12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

自宅を超集中空間に変える!小学生向けオンライン自習室『Herazika』提供開始

株式会社Herazikaは、自習室をおウチで再現するWebサービス『Herazika(ヘラズィカ)』小学生版の提供を開始しました。

『Herazika』のサービスとは

塾・図書館などの「自習室」を自宅で再現できるWebサービス
・親の声かけなく、子ども自ら机に向かう”習慣化”機能付き
・東大・リクルート・ヤフー・小学校教諭、出身チームが開発

2つの特徴

#1<お悩み解決>
勉強途中でダラける…→ 管理人+小学生チームで相互監視しながら勉強

・見られているから、頑張れる
・ほか小学生が頑張っている姿がみえるから、頑張れる
・95%のユーザーが「集中力が上がった」と回答

#2<お悩み解決>
親に注意されるまで勉強しない…→ 勉強を習慣化する時間帯を設定×勉強仲間との待ち合わせ時間

・同じ時間を設定した小学生同士で、6人チームを自動的に編成(大人の運営1名含む)
・図書館で友達と待ち合わせ、一緒に勉強するような感覚をオンラインで実現
・88%のユーザーが「親の声かけが少なくなった」と回答

使い方(かんたん3ステップ)

【STEP1】
勉強を習慣化する時間帯を設定

【STEP2】
運営+ほか小学生ユーザー5名と自動的にチーム編成

【STEP3】
時間になったら自習室(Herazika)に入室

・勉強前の簡易的な準備体操など運営が音頭をとります
・顔と背景にはボカシがかかります
・マイク機能ナシ(メンバー同士で会話はできません)

Herazika(ヘラズィカ)15秒かんたん登録
▶︎https://jr.herazika.com/

■代表者のひとこと

「コントロール不能なやる気なんぞ豚にでも食わせておけ。」
少し乱暴な言い方ではありますが、私がHerazikaを設計するにあたって大事にしている考え方です。

やる気というものは日々の調子や精神状態によって波があるものです。小学生なら大人よりさらに波が激しいのではないでしょうか。
この厄介なやる気に頼っていては、勉強を習慣化することは非常に難しい – できる日もあれば、できない日もある。そして、悲しいかな、大概はできない時の方が多い。

結論、勉強を習慣化するにあたって、コントロールの難しいやる気ではなく(ましてや親の声かけでもなく)、仕組みに頼ろう、ということです。

一般的な自習室は集中力を補う役割を持っていますが、Herazikaではその機能に加え、子ども自ら机に向かい易くなるよう、勉強を習慣化しやすいよう設計しています。そのため”習慣型”オンライン自習室と銘打っています。

近年、世界は目まぐるしい速度で変化しています – 我が子たちが大人になる頃にはもっと加速すると言われています。ということは、身につけたスキルや知識の陳腐化も早くなるということです。

このような時代を楽しみきるためには、”学び続ける力”が必要だと考えています。

食事マナーを叩き込まれた子どもが、大人になっても美しい食べ方をすることと同じで、子どものうちに”自ら机に向かい、学ぶ”習慣を身につけた子は、生涯学び続けることでしょう。

子どもを机に向かわせるための声かけは大変なものだと思います(私自身も経験があるのでよく分かります)。 Herazika(ヘラズィカ)が少しでも親御さまのココロの助けになることができたら幸いです。

■会社概要

社名 :株式会社Herazika
代表者:代表取締役 森山 大地
URL :https://jr.herazika.com/

■代表者プロフィール
1987年生まれ、二児の父。
ヤフー株式会社→Kaospilot→現職

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント