の構築支援やノウハウを起業家に教える役割も担っています。

資金調達のサポート

最後が資金調達のサポートです。人的資本の提供と経営構造の構築ができても、資金がないとその事業を育ちません。

スタートアップスタジオ自体からの出資だけでなく、外部投資家などから出資を募る際もサポートしてくれます。事業推進における運転資金の調達をフォローしてもらうことで、起業家は本質的な業務に専念できるのです。

複業で利用できるスタートアップスタジオ

各スタートアップスタジオにもそれぞれの特徴があり、目指す目的にあったスタジオを選択する必要があります。ここでは複業でも利用できる代表的なスタートアップスタジオを3つ紹介します。

1.STARTUP STUDIO by Creww

1つ目が「STARTUP STUDIO by Creww」です。起業時の人材や資金の確保にかかる負担を取り除き、誰でも起業に挑戦できる社会とすることを目的に誕生しました。

「大挑戦時代をつくる」というビジョンを掲げ、5,000以上のスタートアップコミュニティを築いています。

2.quantum

2つ目が「quantum」です。大手企業と連携した新規事業を数多く生み出しており、味の素やドコモ、富士通などの大手企業とプロジェクトを一緒にした実績があります。

3.XTech

3つ目が「XTech」です。XTechは既存産業とテクノロジーを組み合わせた新規事業の創出をコンセプトにしています。新規事業の立ち上げ経験者を中心に構成されているスタートアップスタジオです。

4.Gaiax STARTUP STUDIO

4つ目の「Gaiax STARTUP STUDIO」は「Empowering the people to connect 〜人と人をつなげる」をコンセプトに、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーの領域を軸とした事業展開を行っています。

Gaiax STARTUP STUDIOには、初めての起業でも安心して進められる環境があります。出資のみならず、事業開発や生産、バックオフィスなど、スタジオメンバーの強力な支援によって事業活動に取り組めるでしょう。また起業後のアイデア出しから、資金調達、パートナー探しなど、グロースまで一貫して支援するのがGaiax STARTUP STUDIOの特徴です。

複業から新規事業を立ち上げよう

本業に近い形で高いレベルの仕事ができる複業は収入アップや多くの経験を積むことが可能です。複業の実施は政府が主体となって推進しており、今後ますます注目されるでしょう。

「STARTUP STUDIO by Creww」や「XTech」といったスタートアップスタジオを活用すれば、本業を辞めることなく複業から新規事業の立ち上げも可能です。スタートアップスタジオでの新規事業の立ち上げの経験は現状の仕事に活かせるだけでなく、その後の起業にもつなげられます

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント