12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

【仙台市×みらいワークス】地域イノベーションプログラム『東北グロースアクセラレーター2022』開始!

みらいワークスは、仙台市と共に『東北グロースアクセラレーター2022』を2022年7月19日より開催します。プログラム開始に合わせて、参加企業のエントリーを開始しました。なお、本プログラムはCrewwが推進する地域イノベーションプログラム『47クルーズプロジェクト』に賛同頂いております。

『東北グロースアクセラレーター2022』開催の目的と特徴

TGA2022は、仙台市から世界を変えるソーシャル・スタートアップ(※1)の創出およびエコシステムの強化を目的に実施しています。(※2)TGA2022の大きな特徴として、TGA初となるシリコンバレー投資家・VC関係者との共同プログラム(仙台ミートアップ、シリコンバレーブートキャンプ)を実施いたします。仙台ミートアップでは、シリコンバレーから投資家・VC関係者をお招きし、採択企業との交流会を実施します。シリコンバレーブートキャンプでは、採択企業がシリコンバレーを訪問し、現地でのピッチイベントや交流会への参加を通じてネットワーク形成の機会を提供します。

『東北グロースアクセラレーター2022』概要

応募条件:以下のいずれかの条件を満たすスタートアップ、中小企業

①シード、アーリー期のスタートアップ
東北地方で事業拠点を有するまたは予定のある方。現時点での企業の所在地や事業実施場所は不問。全国からエントリー可能。
②事業再構築・第二創業を目指す中小企業の方:事業拠点が東北エリアの方に限る。

※詳細はWEBサイトよりご確認をお願いします。
URL:https://startup-tohoku.jp/

スケジュール

・応募受付開始:2022年7月19日(火)
・応募締切:2022年8月19日(金)予定
・書類審査:2022年8月22日(月)~8月31日(水)予定
・ピッチ審査会/プログラムキックオフイベント:2022年9月16日(金)午後
・採択者決定:2022年9月22日(木)
・レクチャー/メンタリング/ワークショップ:2022年9月下旬~2023年3月末
・成果発表会:2023年2月下旬

※1 ソーシャル・スタートアップとは:社会課題を常識に捉われない革新的なビジネスモデルで解決し、経済価値を出しながら持続的な成長を目指す若い企業・組織のこと。

※2 仙台市の「グローバルスタートアップ創出・ネットワーク構築業務」受託に関するプレスリリース(https://www.mirai-works.co.jp/pressrooms/news602)

みらいワークスについて

株式会社みらいワークスは「日本のみらいの為に挑戦する人を増やす」をミッション、「プロフェッショナル人材が挑戦するエコシステムを創造する」をビジョンに掲げ、人材が働き方や働く場所に縛られずに挑戦するための機会提供や挑戦の支援を行うサービスを提供しています。2022年6月現在、登録プロフェッショナル人材は40,000名、クライアントは3,400社を超えています。

社名株式会社みらいワークス
設立2012年3月
所在地東京都港区
代表者代表取締役社長 岡本祥治
事業概要プロフェッショナルに特化した人材サービスとソリューションサービスを提供
登録プロフェッショナル40,000名、クライアント3,400社(2022年6月30日時点)
各種サービス:
フリーランスのマッチングサービス「フリーコンサルタント.jp」 https://freeconsultant.jp/
お試し稼働付き転職支援サービス「大人のインターン」
https://otona-no-intern.jp/
転職支援サービス「プロフェッショナルキャリア」
https://professional-career.jp/
転職力を上げるためのキャリア情報サイト「FIND CAREERS」 https://www.findcareers.jp/
地方副業Webプラットフォーム「Skill Shift」
https://www.skill-shift.com/
地方転職Webプラットフォーム「Glocal Mission Jobs」
https://glocalmissionjobs.jp/
地方で働くことを考えるニュースサイト「Glocal Mission Times」 https://www.glocaltimes.jp/
URLhttps://www.mirai-works.co.jp/

Crewwについて

Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれのニーズにマッチした様々なサービスを提供しています。2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを270社以上と実施しこれまで約750件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約6000のスタートアップが登録しています。

当社は、国内トップクラスの実績を元に、地域に根ざした経営資源を持つ地域企業とスタートアップとのオープンイノベーションを推進する「47(よんなな)クルーズプロジェクト」を実施しています。

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金8億2,955万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■地域のオープンイノベーションプログラム「47(よんなな)クルーズプロジェクト
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント