12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

アクセラレータープログラムの概要と2020年上半期のプログラムを紹介

オープンイノベーションに取り組む場合、アクセラレータープログラムの実施によってスタートアップと協働するのが一般的です。しかし、オープンイノベーションに取り組んだ経験がない場合、どのようにしてアクセラレータープログラムを立ち上げれば良いかわからない場合があるでしょう。

そこで今回は、アクセラレータープログラムの概要や、2020年上半期に実施しているプログラムについて紹介していきます。実際にどんな方法や内容でアクセラレータープログラムを展開しているかを知ることで、自社で導入するイメージをつかんでいきましょう。

アクセラレータープログラムとは?

まずは、オープンイノベーションを推進するプログラムであるアクセラレータープログラムの概要について紹介していきましょう。

オープンイノベーションを進めるための手法

アクセラレータープログラムとは「プログラム参加者の成長加速を促す」ための手法の一つです。既に取り組むべきテーマやアイデアがある状態で、応募者がテーマやアイデアを実現するためのプランを提示し、そのプランを実現させるためのプロセスを意味しています。

プログラムを用意し、参画者を募集する

アクセラレータープログラムを実施するためには、まずプログラムの用意から始めましょう。募集企業は、自社のニーズやアクセラレータープログラムの目的、提供できるリソースを提示し、オープンイノベーションプラットフォームに掲載します。
プログラムの応募者は公開されているアクセラレータープログラムの中から興味のあるプログラムに応募。マッチングに進みます。

アクセラレータープログラムを開催するメリット

アクセラレータープログラムを開催することにはどんなメリットがあるでしょうか。ここで紹介していきましょう。

「対等な場」でイノベーションを創出できる

アクセラレータープログラムの前提は「募集企業と応募企業が対等の立場である」ということです。業務委託や資本提携と根本的に異なる点といっても良いでしょう。上下関係があると上の立場にある企業の意向が強くなりますが、アクセラレータープログラムは対等な場でプロジェクトを進めるため、ビジネスシーンにありがちな上下関係が原因によるプロジェクトの遅延や頓挫のリスクがありません。対等な立場だからこそ、これまでの常識にとらわれないイノベーションを創出することが期待できます。

プログラム運営企業の「伴走型支援」を受けられる

アクセラレータープログラムは、主にオープンイノベーションプラットフォームの運営企業が「伴走型支援」を実施します。これは、アクセラレータープログラムの経験がない企業に対して、プロジェクトの立ち上げから提携企業の募集、プログラムの実施までの一連のフローを支援するプログラムです。初めてオープンイノベーションに取り組む場合でも、的確なサポートのもとでアクセラレータープログラムを開催できます。

2020年上半期のアクセラレータープログラム

実際に開催されているアクセラレータープログラムの内容はどのようなものでしょうか。ここで、2020年上半期に実施されているプログラムの内容を紹介していきましょう。

SMBCスタートアップ支援プログラム

SMBCスタートアップ支援プログラムは三井住友銀行が様々な社会課題を解決できるサービスを持つスタートアップのプロモーション支援、資金調達等をサポートするアクセラレータープログラムです。募集している事業領域は「医療・ヘルスケア」「リモートワーク・テレワーク等の勤務環境変化」「外出自粛要請への対応」「新型コロナウイルス抗体検査キットの開発及び普及に繋がる事業」の4つの領域。採択された事業はSMBCグループで導入され、資金調達やプロモーションなど、SMBCが持つリソースを活用しながら実用化を目指していきます。

『SMBCスタートアップ支援プログラム』を5月7日より開始

2020年5月7日

ドウシシャ アクセラレーター2020

このプログラムはインテリア大手のドウシシャの提供するプログラムです。「新たな『モノ・コト・体験』の創出」や「新しい顧客価値の創造」といったテーマで提携先を募集中です。提携後には仕入れネットワークの活用や共同での企画や戦略の立案、ドウシシャが持っている有名キャラクターや人気ブランドのライセンスを活用したコラボレーションなど、様々なリソースを活用。生活様式が変化した社会の中での新たなライフスタイルの創出を目指します。

【募集開始】ドウシシャ アクセラレータ2020|新生活様式の創出を狙う流通業のオープンイノベーション

2020年9月9日

愛媛アクセラレーター2020 

愛媛アクセラレーター2020は愛媛銀行とCrewwの共催で、愛媛県下にある有望な企業との提携を目的としたアクセラレータープログラムです。3社の参画企業はそれぞれが持つリソースやインフラの提供を行いながら、ビジネスの新領域の開拓や新サービスの創出を目指していきます。

愛媛企業3社が参加するオープンイノベーションプログラム「愛媛アクセラレーター2020」とは!

2020年2月28日

アネスト岩田アクセラレーター2020

このプログラムは空気圧縮機・塗装機器の老舗であるアネスト岩田と提携するアクセラレータープログラムです。アネスト岩田は「新たな市場へのチャレンジ」「既存技術を活用した新商品の開発」の2つのテーマで提携先を探しています。提携すると国内外の販売ネットワークや実証実験の設備や会場の提供だけでなく、自社の持つ技術提供や資金も提供。アクセラレータープログラムにより新市場への進出を目指しています。

求めるのは“飛び地”。90年以上続く既存事業とは違う領域で、新しい事業を始めたい|アネスト岩田が挑むオープンイノベーション

2020年3月25日

富士古河E&Cアクセラレーター2020

富士古河E&Cアクセラレーター2020は総合電機メーカーである富士古河E&Cのアクセラレータープログラムです。協業を狙う領域としては「次世代の省力化施工の実現」「新サービスの実現」「持続可能な未来実現に貢献するサービスの開発」が挙げられます。提携が実現した場合、富士古河E&Cの持つ技術やエンジニア、実証実験の環境、グループ会社のネットワークや知的財産・資金面でのサポートなど、様々なリソースを提供。次世代の社会に必要な様々なインフラサービスの開発を目指します。

目先の成果ではなく、5年10年先の未来のタネをオープンイノベーションで創り出す!|富士古河E&C

2020年7月20日

国分グループアクセラレーター2020

国分グループアクセラレーターは、創業300年を超える食品卸大手の国分グループが提供するプログラムです。国分グループは「地方の課題解決」「社会課題解決」「サプライチェーン改革」をプログラムの目的とし、具体的にプロジェクトを進められる企業を募集。連携後には1万社の取引メーカーや3万5千社との繋がりや国内外に広がるネットワーク、国内外に40以上ある子会社や関連会社のリソースを活用できます。

国分グループがアクセラレータープログラムを6/8より開催!

2020年6月1日

アクセラレータープログラムでオープンイノベーションを成功させよう

アクセラレータープログラムは、オープンイノベーションを行うための具体的な手法の1つです。企業の抱えるニーズやプログラムの目的、提供できるリソースを明示し、提携先を募集します。

初めてアクセラレータープログラムに取り組む場合や、提携先を見つけることが困難な場合には、オープンイノベーションプラットフォームの運営会社が伴走型支援によりプロジェクトの立ち上げからマッチング、事業のスタートまでをサポートします。

オープンイノベーションに取り組む場合には、アクセラレータープログラムを活用し、企業の成長を加速させていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント