12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

環境への配慮でお得に!「サステナブルなポイントアプリ」kammeko(カメコ)のβ版サービス開始!

持続可能なライフスタイルへの転換を促進するデジタルサービスを提供する、kammeko株式会社は、サステナブルな生活をサポートする無料のポイントアプリ「kammeko(カメコ)」β版を、2021年12月より提供開始しました。

環境に配慮した買い物が、ポイントになる。「サステナブルなポイントシステム」kammekoとは?

kammekoは、プラントベースや量り売り店、オーガニックやアップサイクル素材を使用したアパレルなど、環境負荷が低い商品を購入をすることで「スタンプ」を獲得し、それに応じてリワード、すなわち割引がもらえるポイントシステムです。

アプリでは環境に配慮した買い物をすることでリワードが与えられるほか、すぐに生活に取り入れられる、簡単な環境に優しいアクションについて学ぶことができます。お得で楽しいからこそ習慣化しやすい、サステナブルな消費行動を「やらなきゃ」から「やりたい」へと変えることを目指すサービスです。

  • サービスサイトURL:https://www.kammeko.com/
  • アプリURL:https://app.kammeko.com/signin        
    ※ベータ版kammekoアプリは、ウェブアプリのためダウンロードせずに利用できます。                        
  • ローンチ日:2021年12月1日

サービスの特徴

様々な消費行動でポイントがもらえる

カメコの加盟店で対象商品の購入すると、「スタンプ」をもらうことができます。リリースの時点では、プラスチックフリー、オーガニック、量り売り、マイカップ、プラントベースという5つのサステナブルな消費行動に当てはまる5つのスタンプが利用できます。

貯めたポイントはお得な割引に

スタンプを集めると、リワードが貯まります。リワードはカメコの加盟店で割引として使用できます。環境にもお財布にも優しいシステムで、持続可能な商品を選びやすくする仕組みです。

環境問題に詳しくなくても楽しめる、「テンションが上がる」サステナブルな体験の提供

SDGsやサステナビリティへの取り組みは、「やらなきゃ」という義務感に駆られることが少なくありません。そこで、単に環境に優しいからというだけでなく、サステナブルな要素を除いてもゲームのように「楽しい」から使いたくなる、そんなUXを心がけています。エコスタンプを貯める度に自分のアクションや行動パターンが可視化され、「チャレンジ」を達成していく楽しさが、持続可能な消費行動の習慣化に繋がることを願っています。

サービス詳細

①検索
カメコの加盟店の中からお店を検索
②スタンプ獲得
スタンプを集め、自分の消費パターンを可視化
③チャレンジ達成
「チャレンジ」に挑戦して新しいエコな習慣を楽しく取り入れる
④お得なクーポンの使用
「チャレンジ」を達成するとお得なクーポンがもらえます。クーポンはカメコの加盟店で割引として使用できます。環境にも、お財布にも優しい仕組み!

カメコが目指すこと​

ライフスタイルの転換を後押する

博報堂の『生活者のサステナブル購買行動調査2021』によると、SDGsに対する意識はこの2年間で大幅に高まり(+20pt)、特に社会問題や環境問題に危機感をもっている若年層が多いことがわかりました。しかし、この意識の変化が購買行動の変化に結びついていないことも明らかになっています。意識があっても行動を変えられないと言う課題に対して、生活を変える手助けをするために考えられたのがこのポイントシステムです。

「気づき」から「行動」へ

生活者は難しく感じることに、わざわざ取り組もうとは思わない。サステナブルな行動をとりいれてもらうためには、持続可能な選択肢がより手軽で魅力的であることが重要だとカメコは考えています。

「自分の消費が環境に与える影響を減らしたいという想いがある人でも、情報が少なかったり、商品に簡単にアクセスできなかったり、価格が手頃でないといった理由によって、アクションに繋がらないことが多い。私自身もこのような経験をしてきました。サステナブルな生活習慣を手軽に取り入れやすくし、持続可能なライフスタイルが好意的に認識されるのがkammekoの役割です。」
創業者、CEO ラファエル・オデ

運営会社kammekoについて

kammekoは2020年秋にアイデアとして生まれ、国連開発計画(UNDP)の若者によるソーシャルイノベーションと社会起業を支援するプログラム「UNDP Youth Co:Labスタートアップコンテスト」にてファイナリストに選出されました。2021年8月にはサステナブルなライフスタイルをメインストリームにすることをミッションに法人化され、国連の持続可能な開発目標のうち、12、13、14、15に積極的に貢献することを目指しています。

今後は、ユーザーが自分の消費の環境へのインパクトをトラッキングできるような機能やソーシャライジングの機能、教育コンテンツの充実などをはじめ、アプリを拡張していく予定です。加盟店やパートナー企業とのコラボレーションもさらに推進していきます。

社名:kammeko株式会社 
代表取締役:ラファエル・オデ
所在地:東京都渋谷区神南一丁目6番5号
設立:2021年8月25日
事業内容:ソフトウェア開発及びデジタルサービスの提供、
     デザイン及びマーケティングに関するコンサルティング、
     オンラインコンテンツの作成及び発信
URL:https://www.kammeko.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント