12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

静岡で盛り上がるオープンイノベーションとは?自治体の事例も紹介

今、静岡では自社のみならず他社の技術や知識を活用したオープンイノベーションが盛り上がっているといわれています。では、実際に静岡の自治体ではどのような事例があるのでしょうか。
この記事では県が進める施策や交通に関する新たなオープンイノベーションを紹介します。静岡での新たなビジネスを模索している方はぜひ参考にしてください。

今オープンイノベーションが活発化する静岡

静岡のオープンイノベーションを取り巻く現状を把握するため、まず自治体が締結している連携協定や民間レベルのオープンイノベーション事例を紹介します。

県内自治体で様々な連携協定を締結

静岡県内の自治体は、地域活性化を見据えて様々な民間団体と連携協定を締結しており、その一例が静岡県東京事務所、伊豆急行株式会社、東急株式会社の3社連携協定です。

静岡県は人口減少などの課題を解決するため次世代の産業創出が不可欠になっています。3社の連携協定により、静岡県東伊豆エリアの産業振興や人材育成研修やプラットフォーム事業を共同で進めるとのことです。

同様に、静岡市でも人口減少問題に対応するためにソフトバンク株式会社と包括連携協定を締結しています。

地元3社によるしずおか未来共創プログラムStartingⅪ

静岡県に本社を構える静岡鉄道株式会社、静岡ガス株式会社、株式会社テレビ静岡の3社が共同で実施しているオープンイノベーションが、しずおか未来共創プログラム「StartingⅪ」です。

ICT・先進技術の活用、地域資源の活用、グローバル化への対応によって経済活性化、観光活性化、地域課題解決を目指す提案を募集し、地域密着型お買い物代行サービスを提案した企業が最優秀賞を受賞しました。

静岡のアクセラレータープログラム事例

静岡では大手企業がスタートアップに出資を目的とするイベントを開催するアクセラレータープログラムもいくつか始まっています。静岡経済同友会と一般社団法人INSPIREが協力して立ち上げた静岡創生アクセラレータ「テイクオフ静岡」もそのひとつです。

浜松アクセラレーター2021

地方自治体が関連したアクセラレータープログラムには、浜松市とCreww株式会社共催の浜松アクセラレーター2021があります。浜松市内のものづくり企業と全国のスタートアップ企業との協業によるイノベーションのモデル事例を創出し、浜松市の産業の活性化に繋げることを目的としています。2020年に続き、本プログラムでは、浜松市内のものづくり企業(6社)の優れた技術や製品などの経営資源と全国のスタートアップ企業の革新的な技術やアイデアの融合により、参加企業の新事業/サービスの創出や自社課題の解決を目指します。

【ものづくり企業6社×スタートアップ】8つの注目協業案!「浜松アクセラレーター2021」(前編)

2022年4月12日

続 【ものづくり企業6社×スタートアップ】8つの注目協業案!「浜松アクセラレーター2021」(後編)

2022年4月12日

浜松市の事例に学ぶ!自治体によるオープンイノベーションの考え方や動き方

2021年7月7日

事例1 県が進める施策や機構の設立

では、静岡県庁としては具体的にどのようなオープンイノベーションを進めているのでしょうか。ここで県が進める施策や機構を紹介します。

県の中核政策オープンイノベーション静岡

静岡県で官民が一体となり策定した産業成長戦略の施策のひとつとして、オープンイノベーション静岡が組成されました。このセンターは静岡県副知事がセンター長を務め、静岡県の有力企業や産業支援機関の代表者が支援企業に有益なアドバイスを提供しています。

マリンオープンイノベーションにも注目

駿河湾に接する静岡県は魅力的な海洋資源でも知られる存在です。そこで、マリンバイオテクノロジーをはじめとした「BlueTech(海洋先端技術)」によるイノベーションを推進し、多彩な産業創出を目指すプロジェクトが、マリンオープンイノベーションプロジェクト(MaOIプロジェクト)。委員会メンバーは産学官金と多岐に渡っています。

事例2 新たな移動サービスしずおかMaaS

交通分野でも静岡県ではオープンイノベーションが進んでいます。その代表例が静岡型MaaS基幹実証プロジェクト、しずおかMaaSです。

MaaSとは

まず、MaaSはICTを活用して複数の交通手段をひとつにつなぐという概念のこと。MaaSには他産業とのつながりが欠かせないため、オープンイノベーションとの相性が良い分野ともいえます。

しずおかMaaSの取り組み

しずおかMaaSは人口減少や高齢化が進む中、誰もが利用しやすい新たな移動サービスの提供や持続可能なまちづくりを目指して誕生した地域密着型官民連携のコンソーシアムです。すでにAI配車によるオンデマンド相乗りタクシーの実証実験やMaaSの事業採算性についての検証などの取り組みがおこなわれています。

今後の可能性

しずおかMaaSの構想実現には様々な団体が垣根を越えて協力する必要があることから、現在も技術会員を募集中です。他分野とのマッチングやMaaSの実験フィールドが提供されることから、今後さらに他業種の企業が集うのではないでしょうか。

静岡では海洋産業や交通政策が鍵

近年世界各国でSDGs(持続可能な開発目標)が注目を集めており、静岡も例外ではありません。ここで紹介したように、静岡では持続可能なまちづくりのために海洋産業や交通政策に力を入れ始めているのではないでしょうか。

今後、静岡でのビジネスやオープンイノベーション参画を目指している方は、この2つのキーワードに注目してみてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント