12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

コンビニよりも身近な「半径50メートル商圏」の世界。 決済機能搭載の無人コンビニ『600』

人手不足解消の切り札として注目を集めている「無人コンビニ」。日本においても大手コンビニエンスストアが本格的な実用化を目指して実証実験に進む中、600は、人手不足解消のそれとは一線を画した「半径50m商圏」をターゲットとする新しい形の「無人コンビニ」『600(ロッピャク)』を誕生させた。その原点と展望を代表取締役の久保 渓氏に伺う。
※この記事は、2019年4月2日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

少子高齢化に伴う労働力不足が取り沙汰されるようになって久しい。特に流通・小売業界においては深刻な問題となっており、人手不足解消の切り札として『Amazon Go』や、『Bingo Box』などをはじめとする「無人コンビニ」が注目を集めている。日本においても大手コンビニエンスストアが本格的な実用化を目指して実証実験に進む中、人手不足解消のそれとは一線を画した「半径50m商圏」をターゲットとする新しい形の「無人コンビニ」『600(ロッピャク)』が誕生した。流通・小売りの未来はどう変化していくのだろうか。

一人一人に寄り添うコンシェルジュサービス

当社の手掛けるコンビニ『600』は、コンビニエンスストアやスーパー内で見かける冷蔵ショーケースを自動販売機サイズにした小さめの冷蔵庫型ボックスで、ガラスの扉越しに商品を見ることができるデザインとしました。
自動販売機サイズとコンパクトながら用途の幅が広く、文房具から食品に至るまで、酒類、たばこ、乳類、食肉等の販売免許や許可が必要な一部の商品を除く最大600種類の商品を取り扱うことができるほか、クレジット決済専用のディスプレイ端末を搭載しているため、現金を持たずして手軽に買い物することができます。

すべての商品にはIDを埋め込んだRFタグを取り付けているため、専用端末にクレジットカードを通すことでRFIDが商品を自動認識し、料金が自動で計算される仕組みです。
このため、ICカードをかざすことや小銭を出し入れする手間もないほか、買い物に要する時間はたった数秒と、非常にスムーズな買い物体験を得られること間違いなしです。また、『600』最大の特徴として、SNSを通じて利用者が欲しいものを直接リクエストできる買い物コーディネーター機能を備えており、商品のフルカスタマイズを可能としているため、利用者それぞれのシーンに最適化された品揃えを実現します。

 商品の供給は、週に2回、当社の社員が行っています。社員が商品を補充することに対して非効率的に思われたり、より合理的な方法があると言われたりもしますが(笑)、会社の規模が大きくなり、対応しきれなくならない限りは、私も含めた当社社員で行なっていくつもりです。『600』には、大手コンビニエンスストアや自動販売機ではすくい取れない需要をカバーする使命があり、それが、利用者一人一人に寄り添うコンシェルジュサービスだと考えているからです。


まずはオフィス需要を開拓

600株式会社 代表取締役 久保 渓氏

『600』を開発した経緯は、私が3社目に立ち上げたクレジット決済サービスWebPay ホールディングスがLINEグループの傘下となったころにさかのぼります。私は、その時初めて高層のオフィスビルで勤務し、人の多さもさることながら、休憩時間にオフィスとコンビニエンスストアを行き来する時間に強いストレスと不便さを感じたことに始まります。都心の高層ビルならではのエレベーター待ちをはじめとする時間のロスや、それに伴う精神的疲労などを軽減する目的で無人コンビニの開発を開始しました。

月額利用料は5万円。サイバーエージェントの子会社やBASEなど、IT企業をはじめとする約50社にご利用いただいています。また、問い合わせも順調に増えてきており、年内には500カ所への設置を目指しています。まずは、都内のオフィスを中心に契約数を伸ばすことで足元の売り上げを確保し、取り扱い商品や販売数を伸ばすことでオフィスにおける需要を対象としたマーケティングデータの構築を推し進めていく計画です。また、将来的には工場やマンションの共用部、病院など、人の集まるさまざまな場所への展開を強化してコンビニエンスストアよりも身近な、新しい買い物シーンを創造したいと考えています。


「半径50メートル商圏」の小さな世界からの大きな挑戦。

サービス名『600』には、一般的なコンビニエンスストアが取り扱う商品数600品を無人コンビニのショーケースの中に実現したいという目標と想いを込めています。現状、オフィスへの展開を中心に進めていますが、前述のように設置場所が広がれば、オフィスのみならず、さまざまな場所における売れ筋商品の分析データとして活用することも考えられます。

大手コンビニエンスストアもすでにオフィス向けミニコンビニに参入していますが、私たちはもっと小さな「半径50メートル商圏」で勝負に挑みます。小さなエリアにおける細かなマーケティングデータは、今後、メーカーや小売業が地域限定商品等をはじめとする商品開発や販売戦略を考える上で必要不可欠な存在となるに違いないと確信を持っています。細やかなニーズを小さな世界からすくい上げ、データ活用を通じて新規ビジネスの創出をはじめとする企業活動の効率化と活性化に役立てたいと考えています。そして、「半径50メートル商圏」だからこそ知り得る、よりリアルなデータを小売業の付加価値を高めるカギとして流通・小売業界にイノベーションを起こしたいと考えています。

社名600株式会社
設立2017/6
所在地〒101-0031
東京都千代田区東神田2丁目1−9
代表者久保 渓
事業概要無人コンビニの製造・販売・運営
URLhttps://600.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント