12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

STARTUP DBによる【2020年上半期国内スタートアップ投資動向レポート】

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開している。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が深刻化した4月から約5ヶ月が経ち、8月に内閣府が発表した2020年4〜6月期四半期別GDP速報によると、2020年第2四半期の実質GDPは年率換算で前年同期比27.8%減少したことが判明した。STARTUP DBでは、このような状況下における「国内スタートアップへの投資影響」に関する調査結果をまとめた「2020年上半期国内スタートアップ投資動向レポート」を発表する。

前年度との比較、2020年上半期国内スタートアップの資金調達状況

STARTUP DBが集計したデータにもとづき、2019年と2020年のスタートアップ企業全体の資金調達動向は以下の通りである。

新型コロナウイルスの影響を受ける前の2020年1月が1,105億円と最も高く、月によって異なるものの、その後は減少していることがわかる。2020年1月は、登記簿からPayPayによる680億円、Inagoraホールディングスの53億円、H.I.Fの50億円などの資金調達もあり、その影響で資金調達金額が他の月に比べて突出したと考えられる。6ヶ月間の資金調達金額合計で比較したところ、2019年は合計3,188億円、2020年は合計3,359億円となっており、新型コロナウイルスの影響を受けた2020年のほうが資金調達金額合計では多くなっていることがわかった。

2019年と2020年の資金調達を実施した企業数の比較

資金調達を実施した企業数の比較では、3月を除いた全ての月で2019年の方が多いことがわかる。6ヶ月の合計では、2019年が920社、2020年が745社となっており、175社の差がある。2020年は、資金調達実施企業数は、2019年に比べて減少する一方で、1社あたりの平均資金調達金額は、2019年が3.4億円、2020年が4.5億円となり、増加している。

1社あたりの調達金額の2019年と2020年の上半期の比較図

10億円未満の資金調達を実施した企業は2019年は488社、2020年が380社であり、2019年のほうが上回っている。10億円以上の資金調達を実施した企業は、2019年は50社、2020年が58社となり、2020年の方が上回っていることがわかる。

2020年1〜6月の資金調達金額ランキング

資金調達金額ランキングTOP3

VPP Japan
「オフグリッド電力供給サービス」を展開するVPP Japanは、2020年3月にみずほ銀行をエージェントとしたシンジケートローンにより総額100億円の資金調達を実施。2021年までに、国内の流通サービス500施設、累計100MW自家消費太陽光の導入を進めていく見込みである。

 APB
次世代の電池として期待されている「全樹脂型電池(All Polymar Battery)」の製造、販売をおこなう慶應義塾大学発のスタートアップ。2020年6月に、豊田通商を引受先とする資金調達を発表。また同社は同年3月に総額80億の資金調達も完了している。この調達は全樹脂電池の量産工場設立を目的としており、全樹脂電池の量産技術の確立、製造販売の開始に向けての投資に充当する方針である。

Looop
再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービスを提供するスタートアップ。2020年6月には、ENEOS、NECキャピタルソリューションズ、双日、日本グリーン電力開発など全6社による28億3,000万円の資金調達を実施し、ENEOSとは資本業務提携を締結した。今後は新サービスの開発や、全国規模の営業規模を強化していく方針である。

2020年上半期投資件数が多い投資家一覧

次に、2020年上半期に投資を実行した投資家に関して見ていく。


上記の表は、2020年上半期に10件以上の投資を行っている投資家をピックアップしたものである。系統に注目すると、金融系VCと独立系VCが寡占していることがわかる。投資件数に着目していることから、シード系スタートアップに投資している投資家が多くなっているものの、大手銀行系VC3社が20件以上で上位を占めている。また、13社のうち8社が独立系VCという結果となった。

その中でも投資件数上位の金融系VCと独立系VCをピックアップする。

 みずほキャピタル
1983年設立のみずほフィナンシャルグループにおける統合ベンチャーキャピタル。基幹ファンドである成長支援ファンドをはじめ、ライフサイエンスファンド、グロースファンド、Fintechファンド、事業継承ファンド、6次産業化ファンドなどの運用を行っている。2020年8月時点で、同社が支援した企業の累計上場社数は、843社に及ぶ。

 SMBCベンチャーキャピタル
2005年に設立された、SMBCグループのベンチャーキャピタル。成長性の高い未上場企業に投資する基幹ファンド、産学連携ファンド、領域特化型ファンドなどの運用を行っている。アーリーステージの企業に積極的な投資を行っており、同社が支援した企業の累計上場社数は、2020年8月時点で403社となっている。

 三菱UFJキャピタル
1974年設立の三菱UFJフィナンシャルグループのベンチャーキャピタル。メインファンドである基幹ファンド、ライフサイエンスファンド、創薬分野をターゲットとしたOiDE®ファンド、海外進出を目指す企業を支援する日台ファンド、東北6次産業化サポートファンドなどの運用を行っている。同社が支援した企業の累計上場社数は2020年8月時点で、883社となっている。

 フューチャーベンチャーキャピタル
1998年設立で、京都に本社を置く独立系のVCであり、地方創生ファンドや事業会社とのCVCファンドの運用などに取り組んでいる。「開業率を高める創業ファンド」や「廃業率を下げる事業承継ファンド」、「地域に事業を創造するCSVファンド」の事業モデルを設計して、積極的に地域への展開をすすめている。また、アーリーステージの企業への積極的な投資も特徴。

ANRI
2012年に1号ファンドを設立以来、2019年10月時点で100億円以上を運用してきた独立系VC。2019年には200億円規模となる4号ファンドを設立。また、2020年4月には、Withコロナ時代に向けたオンライン完結型の投資を開始するなど、時代に即した投資を実行している。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、2020年における資金調達金額や資金調達実施企業数は2019年に比べて減少傾向にあったものの、1社あたりの資金調達金額に着目すると2020年と2019年とではむしろ2020年の方が増加傾向にある。これらを鑑みると、スタートアップマーケットはコロナで下火になっていないことがいえそうである。


フォースタートアップスは、今後もSTARTUP DBを通じて、スタートアップ・エコシステムの活性化を行い、国内成長産業の発展に貢献する。

【調査概要】

タイトル:「2020年上半期国内スタートアップ投資動向レポート」

調査期間:2020年1月から6月

レポート記事:STARTUP DB  (https://media.startup-db.com/research/investment-report-2020-firsthalf

※フォースタートアップスが取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しているが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負わない。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について

国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームである。企業データベースは、12,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2019年6月24日より、英語版をリリースした。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献している。

https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社 概要

フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。

社名フォースタートアップス株式会社
設立2016年9月1日
所在地東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F
代表者代表取締役社⻑ 兼 CEO 志水 雄一郎
事業概要成長産業支援事業
URLhttps://forstartups.com/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。