12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

留学領域のスタートアップ「スクールウィズ」が1億円超の資金調達を実施!アフターコロナに向け体制を強化!

日本最大級の留学メディア/留学エージェント「School With(スクールウィズ)」を運営する株式会社スクールウィズは、サムライインキュベートをリード投資家として第三者割当増資および融資による1億円超の資金調達を実施しました。アフターコロナに向け、体制強化に入っていきます。

留学業界はコロナの影響で大氷河期に

2020年3月、世界および日本国内でも新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい出してから、当然ながら海外留学の門は閉ざされてしまいました。

春休み期間中に留学していた大学生や、4月転職前に有給消化期間中に留学していた社会人も大混乱となり、その多くが正体不明の新型ウイルスのリスクから逃れるために緊急帰国をせざるを得ない状況となりました。4月以降に留学を予定していた方々も留学を断念することとなりました。

そのため、留学業界は未曾有の事態に直面し、大氷河期を迎える事態に陥りました。
このような状況下において、留学事業から撤退をする事業者も当然出てきましたが、スクールウィズはビジョン実現のための最短距離だと信じている留学事業からは、一貫して撤退しないという意思決定を行いました。

市場が凍える中、奇跡の第三者割当増資

しかしながら、いつ終わるかわからないコロナパンデミック。同社はできる限りの資金を確保する必要がありました。

そんな時、足元の売上が激減という厳しい状況にも関わらず、同社のビジョンと戦略に賛同し、第三者割当増資を株式会社サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」が実行しました。その後、フォロー投資で1社および1名の個人投資家より投資を受けることができました。

もちろん、同社もただ耐えていたわけではありません。日本人の英語学習の最大の課題である「継続学習」を、本気の仲間と学ぶことで解決し、TOEICスコアアップを目指す新サービス『Gariben』をローンチ(現在3期生)、オンラインで留学体験を最大化する『バーチャル留学』を各大学や中高向けに展開、中高生向けの英作文添削サービスの拡大、学校法人向けのコンサルティングサービスなど、様々な取り組みを行ってきました。

すべては同社のビジョンである「世界を舞台にする人があたりまえになる社会へ」からブレないことを信念として行動してきました。

アフターコロナでやってくる大留学時代に向けて

いつ終わるかわからなかった人類とコロナとの闘いも、ようやく終盤戦に入ったと思われます。来たるアフターコロナでの留学需要に応えるべく、スクールウィズ自体のリブランディング準備を進めつつ、新たな留学のサービスも準備中です。

スクールウィズは、コロナで留学へ行きたくても行けなかったすべての人たちの想いに応えるべく、より良いサービスを提供するためのさらなる体制強化を図っていきます。

▶リード投資家:サムライインキュベートからのコメント

スクールウィズは語学留学及び英語学習という切り口で、「世界を舞台にする人があたりまえになる社会」の実現に向けてブレずに突き進んでおります。代表の太田さん中心に、コロナ禍において留学自体が難しい局面においても、新規事業の開発や泥臭くできる積上げを淡々と行う姿を目の当たりにしてきました。

弊社もグローバルに事業を行っている一企業として、スクールウィズの事業及びVision実現は必ず大きく社会を発展させるものと確信して投資をさせていただきました。今後もスクールウィズが世界を変える人材を輩出するPlatformerとして発展し続けるために、支援させていただきたいと思います。

留学の新時代を一緒に創りませんか?

(左:代表取締役 太田 英基氏、右:執行役員CMO 佐藤 陽俊氏)

アフターコロナに向けて、スクールウィズでは新たな仲間を募集しています。まだまだ留学業界は不安定ではありますが、業界自体が新たに生まれ変わる良いタイミングなのかもしれません。そんな混沌期の中、同社では一緒により良い留学サービスを創っていきたいと思える情熱ある人を募集しています。

求人情報および応募は下記Wantedlyからご確認ください。
*Wantedly採用求人ページ
https://www.wantedly.com/companies/schoolwith
※留学カウンセラー、法人営業、事業開発ディレクター/PdM、Webエンジニア、人事HR等を募集中!

■運営会社:株式会社スクールウィズについて

日本最大級の留学メディアおよび留学エージェントサービスを提供。コロナにより、留学は一時的に渡航が難しい状況の中ではあったが、自社ビジョン「世界を舞台にする人があたりまえになる社会へ」の実現を目指すべく、新規事業のGaribenを含め、新たな挑戦を続けている。
*会社公式URL:https://corp.schoolwith.me

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント