12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

島根県の新規事業はオープンイノベーションから生まれる!スタートアップ企業も多数!

近年、島根県松江市は「IT企業の街」として業界を賑わせています。ITベンチャー企業が続々と松江市に拠点を移しているのが大きな理由です。当記事では島根県のイノベーションの現状やオープンイノベーションの取り組みを紹介します。

島根県におけるイノベーションの現状

島根県におけるイノベーションはプログラミング言語であるRubyを軸に、スタートアップなどのIT企業を誘致している現状があります。ここでは島根県がなぜ「Rubyの街」といわれているのか、人口減少の課題にどう向き合ってきたのかについてみていきましょう。

島根県は「Rubyの街」

島根県は「Rubyの街」です。Rubyとは世界中で利用されているプログラミング言語で、島根県松江市在住のまつもとゆきひろ氏によって開発されました。

松江市発祥のプログラミング言語ということで島根県はRubyを資産として捉え、オープンイノベーションに活用していることから、島根県は「Rubyの街」として注目を集めています。

島根県における人口減少の課題

島根県も他の地方都市同様に人口減少が大きな課題です。特にIT産業に関わる企業は東京に集中しており、就職を機に都心に移住する若者が後を立ちません。人口減少を食い止めるべく松江市役所内で企業誘致専門の部署が十数年前に立ち上がっています。

スタートアップなどのIT企業を誘致

島根県では人口減少の課題を解決するために「Rubyの街」という特色を利用してスタートアップなどのIT企業の誘致を行っています。

特にRubyを利用する企業を中心に誘致を行い、島根県にIT企業を増やすことで島根県での就職率の向上を目指しているのです。島根県のIT産業の活性化も図れるため、人口減少の食い止めにもつながっています。

島根県のオープンイノベーションの取り組み

島根県のオープンイノベーションの取り組みは様々ですが、主軸となっているのが「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。ここでは「Ruby City MATSUEプロジェクト」をはじめ「しまねソフト研究開発センター」と「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」の3つの取り組みを紹介します。

IT技術を活用「しまねソフト研究開発センター」

1つ目の取り組みがIT技術を活用した「しまねソフト研究開発センター」です。IT分野の技術研究と開発、島根県内の企業が新たな商品とサービスを生み出すための支援を目的に「しまね産業振興財団」が2015年に設立されました。

島根県に研究拠点を持つ企業が利用対象で、オープンイノベーションを主軸とした新産業の創出に対する支援を受けられます。研究成果を幅広く公開するべく、世界中の技術者や研究者、機関とのスムーズな連携が可能です。

該当テーマに興味を持つ世界中の人と共創し、最終的には島根県へ企業や技術者を誘致することを目指しています。

新規事業化が目的「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」

新規事業化を目的とする取り組みが「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」です。後述する「Ruby City MATSUEプロジェクト」の一環で行われているコンテストになります。

IT産業の枠を超えて様々な分野の人々に情報提供し、オープンソースを活用したアイデアを新ビジネスとして新規事業化することがプロジェクトの目的です。コンテストは企業とのマッチングの機会にもなり、新たなビジネスに発掘にもつながるでしょう。

産官学が連携「Ruby City MATSUEプロジェクト」

最後に紹介するのが産官学と連携した「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。前述のとおり、Rubyはプログラミング言語で島根県松江市在住のまつもとひろゆき氏によって開発されました。

Rubyを島根県の資産と捉えて企業誘致に活用した取り組みが「Ruby City MATSUEプロジェクト」です。Rubyを利用する企業を誘致することで、地元での就職率促進を目指しています。

前述のとおり「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」は「Ruby City MATSUEプロジェクト」の一環として行われている取り組みの1つです。

島根県はオープンイノベーションを牽引する

島根県の新規事業の多くはオープンイノベーションによって誕生しています。ITを基盤として発展する島根県は、オープンイノベーションを牽引する地域といっても過言ではありません。

Rubyを軸に展開する「Ruby City MATSUEプロジェクト」やプログラミングのソースコードを公開することで、世界中の技術者との連携が図られています。

また連携が強化されれば、その結果としIT企業の誘致につながり、人口減少を抑えることも可能です。島根県で実施されるオープンイノベーションは他地域の参考となるでしょう。

ITに強いオープンイノベーションといえば島根県。その事例と特徴をご紹介!

2022年4月27日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント