12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

ライバープロダクション事業を展開するPRIME、博報堂DYベンチャーズから資金調達を実施

ライバープロダクション事業を運営するPRIMEは、博報堂DYベンチャーズが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資を実施した。これまでの資金調達は総額で約5億円となる。今後は、ライバープロダクション事業拡大の更なる加速のため、人材採用・組織拡大を図っていく方針だ。

資金調達の背景

昨今のライブ配信ビジネスは、先行する中国で大手プラットフォーム9社が上場するなど拡大が続き、その流れを汲む形で日本においても急速に成長中である。テクノロジーの進化により、スマートフォン1台で時間や場所を問わずに配信できる時代となり、インフルエンサーのみならず、自分らしいライフスタイルを目指す人々から、注目を集めている。

<ライバーとして活躍されている方々の事例>
・子育てと仕事を両立したい、おうち時間に楽しめるエンターテイメントとして
・地方で暮らしつつ、全国の人々と話しながらギフトを受け取れる、新しい働き方として
・フリーランスとして働いており、自由になった時間を活かした取り組みとして
・新たなキャリアやなりたい姿を目指しており、応援してくれる人とのコミュニケーションとして

そのほか、ライバーと視聴者(リスナー)がインタラクティブにコミュニケーションを取ることができることも特徴であり、職場や家庭などに次ぐ、新たなコミュニティとして定着しつつありる。

ライブ配信プラットフォームやライバーの数が増加する一方で、一歩を踏み出すことに不安を感じる方、リスナーの方とコミュニケーションの取り方が分からずに配信初期でつまづいてしまう方や、継続的にライバーとして活動していくために十分な収益を出せていないといった方も多くおり、新しくデビューした方からは、活躍するためのノウハウ、配信に集中するための環境、サポートを求める声が数多く上がっている。

PRIMEの取り組み

ライバープロダクションであるPRIMEは、ライブプラットフォームから得られるデータを解析し、その結果に基づいてライバーの方を発掘・育成のフェーズから支援している。成功パターンの共有のほか、ライバー間のコミュニティの構築、継続的な活躍を支える専門チーム(ライバーサクセス)が一人ひとりに寄り添うことを通じて、ライバーのポテンシャルを最大化に向け、取り組んでいる。

大手ライブプラットフォームとも連携を行っており、ライバーからの実績と信頼も厚く、現在までに所属数は6,000人超に至る。今後は、テクノロジーカンパニーの強みを活かしながら、ライバープロダクション事業の展開を通じて、世の中を魅了するライバーを更に発掘・育成する。

今回の資金調達を受け、事業成長に向けた人材採用、テクノロジーの開発強化を中心に、更なる事業規模の拡大に資金を充てる方針だ。

▼求人はこちら
https://www.wantedly.com/companies/primeagain

出資者からのコメント

HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND
株式会社博報堂DYベンチャーズ マネージングパートナー/取締役COO 武田紘典氏

ライブ配信ビジネスは、国内外で急速な勢いで生活者に浸透しつつあり、今後はライブコマースなどの新たな広がりも含め、更なる成長が見込まれる領域です。
PRIMEは、ライブ配信プラットフォームのデータ解析を行い、配信者であるライバーの発掘・育成と、ファンであるリスナーを増加させるサイクルを構築している企業です。今後は、博報堂DYグループの生活者発想及びクリエイティビティとPRIMEのライバーを応援するパッション、マネジメントノウハウを掛け合わせることで、ライバーの新たな活躍の場を創出し、同社とライブ配信マーケットの成長に向け共にチャレンジしていきたいと思います。

株式会社PRIME 代表 コメント

株式会社PRIME 代表取締役 阿部伸弘氏

ライブ配信市場が今後も成長を加速していく中、心強い株主として、博報堂DYベンチャーズ様に資本参加いただけたことをとても嬉しく思っています。今後はライブ配信プラットフォームの枠を出て、新しい取り組みとしてテレビや雑誌とのタイアップ等を、株主やパートナー企業の皆様と協力しながら実現することで、ライバーの皆さんと共に大きな成長を目指していきます。
PRIMEではライブ時代を代表する会社を本気で作っていきたい仲間を募集しています。PRIMEはテクノロジーを活用したライバーマネジメントにおけるITスタートアップであり、これまでにない新たなマーケットを一緒に創っていく方々のご応募をお待ちしています。

パートナー企業からのコメント

株式会社ディー・エヌ・エー Pocochaプロデューサー 水田大輔氏

Pocochaのプロデューサーとして、約5年間ライブ配信市場に向き合ってきている中で、昨今では「ライバー」という職業であり生き方を選択してくださる人が増えていることを実感しており、ライバーマネジメント事業の市場も大きく拡大しています。
PRIME社は、2017年にPocochaを立ち上げた頃から、私たちと共にライブ配信市場に可能性を見出して、スタートアップとしてライバーマネジメント事業を本格的に乗り出した”先駆者”的な存在です。誰もがライブ配信を楽しむことができる未来を信じて共に歩んできたパートナーでもあります。今回の資金調達を機に、Pococha創成期からライバー・ライブ配信市場と向き合い続けてきたPRIME社ならではの深いユーザーインサイトと、CEO・阿部様の持ち味でもある本質思考、そしてデータドリブンな事業推進を基盤とし、共に事業をさらに加速させていけると信じています。

株式会社PRIMEについて

株式会社PRIMEは、2010年に設立し、2017年よりライバーマネジメント事業を始動している。
ライブコミュニケーションアプリ「Pococha*」で上位にランクインし続けるトップクラスのライバーが所属しており、現在では6,000人(2021年11月時点)を超えるライバーが所属する最大級のライバー事務所に成長している。
テクノロジーを活用して、データ分析による数値分析によるライブ配信ノウハウの提供のほか、自社開発のコミュニケーションをサポートするツールの提供などを行い、再現性のあるライバ―育成を行っている。ライブ配信ビジネスにおけるプロダクションのパイオニアとして、新しい時代で活躍する方々をサポートを通じて、新たなコミュニケーションの創出に貢献。「世界中の人々の自己実現をテクノロジーで叶える」という企業理念の実現を目指す。

*「Pococha(https://www.pococha.com)」は株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するソーシャルライブコミュニティである。スマートフォンで誰でもいつでも簡単にライブ配信ができ、リスナー(視聴者)は、お気に入りの配信者へコメントを送ったりアイテムを使ったりすることで、双方向のコミュニケーションを楽しむことができる。

社名株式会社PRIME
設立2010年12月
所在地東京都渋谷区宇田川町 36-6 ワールド宇田川 4 階
代表者代表取締役:阿部 伸弘(あべ のぶひろ)
取締役  :角田 藍美(すみた あいみ)
株主当社役員、アイモバイル、イーストベンチャーズ、NTTドコモ・ベンチャーズ、gumi ventures、博報堂DYベンチャーズ、他ベンチャーキャピタル、個人投資家(順不同)
URLhttps://primeagain.co.jp/
公式SNS:https://twitter.com/prime_inc_jp


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント