12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

ヘルスケア業界のDX推進に4社が連携|オンラインで手技を学ぶ医師向け教育プラットフォーム事業!

丸紅、OPExPARK、Beyond Next Ventures、およびデンソーは、デンソーとBNVが共同で設立したOPExPARKに、丸紅がBNVと共に出資し、手術室のデジタルトランスフォーメーション化と、手術記録映像を活用した医師向け教育プラットフォーム事業へ参画することに合意しました。

4社連携に至るまでの背景

昨今、ヘルスケア業界はオンライン診療、オンライン服薬指導等の新たな医療サービスの展開、および医療データの利活用等、DX化のニーズが急速に高まっている。また、手術件数の減少や移動の制限に伴い、若手医師が上級医の手術に立ち会い手技を学ぶ機会が減少しており、手術における医師教育が課題です。こうした背景から、オンラインで手技を学ぶことができる医師向け教育プラットフォームに期待が高まっている。

OPExPARKは、デンソーが日本医療研究開発機構の支援を受け、開発した手術情報融合プラットフォーム「OPeLiNK」(以下、「OPeLiNK」)を活用し、2019年にBNVの支援を得て本事業を立ち上げ、設立された。OPeLiNKは、手術室内の各機器の出力情報を、デバイスにかかわらず同じフォーマットで提供する情報融合プラットフォームである。
蓄積された機器・生体情報を抽出することにより、執刀医の判断につながる情報が可視化され、手術室の外では学習が困難であった高度な暗黙知を共有することができる。

OPExPARKは、いつでも・どこでも最先端の手術を学習できる教育コンテンツの配信を通じて、医師教育のDX化を推進している。また、手術映像およびOPeLiNK取得データをリアルタイムで伝送し、専門医が遠隔地から現場の執刀医による診断・手術に助言・アドバイスを行う等、病院のDX化に向けた取り組みを実施しており、国内外の医療の質向上に貢献しているのだ。

丸紅は、顧客・パートナーのDX支援・推進に向け、ITコンサルティングサービス事業、クラウドインテグレーション事業の強化・拡充を進めていた。本事業へ出資参画を行い、これまで培ってきたDX化支援・推進に関するノウハウの活用、クラウドをはじめとしたIT分野における支援、およびその他事業との連携により、OPExPARKの提供サービス拡充および手術室・医師教育から病院のDX化へと事業領域の拡大に貢献する。本事業への参画を通じてヘルスケア業界の知見やネットワーク、ビジネスノウハウを習得し、将来的には、製薬企業向け創薬・治験支援領域におけるDX推進・新規サービスの開発などによりデジタルヘルス業界での事業拡大を目指していく。

BNVは、2018年からOPExPARKの会社設立(デンソーからのカーブアウト支援)、創業後の成長支援に携わってきた。また会社設立においては、BNVが提供するアクセラレーションプログラム「BRAVE」を通じて、初期段階の事業戦略・事業計画の作成や経営チームの構築支援等を行ってきた。創業後も、継続的な出資および人材採用・事業開発等に携わり、事業成長を支援していた。

デンソーは、2014年から2019年にかけてOPeLiNKを開発し、そこで取得した手術情報を活用し、新興国などの医療水準を底上げする事業開発を行ってきた。OPExPARKの創業後も、共同研究や技術・営業の両面での人材共有を通じて、デジタルツイン事業のノウハウを習得すると共に、OPExPARKを支援している。

丸紅、OPExPARK、BNV、およびデンソーは、医療の質向上に貢献するため、ヘルスケア業界のDX化を推進する。

OPExPARK紹介サイト:https://opexpark.jp/

左から、BNV 執行役員 橋爪 克弥、OPExPARK 代表取締役社長 本田 泰教、丸紅 執行役員 情報・不動産本部長 阿部 達也、デンソー まちづくり企画室 担当部長 奥田 英樹

丸紅について

丸紅及び連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ事業、化学品、エネルギー、金属、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース事業、建機・産機・モビリティ、次世代事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開している。

社名丸紅株式会社
設立1949年12月1日
所在地東京都千代田区大手町一丁目4番2号
代表者柿木 真澄
URLhttps://www.marubeni.com/jp/

OPExPARKについて

社名株式会社OPExPARK
設立2019年 6月 21日
所在地東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲 CW棟2階
代表者本田 泰教
URL会社概要:https://www.opexpark.co.jp/

BNVについて

大学や企業に眠る革新的な技術を見出し、研究者や起業家と共に社会実装に挑むベンチャーキャピタル(VC)、アクセラレーターである。約220億円の資金を背景としたスタートアップへの投資、技術シーズの事業化を支援するアクセラレーションプログラム「BRAVE」の運営、研究開発型スタートアップにおける経営人材の輩出・育成、バイオベンチャー向けシェア型ウェットラボなどを運営している。

社名:Beyond Next Ventures 株式会社
設立2014年8月12日
所在地東京都中央区日本橋本町3丁目7−2 MFPR日本橋本町ビル 3階
代表者伊藤 毅
URLhttps://beyondnextventures.com/jp/

デンソーについて

デンソーは、先進的な自動車技術、システム、製品を提供するグローバルな自動車部品メーカーである。「地球に、社会に、すべての人に、笑顔広がる未来を届けたい」をスローガンに、クルマの未来を切り開き、「環境」「安心」に貢献する価値を生み出す6つのコア事業、サーマルシステム、パワートレインシステム、エレクトリフィケーションシステム、モビリティシステム、センシングシステム・セミコンダクター、非車載事業(FA、農業、他)を柱に、事業活動に取り組んでいる。

社名株式会社デンソー
設立1949年12月16日
所在地愛知県刈谷市昭和町1-1
代表者有馬 浩二
事業概要建設事業(土木事業・建築事業)及び開発事業
URLhttps://www.denso.com/jp/ja/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceOPExPARK
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント