12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

自宅を超集中空間に変える!小学生向けオンライン自習室『Herazika』提供開始

株式会社Herazikaは、自習室をおウチで再現するWebサービス『Herazika(ヘラズィカ)』小学生版の提供を開始しました。

『Herazika』のサービスとは

塾・図書館などの「自習室」を自宅で再現できるWebサービス
・親の声かけなく、子ども自ら机に向かう”習慣化”機能付き
・東大・リクルート・ヤフー・小学校教諭、出身チームが開発

2つの特徴

#1<お悩み解決>
勉強途中でダラける…→ 管理人+小学生チームで相互監視しながら勉強

・見られているから、頑張れる
・ほか小学生が頑張っている姿がみえるから、頑張れる
・95%のユーザーが「集中力が上がった」と回答

#2<お悩み解決>
親に注意されるまで勉強しない…→ 勉強を習慣化する時間帯を設定×勉強仲間との待ち合わせ時間

・同じ時間を設定した小学生同士で、6人チームを自動的に編成(大人の運営1名含む)
・図書館で友達と待ち合わせ、一緒に勉強するような感覚をオンラインで実現
・88%のユーザーが「親の声かけが少なくなった」と回答

使い方(かんたん3ステップ)

【STEP1】
勉強を習慣化する時間帯を設定

【STEP2】
運営+ほか小学生ユーザー5名と自動的にチーム編成

【STEP3】
時間になったら自習室(Herazika)に入室

・勉強前の簡易的な準備体操など運営が音頭をとります
・顔と背景にはボカシがかかります
・マイク機能ナシ(メンバー同士で会話はできません)

Herazika(ヘラズィカ)15秒かんたん登録
▶︎https://jr.herazika.com/

■代表者のひとこと

「コントロール不能なやる気なんぞ豚にでも食わせておけ。」
少し乱暴な言い方ではありますが、私がHerazikaを設計するにあたって大事にしている考え方です。

やる気というものは日々の調子や精神状態によって波があるものです。小学生なら大人よりさらに波が激しいのではないでしょうか。
この厄介なやる気に頼っていては、勉強を習慣化することは非常に難しい – できる日もあれば、できない日もある。そして、悲しいかな、大概はできない時の方が多い。

結論、勉強を習慣化するにあたって、コントロールの難しいやる気ではなく(ましてや親の声かけでもなく)、仕組みに頼ろう、ということです。

一般的な自習室は集中力を補う役割を持っていますが、Herazikaではその機能に加え、子ども自ら机に向かい易くなるよう、勉強を習慣化しやすいよう設計しています。そのため”習慣型”オンライン自習室と銘打っています。

近年、世界は目まぐるしい速度で変化しています – 我が子たちが大人になる頃にはもっと加速すると言われています。ということは、身につけたスキルや知識の陳腐化も早くなるということです。

このような時代を楽しみきるためには、”学び続ける力”が必要だと考えています。

食事マナーを叩き込まれた子どもが、大人になっても美しい食べ方をすることと同じで、子どものうちに”自ら机に向かい、学ぶ”習慣を身につけた子は、生涯学び続けることでしょう。

子どもを机に向かわせるための声かけは大変なものだと思います(私自身も経験があるのでよく分かります)。 Herazika(ヘラズィカ)が少しでも親御さまのココロの助けになることができたら幸いです。

■会社概要

社名 :株式会社Herazika
代表者:代表取締役 森山 大地
URL :https://jr.herazika.com/

■代表者プロフィール
1987年生まれ、二児の父。
ヤフー株式会社→Kaospilot→現職

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント