12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

留学領域のスタートアップ「スクールウィズ」が1億円超の資金調達を実施!アフターコロナに向け体制を強化!

日本最大級の留学メディア/留学エージェント「School With(スクールウィズ)」を運営する株式会社スクールウィズは、サムライインキュベートをリード投資家として第三者割当増資および融資による1億円超の資金調達を実施しました。アフターコロナに向け、体制強化に入っていきます。

留学業界はコロナの影響で大氷河期に

2020年3月、世界および日本国内でも新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい出してから、当然ながら海外留学の門は閉ざされてしまいました。

春休み期間中に留学していた大学生や、4月転職前に有給消化期間中に留学していた社会人も大混乱となり、その多くが正体不明の新型ウイルスのリスクから逃れるために緊急帰国をせざるを得ない状況となりました。4月以降に留学を予定していた方々も留学を断念することとなりました。

そのため、留学業界は未曾有の事態に直面し、大氷河期を迎える事態に陥りました。
このような状況下において、留学事業から撤退をする事業者も当然出てきましたが、スクールウィズはビジョン実現のための最短距離だと信じている留学事業からは、一貫して撤退しないという意思決定を行いました。

市場が凍える中、奇跡の第三者割当増資

しかしながら、いつ終わるかわからないコロナパンデミック。同社はできる限りの資金を確保する必要がありました。

そんな時、足元の売上が激減という厳しい状況にも関わらず、同社のビジョンと戦略に賛同し、第三者割当増資を株式会社サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」が実行しました。その後、フォロー投資で1社および1名の個人投資家より投資を受けることができました。

もちろん、同社もただ耐えていたわけではありません。日本人の英語学習の最大の課題である「継続学習」を、本気の仲間と学ぶことで解決し、TOEICスコアアップを目指す新サービス『Gariben』をローンチ(現在3期生)、オンラインで留学体験を最大化する『バーチャル留学』を各大学や中高向けに展開、中高生向けの英作文添削サービスの拡大、学校法人向けのコンサルティングサービスなど、様々な取り組みを行ってきました。

すべては同社のビジョンである「世界を舞台にする人があたりまえになる社会へ」からブレないことを信念として行動してきました。

アフターコロナでやってくる大留学時代に向けて

いつ終わるかわからなかった人類とコロナとの闘いも、ようやく終盤戦に入ったと思われます。来たるアフターコロナでの留学需要に応えるべく、スクールウィズ自体のリブランディング準備を進めつつ、新たな留学のサービスも準備中です。

スクールウィズは、コロナで留学へ行きたくても行けなかったすべての人たちの想いに応えるべく、より良いサービスを提供するためのさらなる体制強化を図っていきます。

▶リード投資家:サムライインキュベートからのコメント

スクールウィズは語学留学及び英語学習という切り口で、「世界を舞台にする人があたりまえになる社会」の実現に向けてブレずに突き進んでおります。代表の太田さん中心に、コロナ禍において留学自体が難しい局面においても、新規事業の開発や泥臭くできる積上げを淡々と行う姿を目の当たりにしてきました。

弊社もグローバルに事業を行っている一企業として、スクールウィズの事業及びVision実現は必ず大きく社会を発展させるものと確信して投資をさせていただきました。今後もスクールウィズが世界を変える人材を輩出するPlatformerとして発展し続けるために、支援させていただきたいと思います。

留学の新時代を一緒に創りませんか?

(左:代表取締役 太田 英基氏、右:執行役員CMO 佐藤 陽俊氏)

アフターコロナに向けて、スクールウィズでは新たな仲間を募集しています。まだまだ留学業界は不安定ではありますが、業界自体が新たに生まれ変わる良いタイミングなのかもしれません。そんな混沌期の中、同社では一緒により良い留学サービスを創っていきたいと思える情熱ある人を募集しています。

求人情報および応募は下記Wantedlyからご確認ください。
*Wantedly採用求人ページ
https://www.wantedly.com/companies/schoolwith
※留学カウンセラー、法人営業、事業開発ディレクター/PdM、Webエンジニア、人事HR等を募集中!

■運営会社:株式会社スクールウィズについて

日本最大級の留学メディアおよび留学エージェントサービスを提供。コロナにより、留学は一時的に渡航が難しい状況の中ではあったが、自社ビジョン「世界を舞台にする人があたりまえになる社会へ」の実現を目指すべく、新規事業のGaribenを含め、新たな挑戦を続けている。
*会社公式URL:https://corp.schoolwith.me

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント