12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。
当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。
目次
・地域のイノベーションには支援が必要
・経済団体によるオープンイノベーションへの支援
・地域経済はイノベーションの支援によって促進する

地域のイノベーションには支援が必要

各地域には、他にはない独自の技術やノウハウなど、イノベーションするに十分なリソースが揃っている場合が多いです。しかし地域を活性化するための戦略や事業を始めるだけの資金がないといった問題があります。

またアイデアはあっても、事業化するだけのネットワークが存在せず、提携企業が見つけられないという場合もあるでしょう。地域でイノベーションを起こしていくには、資金確保や企業との連携を促進するための支援が不可欠です。

経済団体によるオープンイノベーションへの支援

全国にある経済団体において、オープンイノベーションへの支援が行われています。イノベーションセミナーやワークショップ、地場企業のイノベーションを促進するサポートなど、団体ごとに異なります。

経済団体は全国に様々ありますが、ここでは7つの経済団体の支援について紹介します。それぞれの特徴についてみていきましょう。

大阪商工会議所

まずは大阪商工会議所のイノベーション支援についてです。大阪商工会議所ではオープンイノベーション促進プロジェクトという形で支援を行っており、代表的な支援内容には3つあります。

1つ目は「技術探索型のオープンイノベーション支援」です。この支援では企業や大学などがチームを組み、技術やノウハウなどを総合的に結びつけることで新技術やビジネス創出を目指しています。

この取り組みを「MoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラム」といい、技術ニーズのマッチングを行っているのです。他にも「オープンイノベーション・リンク」や「町工場ネットワーク」といった支援も行っています。

2つ目が「大学や研究機関等と連携した新規事業の創出支援」です。この支援では異業種交流を促進させるために、都市型のオープンイノベーション拠点として「Xport」を立ち上げました。

また「ものづくりに関する法令・制度などの情報提供」や「産学官技術相談窓口」などの取り組みを行っています。

3つ目の取り組みとして「スタートアップ支援事業の推進も今後行う予定です。

関東経済産業局

関東経済産業局では中小企業基盤整備機構関東本部と連携し、「オープンイノベーション・マッチングスクエア」と呼ばれる取り組みを行っています。この取り組みでは企業間の連携をさらに創出することで、新しい付加価値を生み出し、稼ぐ力を高めることを目的としています。

京都商工会議所

京都商工会議は京都の企業が継承し発展させた京都ブランドの確立を推進しています。ブランド確立のため「知恵産業」と「知恵ビジネス」の2つについて支援しているのです。

また企業マッチングを目的としてプレゼンテーション機会も設けています。過去には資金調達や事業のマッチングなどの促進を目的とした「知恵産業オープンイノベーションピッチ」を開催しました。

福岡商工会議所

2018年度よりイノベーション支援の一環として様々な取り組みをおこなっているのが福岡商工会議所です。イノベーションの意識を育てるセミナーやアイデアを生み出すワークシップ、専門家を招いた個別の事業支援などを実施。これらの支援によって地元企業のイノベーションを促進し、福岡県産の商品やサービス事業化などを目指しています。

松江商工会議所

松江商工会議所は2020年10月に東京大学との共同研究の契約を締結しました。東京大学の国際イノベーション機構と連携することで、一次産業の次世代の在り方を模索していく狙いがあります。

今後はさらなる持続的に発展可能な一次産業の仕組みを構築し、新規事業の創出や開発テーマの複数設定を行っていくようです。

那覇商工会議所

那覇商工会議所では2020年に沖縄のオープンイノベーション創出促進事業として「ITスタートアップ補助」の公募を行いました。この取り組みの大きな目的は事業化するまでのスタートアップ支援です。

市場トライアルなどの費用補助をはじめ、専門家によるメンタリングやセミナーなど、対象者は事業化に向けた様々な内容について学べます。

鯖江商工会議所

福井県鯖江市の鯖江商工会議所は地域マーケティングの拠点として、商工会議所の1階に「サバエ クリエイティブ コミュニティ」をオープンさせました。鯖江のマーケティングのサポートと強化が目的です。

鯖江には眼鏡などの特産品が豊富にあり、「モノづくり」を国内や海外に発信することで新たなイノベーションの創出を目指しています。

地域経済はイノベーションの支援によって促進する

ここまで地域のイノベーションに支援が必要な理由と全国の経済団体の支援について紹介しました。同じイノベーションの支援でも地域の特徴などで支援内容は大きく異なります。

少子高齢化や過疎化が進んでいる日本において、地域経済の活性化につながるイノベーション支援は欠かせません。地域経済の活性化を検討している方は今回紹介した事例を参考に、地域のイノベーション支援に活用してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント