12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

【ものづくり企業6社×スタートアップ】8つの注目協業案!「浜松アクセラレーター2021」(前編)

静岡県浜松市とCrewwが主催する「浜松アクセラレーター2021」の成果報告会が、2022/03/11 (金) オンラインにて開催されました。優れた技術力・製品を持つ浜松市内のものづくり企業6社と、全国141社のエントリーから採択されたスタートアップの協業案8件が事業化に向け実証実験をスタートさせています。本記事は、オープンイノベーションという手法を活かし、新規事業の創出に挑んだ成果、注目の事業案をまとめたレポート<前編>です。

「地域のモノづくり企業」と「新しいアイデアを持つスタートアップ」との融合を目指す

浜松市産業部 スタートアップ推進担当部長 加藤 路子 氏

現代は、SDGS、アフターコロナ、カーボンニュートラル等を見越した変革が求められる時代であり、多くの企業が新規事業の創出といった新たな挑戦に取り組まれています。

その一つの手法として、オープンイノベーションがありますが、本事業は、中でも「地域のモノづくり企業」と「新しいアイデアを持つスタートアップ」との融合に焦点を充てるものです。プロジェクトを進めるにあたって難しさも多様にある中で、それをどう感じ、どの様に次のステップに進めたのかお話を伺うことで、皆様が取り組むイノベーションへの一助になればと思っています。

「浜松アクセラレーター2021」とは

Creww株式会社 OI Dept.Partner Team Senior Account Executive 田中 健策 

本プログラムの目的は、浜松市内のものづくり企業とスタートアップとの協業の先行モデルを作り、浜松市の産業の活性化に繋げることです。本プログラムは、昨年に続き二回目の開催になります。
スキームは、事業会社からは、顧客基盤や資金などの経営リソースの提供。スタートアップからは、協業アイデアや特徴的なサービスを提供していただき、マッチングを図るというものです。

マッチングの方法としては、協業の可能性を最大にするため、段階的に選考を重ねるプロフラム形式を取っており、昨年の12月に実証実験に進むことが可能な協業案を採択しています。現在は、事業化に向け実証実験の結果を踏まえた上で、さらに次に進めるかどうかの判断をするフェーズに入っています。

ものづくり企業は自社製品や技術の新たな活用がメインであったのに対し、スタートアップは、ハードウェア企業とDX関連のテック系企業が選ばれる傾向が見られました。
ものづくり企業が、スタートアップのと想定外の協業案によって、自社の製品技術のユニークな活用方法を見出せたことは、非常に有意義であったと思っています。

ものづくり企業1▶朝日電装株式会社

朝日電装株式会社 技術部 開発設計課 水野直紀 氏

会社概要:各種モビリティ向けのスイッチ・ロック・電装部品の開発・設計・製造・販売を一貫して行なっています。日本以外にも、台湾・ベトナム・インドネシア・タイ・インドに製造拠点を展開。

プログラム参加の背景
:朝日電装の経営ビジョン「AD 2030 VISION」の実現に向け、持続可能な社会の実現に貢献する会社に変革していく重要な十年と捉えていました。ビジョンを具現化するきっかけを掴むため本プログラムに参加しています。

<朝日電装株式会社×株式会社ICOMA>
協業案:「EV用HMI(ヒューマンマシンインターフェイス)× タタメルバイクの開発」

ICOMAは、“タタメルバイク”という今までの二輪車の概念とは全く異なる新たなモビリティを開発しているスタートアップ企業です。タタメルバイクは、畳んでコンパクトにすることで駐車場が不要になり、限られたスペースの有効活用が期待できます。ICOMAは、朝日電装の「次世代モビリティの発展・普及に貢献したい」を解決するために、 タタメルバイクとのコラボを提案しました。ICOMAにとっては、信頼性のあるバイクへの完成度向上が、朝日電装においては、部品搭載による評価やアピールのメリットがあり、双方のメリットが重なったため実証実験を行う運びとなりました

朝日電装の課題は、EV車両向けの新しい製品の使用実績や使用感を知っていくことです。そのため、実証実験では、朝日電装が作製した車両インタフェース部品の試作品をICOMAに提供し、ICOMAが試走や実際の使用感の確認を行いました。今後は、そのフィードバックをもとに、今回提供した部品以外でも検討を進めていきます。

<朝日電装株式会社×株式会社ProsCons>
協業案:客先受注展開AIシステムの開発

ProsConsは、朝日電装の「自社DXを推進したい」という課題を解決するために、AI活用したシステムを提案しました。朝日電装においてはDX化による工数削減が見込まれ、ProsConsにとっては、実証によるデータ蓄積といったメリットがあり、互いのビジョンが重なったことから実証実験を行う運びとなりました

人的工数多大で、見直しが必要とされる受発注業務の課題において、生産計画展開の自動振り分けを対象とし、汎用性のある受注展開AIシステムの実証実験を行います。現在、仕様設計に時間を要しているものの、7月中の完成をめどに協業を推進しています。

ものづくり企業2▶株式会社アスキー

株式会社アスキー 代表取締役 齋藤 孝司 氏

会社概要:株式会社アスキーは、繊維機械部品・プラスチックマグネットの開発・設計・製造・販売を行う会社です。繊維機械部品事業は、テンプルという製品を取り扱っています。テンプルには、横糸を左右に織り込むことで縮む力が働く布に対して、縮まないように保持する働きがあります。

また、プラスチックマグネットには、複雑な形状も実現可能であること、用途に適した材料を選択できること、優れた耐久性があるという特徴があります。エンジン・ミッション・船外機・フィルター・センサー等に組み込まれて使用されるものです。

プログラム参加の背景:既存領域以外にてビジネスを展開し、プラスチックマグネット事業を核とする第一歩を踏み出すため参加しました。

<株式会社アスキー×株式会社OKYA>
協業案:新しい風力発電設備で社会課題解決に貢献

株式会社OKYAは、風力を利用した機器設備を開発する会社です。OKYAの交差軸風車とは、風車の回転軸と風向が交差する新しい形のものです。農業従事者の高齢化や、後継者不足という社会課題にアプローチするため両社の協業に至りました。
風車を利用した独立電源に監視装置を設置することで、現地に行かずともリアルタイムに農地の状況を把握し、作業の効率化・生産性の向上を実現するものです。

2021年 12月から実証実験を行っており、今後の事業化に向け、2023年1月まで検証を重ねる予定です。

ものづくり企業3▶株式会社アツミテック

新規事業企画室 BRBL ブロックリーダー 三輪 竜実 氏

会社概要:株式会社アツミテックは、主に自動車関連部品の開発から製造までを行っており、日本を含め8か国 10拠点で事業を展開しています。

プログラム参加の背景:自動車産業はいま大きな変革期を迎えており新たな分野への事業拡大を模索しています。アツミテックでは2030年企業ビジョンとして「ひらめきとチャレンジでときめく会社になろう」というビジョンを掲げており、今回のプログラムでは”新しい価値の創造”と”地球環境への貢献”という2つのテーマを設定しました。

<株式会社アツミテック×EWP株式会社>
協業案:装着するだけで健康になる新しいフィットネスギアの開発

EWPは、自社のヘルスケア分野への知見を活かし、生活習慣病予防に向けて運動効果が得られるアイテムを作れないかと提案。一方、アツミテックには、70年の歴史の中で培ってきた開発提案型メーカーとしての技術があり、その開発から完成までの一貫した技術で、新しい価値を創造したいとEWPへ声をかけ今回の協業に至っています。

目的は従業員の健康維持や生活習慣病の予防をすることで、健康被害による個人や企業への損失を減らすことです。日常生活の中であえて適度な負荷を与え、生活習慣病予防に効果のある運動効果を狙う今までにない新しい価値を持ったフィットネスギアの提供を目指しています。

実際の実証実験では、アツミテックの既存事業で培った自動車シフトレバーの操作荷重制御技術を使い、サポ―ターなどの装身具に適度な負荷を与え、健康効果を得ようと検証を進めています。

<株式会社アツミテック×スパイスキューブ株式会社>
協業案:植物工場でSDGsに貢献

スパイスキューブは、植物工場の事業化支援や農業装置の設計開発などを行う会社です。植物工場では、植物の成長を促進するためにCO2を利用しています。そこで、アツミテックの工場で排出されるCO2を植物工場で有効活用することができれば、2050年のカーボンニュートラル実現に貢献できるのではないかと両社の協業に至っています。

実証実験では、CO2の回収・分離・貯蔵の技術検証を重ねています。水素貯蔵の技術研究を行っている基礎研究部門からもアドバイスをもらいながら、最適な方法と組み合わせを模索しています。
また、植物栽培の検証では植物育成装置1ユニットを本社工場事務所内に設置し、実際に植物の栽培をスタートしました。

植物工場による”水使用の削減”や”食品の安定供給”などのメリットも踏まえながら、今後は海外展開も視野に、SDGsと地球環境に貢献していきたいと思います。

※後編に続く

続 【ものづくり企業6社×スタートアップ】8つの注目協業案!「浜松アクセラレーター2021」(後編)

2022年4月12日
Facebook コメント
ai taniuchi
2020年からPORT by Creww にてフリーランスライターとして活動中。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント