12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

【募集開始】ドウシシャ アクセラレータ2020|新生活様式の創出を狙う流通業のオープンイノベーション

人々の生活をより良く、より楽しくする事を目指した流通業の会社であるドウシシャが、「ドウシシャ・アクセラレータープログラム」を通じて、スタートアップ企業との協業により、⽣活者の新たなライフスタイルや日常に溶け込む製品、社会が抱える問題や課題を解決する新しいモノ・コト・サービスの創造を目指します。

ドウシシャ アクセラレーター2020とは

ドウシシャは人々の生活をより良く、より楽しくする事を目指した流通業の会社です。毎日、私たちの生活環境は目まぐるしく変化し、1年前では想像すら出来なかったです。それにより人々の価値観や生活様式・ライフスタイルも今迄以上に幅広くなり、多様なニーズが顕在化しています。

その様な状況下、当社はこの「ドウシシャ・アクセラレータープログラム」を通じて、スタートアップの皆さんと協業により、⽣活者の新たなライフスタイルや日常に溶け込む製品、社会が抱える問題や課題を解決する新しいモノ・コト・サービスを共に創造したいと考えています。

これからの時代に、ちょっとした便利さ・感動・良さを一緒に仕掛けましょう!

【協業アイデアの募集期間】 2010年9/05(土) 〜 9/22(火) 24:00
【エントリー条件】 分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。

※本プログラムは、開催企業がエントリー企業と直接やりとりを行うプログラムとなります。
エントリー後のやり取りは直接開催企業とご実施ください。

アクセラレータープログラムで実現したいこと

▶︎毎日をもっと楽しく、豊かに彩りたい!

日々の生活がより楽しくワクワクする様な『モノ・コト・体験』を提供したいと考えています。
今までになかったアイデア・切り口をカタチにして、感動を生むような新たな価値を創造しましょう!

▶︎イマドキの快適な暮らしを創りたい!

毎日の生活環境や個人の多様化により、これからライフスタイルや生活様式の常識や当たり前が大きく変化すると思っています。
『より安心・より安全・より便利・より快適・より専門的に』をキーワードに、“イマドキな新しい暮らし”を共創しましょう!

▶︎ドウシシャグループのリソース活用による新しい顧客価値の創造!

法人顧客基盤(小売)の先の生活者(ユーザー)との接点機会を今までに以上に創出できるアイデアを実現したいと考えています。
またドウシシャ製品やスタートアップ企業との協業による新しい『モノ・コト・サービス』を継続してご購入頂ける様なサブスクなどの新しいスキームの構築も図りたいと考えています。
上記以外にも新しい業界・ビジネスジャンルにも積極的に挑戦したいと思っています。

ドウシシャグループの活用できるリソースとは

モノづくり力
既存のライフスタイルに縛られず、『今までになかった価値の提供』をテーマに、生活関連商品の企画・開発・生産・販売と売場での販売支援を一気通貫で行っています。
スタートアップ企業のアイデアやテクノロジーを活用した、新たなプロダクトの企画・開発~販売戦略立案までを、共創しましょう!

<展開カテゴリー ※一例>
#家電 #キッチン用品 #日用雑貨 #レジャー用品 #玩具

ブランドホルダー様のライセンス
誰もが知っている人気キャラクターや有名ブランドなど、認知度の高いライセンスを多数使用しています。
あなたのアイデアとのコラボレーションも可能です。誕生した新たなサービスやモノに、当社のブランド力で命を吹き込み、高い付加価値と短期間・広範囲での消費者認知の実現を図りましょう!
幅広い法人顧客基盤とその先の消費者との接点
国内の大型量販店・ホームセンター・ネット通販・アジア圏を中心とした海外販路など、当社が国内外に保有する、4,800社以上の企業/30万店舗以上の流通チャネルを活用出来ます!
幅広い流通チャネルによる『拡散力』とその際の消費者を含めた『顧客接点』に基づくノウハウが強みです。
2,100社の仕入れネットワーク
2,100社以上にのぼるメーカーやブランドホルダー、パートナー生産工場などのグローバルな仕入ネットワークを有します。既存のドウシシャ製品との連携はもちろんのこと、各仕入ネットワークを通じた他社商品との連携も出来ますのでアイデアやサービスを具現化していきましょう!

アクセラレータープログラムへの意気込み

当社は「⽣活向上企画」をテーマに、様々な角度から新しいことに挑戦し続けています。
Crewwコラボでのスタートアップとの取り組みは今回で4回⽬です。様々な業界のスタートアップの皆様と「1+1=3」以上の新しいユーザー価値を共創する事に、とてもワクワクしています!

皆様からの斬新なご提案お待ちしています!

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。