12.8 C
Japan
月曜日, 12月 5, 2022

スポーツ庁、アクセラレーションプログラム開催!全国3地域のスポーツチーム/団体のパートナー企業を募集!

スポーツ庁は、「スポーツオープンイノベーション推進事業」において、全国3地域(北海道、甲信越・北陸、東海)にて、アクセラレーションプログラム『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022の開催、ならびに各地域のスポーツチーム/団体とともにスポーツ産業の新たな未来をつくるパートナー企業の募集をします。

「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022」について

「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022」は、スポーツの力とあらゆる産業の共創で、スポーツチーム/団体を通して地域の社会課題を解決しながら、新たなビジネス・価値の創出を目指すプロジェクトです。

各地域のスポーツチーム/団体は地域に根付いているからこそ、地域で抱える社会課題や、地域として目指す未来・ビジョンをより明確に把握しています。エントリーいただいた事業アイデアの中から書類選考で選ばれたパートナー企業は、スポーツチーム/団体と共に2日間のBUSINESS BUILDでディスカッション・ビジネスプランのブラッシュアップを実施し、新たな事業の骨組みを創り上げます。

その中から採択されたパートナー企業はインキュベーションに入り、地場企業や団体、全国のサポーター企業、スポーツビジネス・各業界に精通したメンターの協力のもと、共創ビジネスアイデアの社会実装・事業化を目指していきます。

今回は、北海道、甲信越・北陸、東海が舞台。スポーツを核とした地域活性化を実現し、各地域から、日本全土へ、そして世界へと、「スポーツの成長産業化」を目指します。

各チーム/団体の募集テーマ

※募集背景など詳細は募集概要ページを必ず御確認ください

●北海道エリア 『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022 HOKKAIDO』
~行政機関と地場企業一体となった積極的なスポーツ関連施策による豊富なネットワーク~

エスポラーダ北海道(フットサル)
募集テーマ:フットサル・チームの魅力を“引き出し”“広げる”新たなコミュニケーションの創出

北海道コンサドーレ札幌(サッカー)
募集テーマ:チームとファンの新たな繋がりで、次世代の北海道を盛り上げる

ヴォレアス北海道(バレーボール)
募集テーマ:地域とチームの魅力を引き出す。ファンによるファン活性のための仕組みづくり

●甲信越・北陸エリア 『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022 KOSHINETSU-HOKURIKU』
~地域との一体感を強みに、甲信越・北陸の街で社会実装へ~

公益財団法人長野県スキー連盟(スキー・スノーボード)
募集テーマ:雪山の楽しさを感じながら、スキルアップを楽しみたい人を対象にスキー・スノーボード人口増を目指す事業

信州ブレイブウォリアーズ(バスケットボール)
募集テーマ:プロバスケを日常に浸透させ「長野県(信州)全域」を健幸へ

松本山雅FC(サッカー)
募集テーマ:地域に根差し地域と共に成長し続けるサッカークラブを目指す

●東海エリア 『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022 TOKAI』
~多様なスポーツを支えるものづくり企業の存在。スタートアップ支援環境もさらに充実へ~

名古屋グランパス(サッカー)
募集テーマ:世代を超えて地域一人一人との繋がり グランパスにしかできない街づくりを

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(バスケットボール)
募集テーマ:都心の共創空間から まちづくりとファンづくり

ウルフドッグス名古屋 豊田合成記念体育館エントリオ(TG SPORTS/豊田合成)(バレーボール)
募集テーマ:民設民営アリーナを活用したファンの拡大

名古屋ウィメンズマラソン(中日新聞社スポーツ事業部)(マラソン)
募集テーマ:世界最大の女子マラソン 新たなエンゲージメント拡大

各地域の募集ページ

北海道エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-hokkaido/
甲信越・北陸エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-koshinetsu-hokuriku/
東海エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-tokai/

応募資格

・プロダクトや技術をお持ちで、アイデアの事業化に取り組むことのできる法人/チーム
(企業規模は問わない)
・応募いただいた各地域でのBUSINESS BUILDに2日間終日参加できる方

参加メリット

・事業検証費用をサポート
・各地域での社会実装を目指した、地場企業によるインキュベーションのバックアップ体制
・スポーツビジネスや各業界に精通したメンター陣によるビジネスメンタリング

パートナー企業募集開始

地域共通:2022年9月22日

応募締切

北海道エリア 2022年10月21日
甲信越・北陸エリア 2022年10月14日
東海エリア 2022年10月30日

採択後のスケジュール

  1. 「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022」

【日時・場所】
北海道エリア    2022年11月16日・17日(会場:札幌市内予定)
甲信越・北陸エリア 2022年11月10日・11日(会場:長野市内予定)
東海エリア     2022年12月6日・7日(会場:名古屋市内予定)
※COVID-19等の状況により、オンラインでの開催の可能性もあります。

  1. インキュベーション

本プログラムにて採択された事業アイデアはメンター・サポーター企業とともに社会実装に向けたインキュベーション・実証実験へと進みます。

  1. デモデイ(成果発表会)

2023年2月開催予定

  1. 以降、社会実装・事業化へ

プログラム説明会(オンライン)

<北海道エリア>2022年10月5日
・プログラム説明会申込ページ https://techplay.jp/event/873256/

<甲信越・北陸エリア>2022年9月29日
・プログラム説明会申込ページ https://techplay.jp/event/872868/

<東海エリア>2022年10月12日
・プログラム説明会申込ページ https://techplay.jp/event/873257/

募集ページ

北海道エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-tokai/

甲信越・北陸エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-koshinetsu-hokuriku/

東海エリア
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022-tokai/

『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022』公式サイト

https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2022/

地域パートナー(地域版SOIP事務局)

北海道エリア
・ 株式会社北海道二十一世紀総合研究所 https://htri.co.jp/
・ SPOPLA北海道 https://spoplahokkaido.jp/
・ 経済産業省北海道経済産業局 https://www.hkd.meti.go.jp/

甲信越・北陸エリア
・ 一般社団法人長野ITコラボレーションプラットフォーム (NICOLLAP) https://nicollap.jp/
・ 一般社団法人長野県経営者協会  https://www.nea.or.jp/
・ 株式会社スポーツビズ https://www.sports-biz.co.jp/

東海エリア
・ 株式会社中日新聞社 https://www.chunichi.co.jp/
・ 名古屋商工会議所 https://www.nagoya-cci.or.jp/
・ 中部ニュービジネス協議会 http://www.cnb.gr.jp/

サポーター企業

株式会社MTG Ventures、プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社、株式会社EBILAB、KDDI株式会社、Spiral Innovation Partners、スポーツデータバンク株式会社、PwCコンサルティング合同会社、SUNDRED株式会社、カーマインワークス合同会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、住友生命保険相互会社、エイベックス・クリエイター・エージェンシー株式会社、公益社団法人日本プロサッカーリーグ、一般社団法人渋谷未来デザイン、W ventures株式会社、北海道庁、札幌市、北海道新聞社、北洋銀行、凸版印刷株式会社、新どさんこ研究所、レバンガ北海道、レッドイーグルス北海道、サツドラホールディングス株式会社、ECHO株式会社、BIPROGY株式会社、一般社団法人スポーツ・パートナーシップ・プレイス・ジャパン、シソーラス株式会社、長野県、長野朝日放送、信濃毎日新聞、八十二銀行、株式会社LEO、中京大学、なごのキャンパス、ステーションAi

メンター

・ 藤田 豪(株式会社MTG Ventures 代表取締役)
・ 平地 大樹(プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社 代表取締役インキュベーター)
・ 常盤木 龍治(パラレルキャリア エバンジェリスト 株式会社EBILAB 取締役ファウンダー CTO CSO)
・ 中馬 和彦(KDDI株式会社 事業創造本部 副本部長 兼 ビジネス開発部長 兼 Web3事業推進室長)
・ 岡 洋(Spiral Innovation Partners 代表パートナー)
・ 石塚 大輔(スポーツデータバンク株式会社 代表取締役)
・ 菅原 政規(PwCコンサルティング合同会社 ディレクター)
・ 深田 昌則(SUNDRED株式会社 エグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼 CVO/CMO カーマインワークス合同会社 代表)
・ 岸本 拓磨(日本アイ・ビー・エム株式会社 フューチャーデザインラボ チーフプロデューサー)
・ 藤本 宏樹(住友生命保険相互会社 上席執行役員 兼 新規ビジネス企画部長 兼 SUMISEI INNOVATION FUND事業共創責任者)
・ 星野 拡(エイベックス・クリエイター・エージェンシー株式会社 エージェントグループ 兼 ビジネスデザイングループ ゼネラルマネージャー エイベックス・マネジメント株式会社 経営戦略企画室 兼 IP発掘育成本部 ゼネラルプロデューサー)
・ 鈴木 順(公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)社会連携部 部長)
・ 長田 新子(一般社団法人渋谷未来デザイン 理事・事務局長 NEW KIDS株式会社 代表)
・ 椎葉 圭吾(W ventures株式会社 プログラムディレクター)
・ 大久保 徳彦 株式会社POLAR SHORTCUT 代表取締役 CEO)
・ 藤間 恭平(株式会社DRIVE Incubation 代表取締役)
・ 福田 拓哉(熊本バスケットボール株式会社 代表取締役社長)
・ 西村 祐介(ECHO株式会社 代表取締役 公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル 広報・マーケティングディレクター)
・ 箱崎 浩大(BIPROGY株式会社 戦略事業推進第二本部 事業推進二部 企業共創プロジェクト 1グループ グループリーダー)
・ 宮澤 幸生(一般社団法人スポーツ・パートナーシップ・プレイス・ジャパン 事務局長 スポーツ×観光コーディネーター)
・ 荒井 雄彦(シソーラス株式会社 代表取締役)
・ 高畠 靖明(NICOLLAP コミュニケーションマネージャー 秋田ノーザンハピネッツ 共同創業者)
・ 粟生 万琴(株式会社LEO 代表取締役CEO なごのキャンパス プロデューサー)
・ 中村 亜由子(eiicon company 代表/founder) ※順不同・敬称略

令和4年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIPの先進事例形成)」について

「地域のプロスポーツチーム等と企業、大学等が連携してまちづくりや高付加価値サービスの創出を促す地域版SOIPの構築を促進する」ことは、「成長戦略フォローアップ ※」において「スポーツを核とした地域活性化」施策のひとつとされています。

スポーツ庁ではこれまで、SOIPの構築促進に向け、
①先進的事例に関する情報の共有や企業・大学・スポーツ団体等の間で人的交流を促進するためのカンファレンスの開催
②スポーツ団体とスタートアップ等が連携して新事業の創出・社会実装を目的とするアクセラレーションプログラム実施
③国内発の先進的な事業を検証し市場開拓面や資金調達の面等における事業化加速を目的としたコンテストを開催
を行ってきました。

本事業は、上記3事業のうちの②について、プロスポーツチーム等をイノベーションプラットフォームとするアクセラレーションプログラムを通じて、地域版SOIP構築の先進事例形成を支援するとともに、国内各地域における地域版SOIPの構築に向けた基盤整備を目的に実施するものです。

※成長戦略フォローアップ:令和3年6月:日本経済再生本部
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/seicho/pdf/fu2021.pdf

昨年度「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」DEMODAY(成果報告会)の様子 (写真中央上段 室伏広治スポーツ庁長官)

▼参考プレスリリース:
昨年度「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」関連
北海道 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000220.000037194.html
関西 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000037194.html
中国 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000223.000037194.html
沖縄 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000221.000037194.html
DEMODAY(成果報告会) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000260.000037194.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント