12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

【介護×AI】CDIが、愛媛県伊予市・西条市で実証実験|AIケアプラン作成支援システムで高齢者の自立を支援

自立支援型AIケアプランシステムを国内で初めて商用化しているシーディーアイが、愛媛県伊予市・西条市の2市と「自立支援のためのAIケアプラン作成支援システム導入の実証実験」を実施しました。今回の実証実験は、同社が開発したSOINを伊予市・西条市のケアマネジャーが実際に利用し、高齢者の自立支援、重度化防止を図ることを目的として行われました。

AIで高齢者の自立を支援する実証実験の概要

実証実験期間:
 伊予市 2021年7月から2021年12月までの6ヶ月間
 西条市 2021年5月から2022年1月までの9ヶ月間
 SOIN利用終了後、アンケート調査、個別インタビューを実施。

参加したケアマネジャーの人数:
 伊予市19名、ケアプラン対象59名分。
 西条市37名(内、20名が2年連続参加、17名が初参加)、ケアプラン対象64名分。

●今回の実証実験の背景と目的
各種施策でDXを推進している愛媛県では、介護分野においても質の向上を目指しており、「予後予測に基づいた最適なケアマネジメントを行い、高齢者の自立支援、重度化防止を図る」という観点で、県内の市町村に協力を要請しました。
今般、実証実験に参加することを決めた伊予市・西条市の2市は、市内のケアマネジャーの協力を得て、実際のケアプラン作成にCDIのSOINを利用し、その効果を検証します。

実証実験の内容
最初にCDIは、伊予市・西条市から匿名加工された利用者の各種データを約45,000件分入手し、そのデータをSOIN のAIに学習させ、伊予市・西条市の独自モデルを作成しました。
次に、参加したケアマネジャーは、担当している被保険者(利用者)に対し、SOINから出力されたAIケアプランを参考に、各自のケアマネジメントを行いました。そして、検証期間を終えて、ご用者の介護度や状態の変化などを確認するとともに、ケアマネジャーにアンケートを行い、SOINを利用することによるケアマネジメントの変化について確認しました。

SOINによる状態予測の仕組み

ケアマネジャーのアンケート結果より
多くのケアマネジャーから、SOINを利用することに対して好意的な反応が得られました。特に、2年連続参加のケアマネジャーが含まれる西条市は、以下のような結果となりました。
 (1)9割のケアマネジャーが、SOINを利用することで客観的視点を持てたと感じた。
 (2)8割のケアマネジャーが、ケアプランの支援内容やサービス量が適切であると感じた。
 (3)半数のケアマネジャーが、被保険者・ご家族が、自立に向けた取り組みや重度化の予防に前向きになったと感じた。

●実証実験結果の概要
SOINの導入によって、被保険者の状態に変化が表れた例や、要介護度が変化した例、ケアプランの一部を変更した例などがありました。具体的には、ケアマネジャーのプラン変更により、リハビリをして歩行機能が回復。それに伴い、食事摂取や排せつなど、基本的な生活ができるようになった例がありました。
また、新規利用者への初回のケアプラン作成において、SOINから出力されたAIケアプランの内容が、自分自身のケアプランと同じであったため、自信をもって利用者やご家族にケアプランの説明ができたなど、多くの効果が得られました。

●実証実験を終えて
今後、多くの市町村でもSOINを導入し、AIに対する正しい理解と活用方法を学ぶことで、介護保険制度の理念である「自立支援、重度化防止」へ向けた取組みを、今まで以上に推進することができるようになると思われます。
また、CDIは、結果として介護給付費の適正化の一助となることで、より良い介護が実現し、介護に関わる全ての人たちが笑顔になることを目指しています。

株式会社シーディーアイについて

中立性・独立性を備えた立場で、「介護×AI」をキーワードとしたオープンイノベーションを起こし、介護業界全体をあげて社会課題解決に挑戦することを目的として、2017年に、株式会社産業革新機構(現INCJ)、セントケア・ホールディング株式会社等により設立。2018年に、自立支援型AIケアプランシステムを国内で初めて商用化しています。

社名株式会社シーディーアイ東京都中央区京橋3丁目1番1号
設立2017年03月
所在地東京都中央区京橋3丁目1番1号
東京スクエアガーデン14階
代表者濵岡 邦雅
URLAIケアプラン SOIN(そわん):https://soin.tech/
HP:https://www.cd-inc.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント