12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

神戸市、スタートアップとの協働実証「Urban Innovation KOBE」の参加事業者募集を開始 !

アーバン・イノベーション・ジャパン(UIJ)は、神戸市の地域・行政課題をスタートアップと市職員が協働して解決するプロジェクト「Urban Innovation KOBE」の5課題を公開し、参加事業者の募集を開始しました。7月31日(日)に応募受付を終了し、9月下旬には採択事業者を決定、2022年10月上旬〜2023年1月を実証実験期間とする予定です。

「Urban Innovation KOBE」とは

起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す神戸市は、地域・行政課題をスタートアップ(成長型起業家)と市職員が協働して解決する国内自治体初の取り組みであるプロジェクト「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」を2018年度から5年連続で実施しています。

「未知の世界にチャレンジしていく、実験都市」の実現を目指し、神戸市はスタートアップの育成支援を中心とする取り組みや、イノベーションを起こすまちづくりに力を入れています。

これまでも、米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル「500 Startupsと連携した起業家育成プログラム」を実施したり、スタートアップ企業との協働実証についての成果発表ピッチイベント「GovTechサミット」を東京・渋⾕で⾏うなど、市の内外に向けてさまざまな活動を行ってきました。

神戸市で成功を収めた広域の課題解決プラットフォーム は、2019年からは「Urban Innovation Japan(アーバンイノベーションジャパン)」として全国に展開されており、これまで日本全国の18自治体が参加しています。UIJは当初より神戸市をはじめ全国各地の取り組みで運営事務局を担当しています。

Urban Innovation KOBE
https://urban-innovation-japan.com/city/kobe-city/

▼参加企業・事業者向けのオンライン説明会開催


開催日時:2022年7月21日(木) 15:00〜17:00
開催方法:オンライン&リアルのハイブリッド開催
https://2022-07-21.peatix.com/

課題は5件 応募は7/31(日)まで

課題1)交通渋滞に新たな選択肢を!市民が自身で渋滞を回避できるツールの実証開発

渋滞状況をリアルタイムに把握し、市民に情報提供を行うなどすることで、ソフト面から少しでも渋滞の解消に寄与するかを検証して、小束山6丁目交差点の渋滞により時間を無駄にしてしまう市民を一人でも減らしたい

課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/kobe-city/2022-9/alternative-for-traffic-jam/
所管課:神戸市建設局道路計画課

課題2)市民提案をAIでアシスト!市民の声をもっと政策立案につなげたい!

市民から届く貴重なご意見。しかし、課題が分かりにくい投稿があったり、市民間で意見の共有ができていないといった課題があり、投稿方法を見直すことで意見をもっと活用したい。
課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/kobe-city/2022-9/citizens-voice/
所管課:市長室広報戦略部広聴担当

課題3)脱・「市役所っぽい」WEBサイト、電話する必要がないわかりやすいサイトを作りたい!

ホームページを訪れた市民1人1人のつまずきポイントを分析し、各人に合わせた適切な案内をすることで、電話問い合わせ量を減らし、WEBでの解決量を増やす。
課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/kobe-city/2022-9/searchable-gov-website/
所管課:広報戦略部ホームページ担当

課題4)東京圏で神戸ファンを増やしたい!デジタル技術を活用した自治体ファンベースマーケティング実証

情報が溢れかえる東京圏において、マスへ訴求するプロモーション効果には限りがある。既に神戸に関心や愛があるファンと共に神戸の魅力や情報を周辺へ浸透するファンベースマーケティングの仕掛けを取り入れる必要がある。
課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/kobe-city/2022-9/kobe-fan-in-tokyo/
所管課:神戸市 東京事務所

課題5)長田の熱いコミュニティ同士の交流と、新参者の参加を活性化する仕組みを作りたい!

神戸市長田区に愛着を持ち、まちをより良くしていこうという動きが一定あるが、まだ一部の人たちに限られたものになっており、コミュニティの外からは見づらく入り込みにくい状態になっている。
課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/kobe-city/2022-9/community-empowerment/
所管課:長田区まちづくり課

「Urban Innovation JAPAN」とは

Urban Innovation JAPAN(アーバン・イノベーション・ジャパン、UIJ)は神戸市から生まれ、日本全国の自治体の課題とスタートアップ・事業者をマッチングするオープンイノベーション・プラットフォームです。
DXに取り組む自治体のニーズを、本当に課題を解決できる人のところにまで届け、適材適所に課題を解決できる事業者との出会いが加速する姿勢が高い評価を受け、2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072562.html

実証事例(参加企業インタビュー):

・案件があれば全部トライしたほうがいい。スピード・岩木勇一郎さんが考える、社会課題への取り組み方とは?
https://urban-innovation-japan.com/article/speed-interview/

UIJのその他の自治体との取り組み(2022年6月30日現在、募集中):
・Urban InnovationTOYOHASHI / 豊橋市(愛知県)6/30応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/toyohashi-city/
・ひょうごTECHイノベーションプロジェクト / 兵庫県 7/3応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/hyogo-pref/
・Hatch Technology Nagoya(課題提示型支援)/ 名古屋市 7/10応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/nagoya-city/
・シビックテック チャレンジ YAMAGUCHI / 山口県 7/19応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/yamaguchi-pref/
・Urban Innovation KOMAKI / 小牧市(愛知県) 7/22応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/komaki-city/
・AICHI X TECH(アイチ クロス テック)/ 愛知県 7/25応募〆切
https://urban-innovation-japan.com/city/aichi-pref/

団体名NPO法人コミュニティリンク
設立2008年08月
所在地兵庫県宝塚市野上1-1-8
代表者中西 雅幸
URLhttps://communitylink.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント