12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020
ホーム Startup

Startup

【セブン銀行 × one visa】 外国籍人材向けビザ申請サービス“one visa” アクセラレータープログラムから資金調達成功までの裏側!

セブン銀行が2016年から始めたアクセラレータープログラム。採択されたスタートアップは、日本で働く外国人労働者のビザ取得をサポートするone visaだ。しかし両社は取り組みを進めるも、当時は事業化には至らなかった。ただその後も関係性は続き...

AR(拡張現実)とウェアラブルで テクノスポーツの市場を切り拓く

実際にかめはめ波を撃ってみたい! 魔法を使いたい! 幼少の頃に誰もが抱いた夢をウェアラブルデバイスとAR(拡張現実)で実現してしまったのが株式会社meleap(メリープ)が開発した「HADO(ハドー)」です。

eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】がeスポーツチーム「Whales Rush」とスポンサー契約!

eスポーツ学習サービス「ゲシピ(gecipe)」を運営するゲシピ株式会社は、eスポーツチーム「Whales Rush」とのスポンサー提携・事業提携により、同eスポーツチームを支援しながら、学習コンテンツや練習機能を拡充し、より多くのeスポーツアスリートを輩出できるよう事業を加速していくことを発表した。

LikePayが、East Venturesを引受先とする第三者割当増資を実施

よく行くお店の投稿で「いいね!」の数を割引にできるサービス「LikePay」は、East Venturesを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額1000万円の資金調達をしたことを発表した。

toraruと八神製作所が共創!新しい移動サービス“GENCHI”を使用した新規事業の協業検討開始!

株式会社toraruと株式会社八神製作所は、クラウドソーシング型体験共有で創る新しい移動サービス“GENCHI”の企画・応用・拡張をはじめとする新規事業の協業について2019年5月より検討開始したことを発表した。

「完全週休3日制」。コアバリューが成長のカギ。

600(ロッピャク)株式会社は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため「無人コンビニ」を手掛けている。急成長を遂げる一方で、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れる同社の意向について、代表取締役の久保 渓氏にお話を伺った。 ※この記事は、2019年3月19日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

「送り迎え」から手軽に利用できる育児代行サービス『ikuzeee(イクジー)』

労働環境の変化、待機児童問題や保育所不足など、育児代行サービスへの期待は増すばかりである。日本の未来を担う子どもたちを健やかに育てるため、子育て世帯に求められる子育て支援とは…。需要に応えるサービスを提供し、新しい子育て文化の創造を目指すレイブリー代表の作前雄也氏にお話を伺った。 ※この記事は、2019年2月6日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

“コーヒーの濃さ”を簡単に調節できるドリッパー『ドリルドリッパー』

KOANDRO株式会社は、コーヒーに関わる全てのヒト・モノ・情報をプラットフォームとして展開し、おいしいコーヒーを家庭で飲める環境を日本市場で作っていくことを目指している。コーヒー文化のフォースウェーブを牽引していきたいと考える代表取締役大澤広輔氏に、起業に至るまでの想いや、当社の製品・サービスについてお話を伺った。

子育てをアップデート!子育Tech Meetupレポート

ワーク・ライフバランスコンサルタントの大西友美子氏の講演をはじめ、斬新なサービスを通して世のパパ&ママの生活の困りごとを解決しているスタートアップ5社が集結。子育てに関する社会の現状や新潮流を探った。

脳神経科学×ビジネスの最前線ココにアリ!「Brain Tech Meetup」

「Brain Tech Meetup ~世界のブレインテック動向と脳神経科学ビジネスの可能性を探る~」では、脳神経科学、本領域の最前線で活躍する有識者を招聘しブレインテックの可能性に迫った。

「オーナー制度」の仕組みを利用したプラットフォーム

2015年12月にサービスを開始したOWNERS(オーナーズ)。生産者に直接登録費を支払って期間オーナーになる「オーナー制度」の仕組みを利用したプラットフォームだ...

コルクがつくり上げるコンテンツメーカーの未来

コンテンツのクリエイションには、作家と、それを支える編集者がいる。『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』『働きマン』『バガボンド』といった大ヒット漫画に携わってきた編集者として知られる佐渡島庸平さん。2012年9月に講談社を退職し、クリエイターのエージェント会社であるコルクを立ち上げた。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

オープンイノベーション促進税制とは?概要や企業側のメリットを解説

オープンイノベーション促進税制が、令和2年4月から2年の期限付きで創設されました。これはスタートアップへ出資した企業が所得控除を受けられる制度です。スタートアップとのオープンイノベーションを検討している企業にとっては、追い風になる制度といえるでしょう。 この記事では、オープンイノベーション促進税制の概説と、企業にとってどのようなメリットがあるのかについて解説します。 #オープンイノベーション促進税制

農業×AIにより独自の栽培方法を確立し、農家支援を行うアグリテックスタートアップ「Happy Quality」が資金調達を実施

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業務を展開するHappy Qualityは、Sony Innovation Fund、一般社団法人ベンチャー投資育成研究会より資金調達を実施... #アグリテック #資金調達 #農業AI

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

国内のアクセラレーターの特徴とシーン別活用法、今後の展望について

日本国内に初めてアクセラレーターが登場したのは2012年のことでした。それ以降、年々アクセラレーターは増加傾向にあります。オープンイノベーションにおいて重要な役割を担っているアクセラレーターの現状はどうなっているのでしょうか?その特徴、シーン別の活用方法、今後の展望など、多角的に解説していきます。 #アクセラレーター #種類 #活用方法