12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

大挑戦時代をつくる。マルチプラットフォーム化プロジェクト/テックリード募集|Creww

4,900社以上のスタートアップ企業が登録している国内最大級のプラットフォームを運営。スタートアップの成長に必要不可欠な「人材・資金・チャンス」の全てを提供するエコシステム実現に向けた挑戦をしているCreww株式会社が、Creww事業におけるマルチプラットフォームの開発プロジェクトのテックリードを募集。

この国に幸せな未来をつくる事ができるプレイヤーがいるとすれば、 それは イノベーションを起こす起業家以外にはあり得ない。挑戦する人を応援すること、その絶対数と成功率を引き上げる事こそがこの国、社会を豊かにする唯一の道であると強く信じています。挑戦したい人が誰でも挑戦できる環境、挑戦が評価される社会をつくる。イノベーションを世に送り出す環境を創ることが、私たちCrewwの使命です。

共創イノベーションクラウドサービスSteamsとは

スタートアップを成功させるには、イノベーションを起こせるサービスに加え、ヒト、カネ、チャンスを適切なタイミングで味方につける必要があります。

Crewwはスタートアップの成長に欠かせない、これらの経営資源の調達を実現し、成功率を高めるプラットフォームを提供しています。

4,900以上のスタートアップとVCやアドバイザー、大手企業などスタートアップエコシステムに属するプレイヤーたちのコミュニティーとテクノロジーを軸に、数多くのオープンイノベーションプログラムや、スタートアップ向け人材サービスなどをプラットフォーム上で展開しております。

①国内トップクラスの実績を誇るオープンイノベーションプラットフォーム「creww accele
②スタートアップの成長に向けた人材、資金、チャンスに関する新サービス

Creww事業におけるマルチプラットフォームの開発プロジェクトのテックリードの募集内容とは

現在の主要事業であるアクセラレータープログラムや今後新規事業や新規サービスなど、スタートアップが成長するために必要なCrewwのサービスを利用できるマルチプラットフォームを構築するプロジェクトです。

また、スタートアップに必要なCrewwのサービスを通して独自のデータベースを構築し、スタートアップを取り巻く情報格差を減らすことで、日本のスタートアップに対する支援環境を整備することを目指しています。

【具体的には】
・サービス全体のアーキテクチャ設計
・検証や調査からの技術選定(チームでの検討決定)
・仕様策定、設計
・実装
・レビュー
・エンジニア目線での、サービス改善の提案
など

【チーム雰囲気】
スタートアップでありながら落ち着いた雰囲気です。他者の意見を尊重しつつも、自らの意見を主張できるメンバーが多いので、オンライン・オフライン問わず常にコミュニケーションを取りながら開発を進めております。

【開発環境】
◉ 言語/フレームワーク
(サービス1)
バックエンド:Ruby , Ruby on Rails
フロントエンド:JavaScript(AltJS es6),React.js(ver.16),GraphQL

(サービス2)
バックエンド:Kotlin , Spring Boot
フロントエンド:Javascript(ES6),React,Redux,Next.js

◉ インフラ環境

  • AWS
  • Docker

◉ バージョン管理

  • Git、Github
社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金4億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、
国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず 、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれ のニーズにマッチした様々なサービスを提供します。

■オープンイノベーション プラットフォーム 「creww accele(クルーアクセラ)
■オープンイノベーションクラウド 「Steams(スチームス)」
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。