12.8 C
Japan
月曜日, 12月 5, 2022

コーセー、 オープンイノベーションプログラムを実施|新たな価値創造を目指す協業企業を募集!

コーセーは、当社グループの持つアセット(※1)と、社外から提供される様々なアイデアや技術を組み合わせることで新たな価値創造を目指すオープンイノベーションの取り組みの一環として、9月16日(金)より10月31日(月)まで、当社が予め設定した新たなテーマについての協業先となるパートナーを募集します。

「コーセー オープンイノベーション プログラム」実施の目的

コーセーは、中長期戦略「VISION 2026」のもと、新たな事業領域への拡大にむけ、外部のリソースや技術との連携による、独自の価値創造に取り組んでいます。過去2回のオープンイノベーションプログラムでは、幅広い分野において、コーセーの持つアセットとの組み合わせに対して多様な企業からの提案があり、いくつかの案件は継続検討を進めています。

今回は、まずは当社内にて事業テーマを設定し、それに沿った社内の活用アセットを提示することで、マッチングの確度を高め、具体的かつ革新性のある提案の採択につなげるとともに、事業化のスピードアップを目指します。

試行錯誤を繰り返しながらも、これまでに取り組んできた本プログラムに共通する特徴は、協業先とコーセー社員とが強く結束することで、それぞれの知見やアイデアを組み合わせた共創チームでありながら一体となって取り組む点にあります。

コーセーの社内ベンチャー制度「Link(※2)」に立候補の上、社内審査を通過し選抜された意欲的なメンバーが、社外パートナーと新規ビジネスにむけた共創にチャレンジします。さらに、外部のサポーターによるサポート体制を提供し、実現度の高いプランに向けた伴走支援を行います。そして、採択された事業プランは、事業化に向けた実証実験を進めていきます。

コーセーは、オープンイノベーションの考え方に基づき、幅広いパートナーとの共創を通じて、これまでにない新しい価値の創出と提供を目指していきます。

(※1)既存事業を通じて築き上げた様々な資産
(※2)Link: Leadership and Innovation program for New KOSÉの略で、2017年に発足した当社内のベンチャー制度。

サポート体制

コーセーオープンイノベーションプログラム」 実施概要

■募集期間
2022年9月16日(金)~2022年10月31日(月)

■応募要件
プロダクトや技術を有する、登記された法人であること。事業ステージ、年齢、国籍は問いません。
   
■プログラム特設WebサイトURL:
https://unidge.co.jp/project/kose

■スケジュール

■協業企業向け説明会エントリーサイトURL(株式会社ユニッジ エントリーフォーム):
https://adnp.alphadrive.co.jp/event/uni_kose_event20220926

■募集テーマ
テーマ① ドラックストアにおける新たな顧客接点および販売手法の開発
ドラッグストア向けに、化粧品の自動販売機を活用した新たなサービス提供に向け、最適な仕様にカスタマイズできる自動販売機の製造および販売が可能な事業者を募集します。
活用可能なアセット:化粧品事業で培った販売手法、各ドラッグストア企業とのネットワークおよび業界知識

テーマ② 工場用ネットスーパーシステムの構築
工場勤務社員のQOL向上に向け、新しい工場専用ネットスーパーシステムの構築を目指し、「社員別に安心して受け取れる」「生鮮品を自分で見て(あるいは見ているように)選べる」システムを開発可能な事業者を募集します。
活用可能なアセット:群馬工場・狭山工場勤務社員のテスト協力および各工場敷地内スペース

テーマ③ 感性を高める子ども向け教育事業
子どもの将来の可能性を広げるために、様々な経験をさせられる感性を育むワークショップなどの教育コンテンツおよび地域における教育支援拠点の開発を共に行う事業者を募集します。
活用可能なアセット:各拠点保有の原材料・実験機器・自社製品、調香師・化粧品技術者・デザイナー・ビューティコンサルタント等各領域の専門家、各拠点のスペース(事業所・研究所・工場・Maison KOSÉ(直営店)・全国の支店)

テーマ④ 印象UPによる成婚率向上
第一印象のブラッシュアップ、外見・印象に対する意識改革や行動支援による成婚率向上に一緒に取り組んでいただける事業者を募集します。
活用可能なアセット:ビューティコンサルタント(美容・化粧領域に関する知識やテクニック及び傾聴力を中心とする高いコミュニケーション能力を保有)

テーマ⑤ 富裕層/超富裕層に向けた新たな顧客サービスの開発
富裕層/超富裕層の方を対象に、旅行先や宿泊先でのご要望に合わせた魅力的な美容サービス体験の提供を共に実現していただける事業者を募集します。
活用可能なアセット:ビューティコンサルタント、肌診断ツール、自社製品、アメニティおよびサンプル

テーマ⑥ 美容に特化した食べるスキンケアブランド開発
美しくなりたい気持ちと食べたいものを我慢するストレスの間で板挟みになり悩む方を救うため、美容に特化した食事メニューの監修と製造、さらには消費者に届ける方法を一緒に開発いただける事業者を募集します。
活用可能なアセット:ビューティコンサルタントからのカウンセリング販売、Maison KOSÉ(自社ECおよび直営店)での販売

コーセー社内の推進体制

社内ベンチャー制度「Link」
部門の垣根を越えて様々なメンバーが集まり、多様な知恵を集結します。外部の協業先を求める「オープンイノベーション」の手法も取り入れ、自社に無い技術や知見を持つパートナーとのコラボレーションによる価値創造にもチャレンジしていきます。

外部サポーターによる推進体制

株式会社ユニッジ https://unidge.co.jp/
協業支援サービスの提供
・事業化実現に向けての提案ブラッシュアップや各プロセスにおけるアドバイスや伴走支援        
・オープンイノベーションプラットフォームとして提携パートナー探索の支援、各種コンテンツ制作、プロモーション支援

社名株式会社コーセー
設立1948年06月
所在地東京都中央区日本橋3-6-2
代表者小林 一俊
事業概要化粧品の製造販売
URLhttp://www.kose.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント