12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

青森の自治体オープンイノベーション事例とは?重要キーワードも解説

自社のみならず、様々な企業や団体の知識や技術を結集することで目的を達成するオープンイノベーションが注目を集めています。最近では自治体がこの取り組みに関わっているケースも増えているため、自分が関係する県の状況が気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで、今回は青森のオープンイノベーション事例を重要キーワードと共に紹介します。

青森県のオープンイノベーション状況

必要な技術や知識を自社だけで調達するクローズドイノベーションに対して、他社のリソースも活用するのがオープンイノベーションです。ここではまず青森県内でのオープンイノベーション状況を解説していきます。

青森県の産業の特徴とは

経済産業省の「2020年工業統計調査(概要)」によると、さば缶詰やコネクタなど国内トップクラスの工業製品が豊富です。また、県内は農林水産物も豊かであることから、「あおもり農工ベストミックス新産業創出構想」を打ち出し、農業と工業を結びつけた新しい産業の創出も目指しています。

青森市のアクセラレータープログラム事例

青森市では、市内のベンチャー企業・スタートアップの育成のためアクセラレータープログラム青森アクセラレータープログラム」を実施しています。第1期目となる2021年度は、27件のビジネスプラン応募の中から、8社のスタートアップが採択されました。

青森ライフイノベーション戦略とは

青森県庁のオープンイノベーションへの方向性を知る上で、青森ライフイノベーション戦略が参考になります。青森ライフイノベーション戦略とは、県民の生活の質・幸福度の向上、基幹産業化、新規ビジネス創出、青森県のブランド確立を基本的目標とし、県内企業による外貨獲得の強化を図るものです。

青森ライフイノベーション戦略の重点分野は医工連携、サービス、プロダクトの3点で、特に医工連携についてはオープンイノベーション事例にも関連してきます。

事例1 イノベーション・ネットワークあおもり

最初に紹介するのは、青森県での新規事業や新規産業を目的とするイノベーション・ネットワークあおもりです。

ネットワークを活用して相乗効果を発揮

イノベーション・ネットワークあおもりはラウンドテーブルとタスクフォースという団体で構成されています。青森県工業会などの「産」、弘前大学などの「学」、青森県庁などの「官」、青森銀行やみちのく銀行などの「金」が構成メンバーになっていることから、産官学金と青森県内の多岐にわたる団体が集結している点が特徴です。

地域・分野ごとにおこなわれていた連携が広域化される点や、ネットワークを通じた加速度的な事業効果の獲得が期待できます。

活動内容を紹介

ラウンドテーブルとして、定期的にタスクフォースの活動状況報告や青森県のイノベーションの方向性提言がおこなわれています。また、あおもり産学官金連携イノベーションアワードを毎年開催し、先導的で優良な取り組みをしている県内の民間事業者を表彰していることも活動内容のひとつです。

事例2 健康未来イノベーションプロジェクト

続いて紹介するのは、弘前大学が中心となり、青森県も協力する弘前大学COIが取り組む健康未来イノベーションプロジェクトです。

最短命県ゆえに誕生したプロジェクト

厚生労働省の都道府県別平均寿命ランキングによると、青森県は平均寿命最下位の状態が続いています。日本一の短命県という事実をネガティブにだけ捉えるのではなく、短命県だからこそ医療・健康面での実証開発フィールドに適していると考えて始まったのがこのプロジェクトです。

健康未来イノベーションプロジェクトでも産学官民が連携し、強力な推進体制を構築しています。

活動内容を紹介

県内の幅広いネットワークを活用した健康に関する膨大なビッグデータがプロジェクトの特徴のひとつ。弘前大学COIではこのデータを活用した研究開発やビジネス化に取り組んでいます。

さらに特筆すべきは、第1回日本オープンイノベーション大賞における最高賞、「内閣総理大臣賞」の受賞です。弘前大学COIのビッグデータを活用した予兆法・予防法に伴う経済効果や県民の健康への価値観のシフトに貢献したことが評価され、受賞に至りました。

青森のオープンイノベーションは健康に注目

青森県が打ち立てている青森ライフイノベーション戦略弘前大学COIの事例からもわかるように、青森県におけるオープンイノベーションは医療や健康が重要なキーワードとなります。青森県には健康に関するビッグデータを保有している点も見逃せません。

医療・健康分野でのスタートアップを予定している方や、こちらの分野に強みを持つ経営者の方は、青森県のオープンイノベションに今後も注目してみてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント