12.8 C
Japan
金曜日, 7月 10, 2020
Tags AI

Tag: AI

クラウドプラットフォームを提供するグルーヴノーツ、総額7.3億円の資金調達を実施

AIと量子コンピュータを搭載したクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を開発・提供するグルーヴノーツは、国内外の新規投資家および既存投資家を引受先として、総額7億3,000万円の第三者割当増資を実施した。今後は、街を舞台にビッグデータ/AI/量子コンピュータを活用して、快適で豊かな都市サービスを創出する「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス、CaaS)」実現を目指し、連携・協働するパートナーシップの形成を推進する。

agmiruに新ラインアップ、画像解析サービス「agmiru×IROHA」提供開始

SBテクノロジーとリデンは、オープンイノベーション農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」の新サービスとして、スカイマティクスが提供する葉色解析サービス「いろは」と連携した画像解析サービス「agmiru×IROHA」の提供を開始する。

農業プラットフォームagmiru、農林水産省のMAFFアプリと連携

SBテクノロジーとリデンは、オープンイノベーション農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」と、農林水産省が5月より提供している農業者に役立つ情報を配信するコミュニケーションツール「MAFF(マフ)アプリ」がAPI連携を開始したことを発表した。農林水産省は、より多くの農業関係者へ政策情報等を届けるべく、MAFFアプリで配信する情報を、民間事業者等のサービスでも閲覧できるように政策情報APIを整備しており、今回agmiru農業ニュースのコンテンツとして、はじめて連携を開始した。

シャープ、スタートアップ向けマッチングサービス「モノづくりプロ.net」を開始

シャープは、スタートアップを支援するオープンインキュベーション事業の一環として、スタートアップに対して、先進技術を有するモノづくり企業をオンラインで紹介するマッチングサービス「モノづくりプロ.net」を開始した。

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

フューチャースタンダード、顔認証で特定した人物の検温記録を保存し発熱を検知する「SCORER 感染症対策ソリューション」の提供をスタート

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダードは、企業に求められるBCP(事業継続計画)へ向けた新型コロナウィルス対策のひとつとしてオフィスや商業施設における従業員の発熱を早期に発見するために、当社が従来から提供している「SCORER」を活用した新サービス「SCORER 感染症対策ソリューション」の提供を4月より開始する。4月初旬より…

SIGNATE、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策や治療方針の策定支援のため、データサイエンティストの叡智を結集したチャレンジを開始!

日本最大級のAI技術者・データ分析人材ネットワーク「SIGNATE」 を運営するSIGNATEは、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策に寄与すべく、データサイエンティストの叡智を結集し、日本国内のCOVID-19罹患者と患者間の関係データに関する、マシンリーダブルかつデータ分析に適した最大規模のデータセットの構築と、そのデータの分析により導かれる感染実態等のインサイト抽出を目指すプロジェクト「COVID-19チャレンジ」を開始する。

画像認識で世界はつながる。シンガポールのAI企業「ViSenze」が見据える未来

世界中の小売業者から注目されているシンガポールのAIスタートアップ企業「ViSenze」。本記事は、ViSenzeの共同創業者でありCEOのOliver Tan(オリヴァー・タン)氏の来日に合わせ、「31VENTURES」において実現したインタビューについて書かれたコラムである。

凸版印刷、高輪ゲートウェイ駅の案内業務にAIを活用

凸版印刷は、2020年3月14日(土)開業のJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」に、多言語AI案内サイネージ「BotFriends® Vision(ぼっとふれんず ビジョン)」の提供を始めた。「BotFriends® Vision」は、凸版印刷が2018年11月より提供しているAIを活用した多言語案内サイネージである。「BotFriends® Vision」が…

【新型コロナウイルス対策】AI先生「atama+」導入塾における遠隔での授業支援のため、講師向けのプロダクト・サービスを強化

スタートアップ企業のatama plusは、新型コロナウイルス感染の対策としてAI先生「atama+」Web版を利用して遠隔で授業を行う塾・予備校の支援のために、講師向けプロダクト「atama+ COACH」および遠隔授業の支援体制を強化した。

PICKUP

カラーコスメ受託製造国内シェアNO.1のトキワが、“業界初”最⼤⽀援規模3,000万円の『アクセラレータープログラム』を7月から始動

株式会社トキワは、7⽉から業界初のスタートアップ企業やビューティに関わる幅広い分野の⽅を対象にした開発⽀援プログラムの『アクセラレータープログラム』を実施することを発表した。この度、更なる持続的な成⻑基盤を確⽴し、「世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命に邁進するために同プログラムを発足した。