12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

ライバープロダクション事業を展開するPRIME、博報堂DYベンチャーズから資金調達を実施

ライバープロダクション事業を運営するPRIMEは、博報堂DYベンチャーズが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資を実施した。これまでの資金調達は総額で約5億円となる。今後は、ライバープロダクション事業拡大の更なる加速のため、人材採用・組織拡大を図っていく方針だ。

資金調達の背景

昨今のライブ配信ビジネスは、先行する中国で大手プラットフォーム9社が上場するなど拡大が続き、その流れを汲む形で日本においても急速に成長中である。テクノロジーの進化により、スマートフォン1台で時間や場所を問わずに配信できる時代となり、インフルエンサーのみならず、自分らしいライフスタイルを目指す人々から、注目を集めている。

<ライバーとして活躍されている方々の事例>
・子育てと仕事を両立したい、おうち時間に楽しめるエンターテイメントとして
・地方で暮らしつつ、全国の人々と話しながらギフトを受け取れる、新しい働き方として
・フリーランスとして働いており、自由になった時間を活かした取り組みとして
・新たなキャリアやなりたい姿を目指しており、応援してくれる人とのコミュニケーションとして

そのほか、ライバーと視聴者(リスナー)がインタラクティブにコミュニケーションを取ることができることも特徴であり、職場や家庭などに次ぐ、新たなコミュニティとして定着しつつありる。

ライブ配信プラットフォームやライバーの数が増加する一方で、一歩を踏み出すことに不安を感じる方、リスナーの方とコミュニケーションの取り方が分からずに配信初期でつまづいてしまう方や、継続的にライバーとして活動していくために十分な収益を出せていないといった方も多くおり、新しくデビューした方からは、活躍するためのノウハウ、配信に集中するための環境、サポートを求める声が数多く上がっている。

PRIMEの取り組み

ライバープロダクションであるPRIMEは、ライブプラットフォームから得られるデータを解析し、その結果に基づいてライバーの方を発掘・育成のフェーズから支援している。成功パターンの共有のほか、ライバー間のコミュニティの構築、継続的な活躍を支える専門チーム(ライバーサクセス)が一人ひとりに寄り添うことを通じて、ライバーのポテンシャルを最大化に向け、取り組んでいる。

大手ライブプラットフォームとも連携を行っており、ライバーからの実績と信頼も厚く、現在までに所属数は6,000人超に至る。今後は、テクノロジーカンパニーの強みを活かしながら、ライバープロダクション事業の展開を通じて、世の中を魅了するライバーを更に発掘・育成する。

今回の資金調達を受け、事業成長に向けた人材採用、テクノロジーの開発強化を中心に、更なる事業規模の拡大に資金を充てる方針だ。

▼求人はこちら
https://www.wantedly.com/companies/primeagain

出資者からのコメント

HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND
株式会社博報堂DYベンチャーズ マネージングパートナー/取締役COO 武田紘典氏

ライブ配信ビジネスは、国内外で急速な勢いで生活者に浸透しつつあり、今後はライブコマースなどの新たな広がりも含め、更なる成長が見込まれる領域です。
PRIMEは、ライブ配信プラットフォームのデータ解析を行い、配信者であるライバーの発掘・育成と、ファンであるリスナーを増加させるサイクルを構築している企業です。今後は、博報堂DYグループの生活者発想及びクリエイティビティとPRIMEのライバーを応援するパッション、マネジメントノウハウを掛け合わせることで、ライバーの新たな活躍の場を創出し、同社とライブ配信マーケットの成長に向け共にチャレンジしていきたいと思います。

株式会社PRIME 代表 コメント

株式会社PRIME 代表取締役 阿部伸弘氏

ライブ配信市場が今後も成長を加速していく中、心強い株主として、博報堂DYベンチャーズ様に資本参加いただけたことをとても嬉しく思っています。今後はライブ配信プラットフォームの枠を出て、新しい取り組みとしてテレビや雑誌とのタイアップ等を、株主やパートナー企業の皆様と協力しながら実現することで、ライバーの皆さんと共に大きな成長を目指していきます。
PRIMEではライブ時代を代表する会社を本気で作っていきたい仲間を募集しています。PRIMEはテクノロジーを活用したライバーマネジメントにおけるITスタートアップであり、これまでにない新たなマーケットを一緒に創っていく方々のご応募をお待ちしています。

パートナー企業からのコメント

株式会社ディー・エヌ・エー Pocochaプロデューサー 水田大輔氏

Pocochaのプロデューサーとして、約5年間ライブ配信市場に向き合ってきている中で、昨今では「ライバー」という職業であり生き方を選択してくださる人が増えていることを実感しており、ライバーマネジメント事業の市場も大きく拡大しています。
PRIME社は、2017年にPocochaを立ち上げた頃から、私たちと共にライブ配信市場に可能性を見出して、スタートアップとしてライバーマネジメント事業を本格的に乗り出した”先駆者”的な存在です。誰もがライブ配信を楽しむことができる未来を信じて共に歩んできたパートナーでもあります。今回の資金調達を機に、Pococha創成期からライバー・ライブ配信市場と向き合い続けてきたPRIME社ならではの深いユーザーインサイトと、CEO・阿部様の持ち味でもある本質思考、そしてデータドリブンな事業推進を基盤とし、共に事業をさらに加速させていけると信じています。

株式会社PRIMEについて

株式会社PRIMEは、2010年に設立し、2017年よりライバーマネジメント事業を始動している。
ライブコミュニケーションアプリ「Pococha*」で上位にランクインし続けるトップクラスのライバーが所属しており、現在では6,000人(2021年11月時点)を超えるライバーが所属する最大級のライバー事務所に成長している。
テクノロジーを活用して、データ分析による数値分析によるライブ配信ノウハウの提供のほか、自社開発のコミュニケーションをサポートするツールの提供などを行い、再現性のあるライバ―育成を行っている。ライブ配信ビジネスにおけるプロダクションのパイオニアとして、新しい時代で活躍する方々をサポートを通じて、新たなコミュニケーションの創出に貢献。「世界中の人々の自己実現をテクノロジーで叶える」という企業理念の実現を目指す。

*「Pococha(https://www.pococha.com)」は株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するソーシャルライブコミュニティである。スマートフォンで誰でもいつでも簡単にライブ配信ができ、リスナー(視聴者)は、お気に入りの配信者へコメントを送ったりアイテムを使ったりすることで、双方向のコミュニケーションを楽しむことができる。

社名株式会社PRIME
設立2010年12月
所在地東京都渋谷区宇田川町 36-6 ワールド宇田川 4 階
代表者代表取締役:阿部 伸弘(あべ のぶひろ)
取締役  :角田 藍美(すみた あいみ)
株主当社役員、アイモバイル、イーストベンチャーズ、NTTドコモ・ベンチャーズ、gumi ventures、博報堂DYベンチャーズ、他ベンチャーキャピタル、個人投資家(順不同)
URLhttps://primeagain.co.jp/
公式SNS:https://twitter.com/prime_inc_jp


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント