12.8 C
Japan
月曜日, 9月 27, 2021

島根県の新規事業はオープンイノベーションから生まれる!スタートアップ企業も多数!

近年、島根県松江市は「IT企業の街」として業界を賑わせています。ITベンチャー企業が続々と松江市に拠点を移しているのが大きな理由です。当記事では島根県のイノベーションの現状やオープンイノベーションの取り組みを紹介します。
目次
・島根県におけるイノベーションの現状
・島根県のオープンイノベーションの取り組み
・島根県はオープンイノベーションを牽引する

島根県におけるイノベーションの現状

島根県におけるイノベーションはプログラミング言語であるRubyを軸に、スタートアップなどのIT企業を誘致している現状があります。ここでは島根県がなぜ「Rubyの街」といわれているのか、人口減少の課題にどう向き合ってきたのかについてみていきましょう。

島根県は「Rubyの街」

島根県は「Rubyの街」です。Rubyとは世界中で利用されているプログラミング言語で、島根県松江市在住のまつもとゆきひろ氏によって開発されました。

松江市発祥のプログラミング言語ということで島根県はRubyを資産として捉え、オープンイノベーションに活用していることから、島根県は「Rubyの街」として注目を集めています。

島根県における人口減少の課題

島根県も他の地方都市同様に人口減少が大きな課題です。特にIT産業に関わる企業は東京に集中しており、就職を機に都心に移住する若者が後を立ちません。人口減少を食い止めるべく松江市役所内で企業誘致専門の部署が十数年前に立ち上がっています。

スタートアップなどのIT企業を誘致

島根県では人口減少の課題を解決するために「Rubyの街」という特色を利用してスタートアップなどのIT企業の誘致を行っています。

特にRubyを利用する企業を中心に誘致を行い、島根県にIT企業を増やすことで島根県での就職率の向上を目指しているのです。島根県のIT産業の活性化も図れるため、人口減少の食い止めにもつながっています。

島根県のオープンイノベーションの取り組み

島根県のオープンイノベーションの取り組みは様々ですが、主軸となっているのが「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。ここでは「Ruby City MATSUEプロジェクト」をはじめ「しまねソフト研究開発センター」と「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」の3つの取り組みを紹介します。

IT技術を活用「しまねソフト研究開発センター」

1つ目の取り組みがIT技術を活用した「しまねソフト研究開発センター」です。IT分野の技術研究と開発、島根県内の企業が新たな商品とサービスを生み出すための支援を目的に「しまね産業振興財団」が2015年に設立されました。

島根県に研究拠点を持つ企業が利用対象で、オープンイノベーションを主軸とした新産業の創出に対する支援を受けられます。研究成果を幅広く公開するべく、世界中の技術者や研究者、機関とのスムーズな連携が可能です。

該当テーマに興味を持つ世界中の人と共創し、最終的には島根県へ企業や技術者を誘致することを目指しています。

新規事業化が目的「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」

新規事業化を目的とする取り組みが「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」です。後述する「Ruby City MATSUEプロジェクト」の一環で行われているコンテストになります。

IT産業の枠を超えて様々な分野の人々に情報提供し、オープンソースを活用したアイデアを新ビジネスとして新規事業化することがプロジェクトの目的です。コンテストは企業とのマッチングの機会にもなり、新たなビジネスに発掘にもつながるでしょう。

産官学が連携「Ruby City MATSUEプロジェクト」

最後に紹介するのが産官学と連携した「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。前述のとおり、Rubyはプログラミング言語で島根県松江市在住のまつもとひろゆき氏によって開発されました。

Rubyを島根県の資産と捉えて企業誘致に活用した取り組みが「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。Rubyを利用する企業を誘致することで、地元での就職率促進を目指しています。

前述のとおり「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」は「Ruby City MATSUEプロジェクト」の一環として行われている取り組みの1つです。

島根県はオープンイノベーションを牽引する

島根県の新規事業の多くはオープンイノベーションによって誕生しています。ITを基盤として発展する島根県は、オープンイノベーションを牽引する地域といっても過言ではありません。

Rubyを軸に展開する「Ruby City MATSUEプロジェクト」やプログラミングのソースコードを公開することで、世界中の技術者との連携が図られています。

また連携が強化されれば、その結果としIT企業の誘致につながり、人口減少を抑えることも可能です。島根県で実施されるオープンイノベーションは他地域の参考となるでしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント